9月30日、ユーロオージーのロングです
19-09-30-01-euraud-m5-yjfx-inc.png

ユーローオージーですが、これもまた見当違いですな・・・笑
H4は下降チャネル上限を抜けて、上昇チャネルに移行している局面と見ています
ただ、日足の形としてはネックで引っかかって再度落ちてきていますね。でも日足でも上昇チャネル、ダウは下目線

H1は緩やかな下降チャネルのミドル抜けて、上限まで行くんかな?とそこを狙いましたが・・・
短期で伸び切ったところで入っています・・・

過信していましたが、もっと完璧なところに絞っていかないと

ここまでで、24回11勝11敗2分で+189.1pips
いよいよ50%まで低下です・・・が、このまま続けていきます
スポンサーサイト



9月30日、ユーロポンドのロングです
19-09-30-01-eurgbp-m5-yjfx-inc.png

ユーロポンドですが、日足下、H4は下降チャネルなんだけど上目線、H1は上昇チャネル形成中です
一段、また一段と登っており、これから上限まで行くんかな?と見ていました、H4下降チャネルの上限とH1チャネル上限が合うもひとつのターゲットとして見当つくのでそれもエントリーを後押ししたわけですが

全然真反対に進んでいったので分析不足です・・・
チャネルの角度も流れの変化によって引き直したり、角度を変えたりしていますが、これもきっともっと効くラインが引けるはず
そうすると、そういうことね・・・っていうラインがあると思います、それを見つけます

ここまでで、23回11勝10敗2分で+214.5pips
裁量を極めれば高勝率、高リスクリワードを達成できるのか?

単純ルールの検証ではどうあがいても、勝率50%前後ならR値は1.2、1.5とか、40%で1.5とか2とかどれもいまいちパッとしない結果でした。60の2とか、70の1.5とか気持ちいいんだろうなぁ…そう思っている中で、裁量判断の多いフラクタルダウルールを検証している時に成績データが想像以上に悪くて。

もう一度最初から同じ期間やってみました


そうしたら・・・全く違う成績が取れたのです

時間をおいていたので値動きの記憶もありません。
違うのは成績が悪かった時は裁量なんだけどある程度機械的にやっていた
もう一方、2回目はよくチャートをみて検証した

たったその違いだけなんです


これが結構大きい気づきでした、特に、迷ったら止めておく。このブレーキがモノを言う
同じような手法でも見るポイント(使用者)によって成績に差が出るというのはこういうことなんですね

この経験が ス――― と腑に落ちました


高勝率で高リスクリワードを維持している方がたまにいますが、多分こういった裁量能力が高いのではないかと想像しています、自己で研究や検証を重ねて掴んでいる方達なので本当に尊敬です


結局。トレードやるならちゃんと勉強、検証、分析しないと勝てないぞということ
いま、ここを強く思ってます


今まで敢えてライン1本やダウ理論だけに拘ってきましたがこれが厄介だったのかなとこれまた腑に落ちました
手法はシンプルがいい。という意味を間違って解釈していたかなと・・・

そーなったらもう。今までやってきたものや使えた物を引っ張り出してきて
それらを一列に集合させて整列。一つずつ見た結果。選抜メンバーは


ダウ理論、水平ライン、チャネル、N値(値幅分析)、MAでした

これをMTF(マルチタイムフレームで分析して最終的にどの時間軸のどの波をとるのか?を戦略立てて
そのポイントまで待つ。引きつける。そして打つ!あとはOCO入れて放置。
これだけなんですね・・・

これだけというのは慣れてきたのでこれだけですが、今はトレードするまでの戦略は結構深いと思います


現在20回ほど、終えて、勝率55%の、R値2.1です
勝率もうちょっと欲しいですが、悪くない数字です


もうね。テクニカル的な手法をはじめ、資金管理、ROT、メンタル、全部大事!


人間どうしても楽な方へ進みます、そして変化を嫌いますので今までの生活サイクルや工程を将来に引きずりやすいと思います
多分そのままだとゴールに着くまで膨大な時間を消費します、そもそもゴールにつかないかもしれませんし・・・


そこを勝ち組へのレールにシフトしたいなら、元々あるレールに移動するのもいいですが。
己で立ち上がってレールを引き直すぐらいの気合いと根性で全部やらないとダメです

そして、その小さいレール引きの積み重ねが大きい差を生む!


気になった事は自分で全部調べる、検証する!



まだまだ検証したいことがたくさんあって全然やり切れてないですけど
例えば今日の疑問で言うと多点で切り下げの山作って落ちた時のトレンドライン上での次のタッチでの反応です
切り下げラインからトレンドラインへ昇格した後とその前での反応の違い


見ていてこのパターンは高確率で落ちていく気がする。
とまぁ日々疑問と気づきと検証で進化している気がします



そして、FXやっていると、アルアルですが、

これでいける!→挫折→立ち上がる→勉強する→これでいける!→挫折→立ち上がる→今度こそこれでいける!→挫折


この繰り返しを何百回としてきました、まだ繰り返すかもしれません
直近でも4か月連続で勝ってもまだその先は挫折でしたし

それでも心折れなく、立ち上がる、努力と根性。ほんと上位10%は納得いく数字ですね。
ある意味吹っ飛んだ人たち・・・



FXをやめるまで挫折はつきもの。
この先まだまだ挫折が待っているかもしれませんが、絶対立ち上がって見せます!


そして、絶対このまま勝てるトレーダーになってやります
9月27日、ユーロドルのショートです
19-09-27-01-eurusd-m5-yjfx-inc.png

ユーロドルは週足のサポートを割ったのですが、相変わらず買い上げがありますね
ユーロドルは下げブレイクであまり走らずにショートカバーがでて上げ、この繰り返しをずっと続けて結果的にジリジリと下げているように見えます

今回は完全に逆張りです、今日ずっとショート狙っていたけど、短期反転しないのでずっと入れなかったのですが、ある意味それで正解。ただ、思った以上に戻しが入ったところがH1チャネルミドルタッチ+M5チャネル上限だったので逆張りで売り
20pipsぐらい下げましたが、安値までひっぱろうと指して建値ストップに移動して放置してたら、損切になりました、±0です

今週後半は調子がいまいちでしたが、全然利益が残っているのでOKです
来週からも同じように頑張っていきます

強いて言えばもうちょっと勝率が欲しい、60%ぐらいキープできたらいいな

ここまで、22回11勝9敗2分で+232.8pips
9月27日、オージードルのショートです
19-09-27-01-audusd-m5-yjfx-inc.png


環境としては、昨日と同じですね、今日は戻しをある程度確認してさて落ちるか?ってまた不発です・・・
ちょっと様子見すべきでしたね。うまく行かなくなった時にいかに守れるか?です

チャネル+ラインの根拠が今回はやや抜けているようにも見えるのでそういうところでの手出しでこうなると思いたいです
うーむ、少し崩れてきているか?しっかり立て直そう

とちょっとストップが浅すぎるかな・・・ケースバイケースだけど位置も再確認していこう

ここまで21回で、11勝9敗1分で+232.8pips
9月27日のユーロ円、ショートです
19-09-27-01-eurjpy-m5-yjfx-inc.png

ユーロ円はついにH4押し安値、サポートを割ったので、戻しから下へ走るとチェックしていました
いつも通りにチャネルとライン見て短期反転からショートをうちました

すぐにがっつりと下げてこれは一気に行くか?と期待していたのですが
特に目ぼしいラインもないところでの反発・・・?
まぁ、短期で戻し作ってMA絡めてまた落ちるだろうと思っていたけど、全然下げなく・・・

戻しが入ってウロウロしている時は気づかなかったのですが、もう一本H4でラインが引けることに気づきました
そこに反応したんだなと。でも時すでに遅しで再度落ちてくるのを見てましたが、
建値を越えたあたりでこれは上のシナリオで、ダメだな思ってストップを20pips→10と手前に移動し損切しました


ユーロドルが昨日大事なサポートを割ってきました、その弾みでユーロ円もH4のサポを割ったという解釈の方がいいかもしれません
ドル円も下げる気配ないので、ストップ手前ずらしは、まぁいい判断だったと思います

その後グイグイ上げておりますね。


3連敗ですが、仕方ないですね
それにしてもポンドはいつも乗り遅れる・・・昨日もその前の落下も狙っていてとれなかった・・・今日も
ブレイクで乗るというパターンも視野にいれていきましょうか

ここまででついに20回11勝8敗1分で242.8pips

勝率60割れましたけど、気にしない気にしない。R値はジャスト2です
9月26日、オージードルのショートです
19-09-26-01-audusd-m5-yjfx-inc.png

今日は、ショート不発でした。
環境としては、日足下、H4下、日足のチャネルミドルを昨日勢いよく割ってきて、今日はそのプルバックからロクな戻しなく再下落をイメージしつつH1を見るとここはものすごいラインの集合体が・・・H4ネック、日足、H4、H1の下降チャネルミドル上限。

形的に昨日の下げに対しての戻りがありそうにも見えたけど、このラインの数を見て、これはいけるだろうとショートしましたが
これはいつもと逆で、ずっと含み損・・・からの21時頃に損切されました、-17pips

オージー、今日は不発でしたか。
昨日の下げに対しての戻しをしっかりと待つべきでした、次にこれを生かすことが今のやるべき事


ここまで、19回11勝7敗1分で+252.8pips
現在60%Rは2ぐらいか?このぐらいの勝率をキープしたいです、頑張ります
9月26日、オージー円のショートです
19-09-26-01-audjpy-m5-yjfx-inc.png


オージー円ですが、日足はまだ上目線ですが、チャネルでは下降中、H4は上昇チャネルの下限割れでとりあえず週足サポまではいくかなという局面ですかね・・・
H1チャネルの上限+もうひとつチャネルミドル+水平ラインも重なったところ。MAも集まっているところから短期反転確認後のショートです。

ストップは最初15pipsでしたが、一度下げたのを見て10pipsに移動しましたが、全然下げる気配なくストップへ、-10pipsです

うーん、やはり、日足でまだ上目線なのを意識しないといけませんかね・・・
H1ではレンジからの再下落をイメージしていましたが、下げても週足サポがあるし、割ってから売りの方がいいかもしれません

ここまで、18回11勝6敗1分で+269.8pips
まぁまぁ、負けても被害少ないし、勝っている方が全然大きいので気にするレベルではないですね
チャンスと思ったら、果敢に攻めていきます!
9月26日、ユーロドルのショートです
19-09-26-01-eurusd-m5-yjfx-inc.png

うーん、いまいちでした。週足、日足下、H4も下です、H1の下降チャネルミドル+H4ネックから反転したところをショートで。
ストップは余裕もって20pipsとっておき、リミットは今回設けない形でいきました
というのも、週足割れたら、走るかもしれないし・・・また急反発も頭に入れつつ。

リミットを入れてないので、成行でいったろと監視していたのですが、これもまたほぼ含み損なく下げてきたのはいいものの。
利確がへたくそでしたね・・・一度サクッと割れたので、よしよしと。これはいったろうと思ってましたが
反発。M5で下げが崩れたので利確準備して利確したのですが。まだ下げそうですが、どうかな?一度上げてくるかな・・・

まぁ、いいや。もちろん3点底でここからまた反転する可能性も十分あるわけですし
ということで、成行で+19.9pips利確です

ここまで、17回11勝5敗1分で+279.8pips
9月25日、ユーロドルのショートです
19-09-25-01-eurusd-m15-yjfx-inc.png

ユーロドルです、上位足の環境認識は週足、日足下、H4はダウ理論でいうとトレンドレスです、チャネルも引けません。
といっても、週足サポからの買い上げが強かったのでH4レベルでは、その高値を超えるか、又は週足サポを割れない限りはH4ではトレンドレスになりますが、これが理論だけども、そんな間でもトレードというか、チャンスは下位足でいくらでもあります

理論は絶対なんですが、それを100%中実に守った機械的なトレードでは勝つか負けるか紙一重とわかった今は、毎回違う相場の経験を重ねていってもっと精度の高いトレードをしていきたい

話しそれましたが、H1でチャネルにはなっていない、今後このチャネルを形成するであろうというチャネルを引き
その下降チャネル上限+H4ネックライン(今見るとH1のネックといった方が正解か・・・)根拠でのショートです

エントリー位置なんですが、これ15分にしているので縮尺的に見えませんが、実は今回、1分足でタイミングを取ってみました
M1ではめちゃくちゃキレイなポイントでショート打てました。
含み損なくそのままM5トレンドライン割れ、いつもならこの戻しから入りますが今回は環境が環境なので強気に短期(M5)反転確認せずに上から入ってみました

ストップはエントリーのすぐ上です、リミットは直近安値がひっかかるけど、同時に持っていたオージードルはそのギザギザ安値に指したのでこっちはもう少し下のH4ラインかチャネルまで指しましたが、今さらに深堀していますね・・・
まぁ、しょーがないです、これ以上の下げは。とりあえず、含み損なく、+40pips

最近入ったらきれいにその日の内に決済されている気がします。
動く所を狙い撃ちできている感じがします、今日のオージー円もストップギリ刺さりましたが、結局利確できていたのでこれまた損切位置の大事さに気づきますね

ここまで16回10勝5敗1分で+259.9pips

PAGETOP