今週のトレード結果です


まず先週からの持ち越しポジションが約定しました

ドルスイス +55.0pips
ニュージー円 -20.2pips
ユーロオージー -120.3pips

計 -85.5pips -2215円


そして今週のお試しM15短期足トレード

ポンドスイス -25.4pips
ポンド円 -20.0pips
ポンドドル -9.3pips
ポンドドル +50.7pips
ユーロオージー -38.0pips

計 -42.0pips +1917円


今週 計 -298円

一見負けばっかりですが、ポンドドルの50pipsがかなり効いています
チャートは省きます・・・もう次なる手法を運用中なのでライン、矢印を消してしまいました


今週は先週からのポジション決済、
先週宣言したN波動のマニアック手法ですが、一回もトレードチャンスがなく

環境認識からのチャンス通貨絞り込み、短期足でトレード・・・も

やってみましたが、15分足が想像以上に展開が早くついていけてない感がありました
これにやや、ストレスを感じたので続かないと撤退です

そして前回記事で9年目ということで振り返り
まずは単純ルールを繰り返すことから始めてみようと


4時間足のダウ理論で目線を付けてひたすらその目線を追いかけるトレードをする

これをやってみようと思います


エントリーは目線確定で入り、目線反転で決済(逆指値だけ入れる)という形にします
利確位置をあえて設定しない、目線反転でポジションをクローズする

ここはちょっと悩みました、次のサポレジに利確をいれようかなぁ・・・とか、しかし!
そうすると、次のサポレジを定めるという高等作業が発生するので次第に感情が入ってきて単純作業にならない気がします
まだまだ初心者なんだという自覚を持ち、余計な判断をさせない方向に持っていく事にします

それに目先の利益よりも今は単純作業の繰り返しを優先する!ことが課題なので

欲をコントロールするんだ、いい修行なんだと割り切ります

これがひたすらできるようになったら、次の課題にぶち当たるだろうから
またそれから考えていきます


それから追加したい売買ルールとしては
ROTは週間で固定値、
エントリー時にストップまで100pips以上の時は見送りする


しかし、ダウで目線付けて単純にトレードってイメージするとめちゃめちゃ簡単に思えますが
完全システムではないので、人によって誤差が出てくる気がします

抜けたか抜けてないかの判断、戻り高値、押し安値の位置・・・

できるだけ単純化にしたいというより、自分の中でブレてはダメなので
抜けた/抜けてないというのは4時間足確定時のローソク足実体で判断していきます
ヒゲだけの抜けは抜けてないと判断で統一
これにより4時間足確定時にだけ判断するという大きい単純化となります

あとは高値、安値更新確定で損切位置をトレールする作業も確定足で判断する

ということで4時間足トレード、確定足ごとに判断するゆったりトレードになりますね
指標や日、週跨ぎなどはフル無視します

あと、夜中3時は確実に見れないのでこの足だけはしょーがなくなかったことにします、
それより、統一化できていれば問題ないと考えます


問題は戻り高値と押し安値の位置・・・もうパッと見て目立つところに置くしかないなぁ
スキャルを止めてから、ストップはほとんどここに置いているので大分慣れてきてはいますが

チャートみて波の見方も人によって違うと思うので
そうなるともちろん、戻り高値や押し安値がどこになるのか?も人それぞれですよね・・・?

自分の中で統一した見方ができていればいいのですが
まだそれができてないだろうと考え、ここは運用と同時に経験を得ることにします


とりあえず、こんなところでしょうか?

金曜日の23時時点でこの手法でユーロドルSとニュージードルLを持ちました
同時刻にユーロオージーも下確定でしたが、ストップまで120pipsあるので早速見送りです

あと通貨は今まで通り12通貨みてポジション、リスクを分散させるようにします
検証では、対円など、ボラがある通貨の方がいい成績でした
まぁ、それは追い追い考えていくという事にして…
ロットをさらに半分にします、最近、どんどんロットが落ちてきてます


まだルールに盲点があるかもしれません、この土日でも振り返ってみます
4時間足ダウは以前検証したものを引っ張り出して再度今のルールに置き換えてみて
データ取りというより、ルールに盲点がないか確認してみます

来週のROTですが、2千通貨固定です
いちよMAX損切が100pips以下なのでそれが資産の2%以下となるように
毎週資産に応じて算出していきます


では、淡々と!ふと週中で思い出したい、今、何が大事か?
目的を意識してがんばっていきます
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP