今回は確率の視点から見た記事を書いていきます
結構大事な事なので、気合い入れて図を作って分かりやすくしてみたので是非見て下さい


早速ですが・・・

Q、勝率40%~70%、リスクリワード1:1.5~2で継続的にトレードしていくとどうなるの?

グラフを見た方が早いので、結果からどーぞ

500回検証1

毎トレード1%ずつリスクを取って500回トレードを重ねた時の資金推移です
X軸はトレード回数、Y軸は資金推移(%)

一度だと疑いたくなるので・・・

500回検証2
500回検証3
500回検証4
500回検証5

500回トレードする事を30回繰り返してみました(画像は5枚ですが)


ここにポイントがある気がします・・・

上記5回を比較すると結構バラつきが出ることが分かります。
同じ勝率40%のR2であって500回継続して重ねても、その500回を何回かやるとこれだけ差が出るんですね。

※ちなみに2000回でも試しましたが、それでもさっきの2000回と次の2000回ではバラつきが結構出てました。
勝率が低いものはそのバラつきがより目立ちます



次にバラつき視覚化してみましょう。
ということで40回トレードの30回と500回トレードの30回繰り返してみました

無題月間
40回トレード(月間)を30回繰り返した結果

無題年間
500回トレード(年間)を30回繰り返した結果

結論(勝率40%以上、リスクリワード1.5以上に限ります)

勝率40%だとR2ないと負ける月、年もあるので運用できないと思う
勝率50%であれば、R1.5だと月間で負けることもあるが1.7ではなかった
勝率60%だとR1.5で、月間でもまず負けない
勝率70%・・・文句のつけどころがない



リスクリワードは自分でコントロールできます。
R2辺りを意識してトレードしてますので、バラつきみてだいたい1.7~1.8ぐらいに落ち着いてます

問題の勝率は、40%以下を今回計算してません
多分、50%~60%に落ち着くと思っていて、そこまで下がらないだろうと。
はなっから計算の枠にすらありません・・・が実運用で40%切ると・・・・・・・


今回の結論の通りで、R値が1.7~1.8平均だと勝率40%だと多分運用できません
50%が最低ラインで、欲言えば60%まで引き上げたい


と。以上になりますが、勝率40%以上、R1.5以上しか考慮していない記事となりました・・・
計算上は勝率40%、R1.5でプラスマイナス0ですからね。


※本検証ではスプレッド、滑り分を考えていません。笑
参考までにお願いします
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP