今週のトレード結果です

チャートから・・・
20-01-18-eurusd-m30-tradexfin-limited.png

ユーロドルです、今週一度だけショートして即損切りとなりました
その後の上げは波が汚くて入れなく、最後の下げも狙っていましたが、タイミングが合わず入れませんでした

-10.1pips


20-01-18-eurjpy-m30-tradexfin-limited.png

次、ユーロ円、パッと見るとショートを打ちたくなるところですが・・・
しっかりと転換するまでは上狙い。んで、最初のロングは1波狙いのやつ、次、やはり惜しくなる3波・・・
戻りからきれいに入れたと思ったが、ターゲットを定めにくいんですよね、こういうところって
なので、N値で見てましたが達成せず、まぁまぁ押し目から追撃したんですがこれは下げてくなというポイントにきたので撤退

+11.2、+6.6、-7.6pips


20-01-18-gbpusd-m30-tradexfin-limited.png

お次はポンドドルです
今週のポンドはまず、下げ達成からピンポイントで逆張りを狙っていました・・・
ほぼほぼ大丈夫だろうで、リスクリワードがかなりいいので入りましたが、あえなく損切り、多分次来るかなと再度入るのですが、先ほどの損切りが頭によぎり・・・結局全然チキンで喰ってしまいました。しっかりターゲットに到達し、上目線でみてもいいかな~最後の押しがくるかな?と次のショートは不発で損切りジャストから下げ・・・押しを拾えず・・・今度はショート狙いで待ってましたがなかなか来ませんでしたね、ようやく金曜日に来たのですが、一度損切りになってしまい、再度上からショート。
ストーーん落ちましたね・・・当初の利確よりも手前で一旦利食い様子見することにして再度戻りからショートしました

-19.6、+13.8、-20.5、-18.4、-16.3、+24.4、+23.4、+23.6、+16.1pips


20-01-18-gbpjpy-m30-tradexfin-limited.png

最後にポンド円です
ポンド円もポンドルと平行してみてるのでほとんど同じ理由でトレードしてます
ポンドルは切られたけど、若干の違いでショートが上手くとれていたり、最後の下げは入れませんでしたね・・・

-21、+29、+43.4、-31.2、-16.1


ということで、今週は一進一退が続きましたが、最終的には+30.7pips、+9221円で終わりました

資金は約30000円で、スタートから3倍になりました





まぁ、でもこのチャートみても分かりますが、全然へたくそですね・・・
トレード数も多いし、勝率も悪いし、軸、軸といいつつ、おいしい動きも乗っかりたいと、でもなかなかその動きになってくれなかったりと・・・

自分の中でも軸で分析した1本調子のトレードだけでいきたい、そうした方がいい。と思いつつも
頭の中に入っている検証でのシュミレーションなど値動きのシナリオでこれはいけそうだと思うと、どうもそっちでも手を出したくなる・・・本来なら膨大な検証でデータが取れてからやるべきなんだろうけど・・・


検証もずっとやり続けていますが、本当に相場って奥深くて面白いです
気づきがありすぎて、全然時間が足りません・・・やりたいことが山積


ぶっちゃけ、検証に関しては、やったもんがちだと思うのでFXをやっている限り続けていくべきと思います


ところで、軸の考え方は、エントリー手法でもあり、ルールでもあり、相場の動く根拠というか。理論でもあるので、いろんな時間足や波に当てはめて分析としても使えるのですが、というか現にそうやって相場をみているのですが、検証で負けているところをピックアップしていくと大きい時間足の流れの中だと機能しないことが多い

特に今は15分足に絞って、パターンが来たときに、時間軸を上げて上位でいけそうならはいるという一見逆のことをしているのですが。


大きい足でこの軸の分析を取り入れて、パターンが来たときに、短期で別の入り方をやってみてはどうだろうか?と


一旦全ての検証テーマをストップして、この検証を始めます
M15、H1では検証で実績があるので、それを上位に置き換えて、短期で拾っていくイメージで

ただ、このチャンスというのを4時間で見ると月1レベル、短期で入るにしても2回か3回に分けて入るのでトレード数がかなり減りそう。まぁいいことなのかも、それよりも検証で数をこなしてよりとり易いようにいろいろ工夫して行きたい

とにかく軸はもう自分の中で基本中の基本理論、概念なので、大事にしていきたい



ということで、検証をしつつ、方向性を変更していきます
軸という考え方は変えませんが、上位でのパターンを短期で狙っていくことにします


見ている通貨、4通貨ですが、上位でのチャンスがなければ、他の通貨で探って行きます
というか土日の環境認識でチャンス通貨の見極めします
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP