各通貨。すごい勢いで進んでいますね・・・

100回トレード11回目を終えた後、一度トレードから離れて再度検証から始めようとしましたが

その途端に円高がものすごい勢いで始まり。うむ。ついにきたか・・・と
一旦自分の中でルールという縛りからフラットになったので、なんとなくでトレードをしてしまい

フルロットでユーロドルのショート。-2.5万円と
この補てんを狙って、ニュージー円ロング。するも−1.5万

取り返そうと、ホームラン狙いのフルロットトレードで完敗でした・・・


今回もやられて良かったのですが、やられればやられるほど更に手に入れたくなるモノで・・・
残りの資金からまた復活を目指します




まず、勝てる見込みのあるルール作りからもう一度やり直しです


見込みがあるモノと・・・と11回終えてから色々考えてもやっぱりダウ理論ベースのものが今は最適です
過去やってきたダウ理論の検証をもう一度振り返ってみました

300回~500回ぐらいトレード検証したやつは3ルールあるのですが

H1の3波狙いのルール→裁量部分が多くて再現性がなかった
4時間単体のダウ理論、目線が崩れるまで保有するルール→60回到達時は負けていた
15分足のトレンド転換のところだけをやるルール→15分足の動きについていけずあやふやに


全部検証期間ではトータルプラスなんですよね・・・

だから、どれをやってもいいはずなんです・・・



でも運用となると途中で投げ出しているんですよね

出だしから思わぬ連敗したり、
折角増えてきたものが減り始めたり
なんか急に。あ、これ勝てんな。とか、
他人のやり方見ててこれもいいな。とか
絶対もっといい方法があるよなとか。
そもそも検証の仕方が良くなかったかな・・・とか。
単純に自信がなくなったりとか・・・

一つ崩れるとバラバラと崩れてきます
そして最後にはだいたい持っていかれる


そして、その時その時で、いろいろ自分に都合のいい理由をつけて投げ出してきました



やる事が決まったらただやるだけ
こんな簡単な事なのに。お金が絡んでくるとハードルがこうも高くなる・・・


これが今の答えなんですが、本当にただ「それ」をやるだけをやり切れるように
もう一度、気持ちとやり方をリセットしたいと思います




そのためにもう一度ルールから見直しして、やる前に検証をしてからトレードを再開します



その検証するルールですが、100回トレードのように裁量性が高いと検証もしにくいし
実際やっていても、連敗期にこれまた不安のきっかけになるので

せめて自分自身では再現できる機械的なルールであることを重点におきます

そうなってくると4時間単体足のダウトレードがやっぱり筆頭に挙がってきます
やる事が決まっていて、利益を考えなければ運用にストレスはなかったです
あの時の記事を見ているとメンタル的にもかなり安定していたと思います

ここに今回はフラクタル分析を取り入れてみようと思います
ベースのルールはダウ+フラクタル もうこれしかないのでこれで行きます

あとは細かいイレギュラーな判断をルール化して
前の記事を読み直して、いろいろひっぱり出してきて流用してみます



ということで、ベースはH4でダウ理論の目線固定確定から、その環境の中
既存のH4ダウルールを今度はH1に落し込んでやってみます

細かい判断もルール化出来てから、検証生活を開始します


H1だとトレードインターセプターだと約4年間はぶっ通しで検証できるので
2015年1月から2018年12月までの丸4年分。データ取ります。

まず、ドル円4年分からやってみます


なにも考えずに、決めたルールに則って淡々と検証です

ドル円の結果が出た後にそのトレード頻度から通貨を選択して、その通貨全ての検証をします


やり切らないと前に進めない気がするので
今回は満足する結果が出るまで、あれもこれも変えてみてデータを取って
最善だと思うやり方にアップグレードできるように検証します


それではしばらく、相場から離れて検証生活を始めます!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検証こそ近道

こんにちは!
ジョジョでジャイロ・ツェペリが「一番の近道は遠回りだった、遠回りこそ俺の近道だった。」という僕の好きな名言があります。

この言葉で面倒な事こそ率先してやればそれはいつか自分の成長の糧になると思うようになり向上心がとてもついたと今では思います。

検証作業大変だと思いますが応援してます!

ちなみにそのスティールボール・ランという漫画には黄金長方形の話も少し出てくるので読んだ事がなければ息抜きにでも読んでみてください(^_^)

Re: 検証こそ近道

春吉さん、コメントありがとうございます

自分は漫画ほとんど読みませんが、そこから得るものもあるんですね^^

今はわりと検証は意欲的です!取りたいデータがいっぱいあります
一見、イメージや想像とはちがう結果が見えると、固定概念や偏見で終わらせるのは勿体ないなと気づかされます

ありがとうございます、1987年生・・・お互い頑張りましょう!

PAGETOP