週中の更新です

今週プラスだと3か月連続プラスという事で
気にしないようにしてもどうしても気になりそれがトレードに反映されてますね

そんな短期的な収支、トレードに捕らわれていては上手くなりません・・・ぜ


今週の今のところです
ユーローオージー −10
ポンドドル −17
ポンド円 +30.7
オージー円 +14.5
ユーロドル −7
ポンド円 −18
オージードル ±0
ポンド円 −10
ポンド円 +20
ポンド円 ±0
ユーロドル +30

いまんところの計 +33.2pips

現在ノーポジです


まず、手数が多いですね・・・3日で11回って・・・
半分はポン円か?

ストップは基本的にはいいのですが、
問題はリミット、オージー円はもっと先で利確でした
ユーロドル、ポンドドルのマイナスは刈られて落ちたので・・・仕方ないとし
ポンド円マイナス1回目はいいけど、
その次は再度しっかりシナリオ、分析してれば防げた無駄トレードでした
オージードルとポン円の±0、建値で逃げるのも高等技術、今はやらんでいい


と、絶対に意識している今週プラス・・・
それがトレードに見事に影響されてます、一回一回の収支を気にしている。

オージー系ショートは不発でしたが、クロス円のショートはどれもシナリオ通りでもっととれたはず・・・
でも今は難しい流れですね、一番きれいに取れたのはユーロドルの+30かな

週後半はマジで収支を気にせずにやっていきます


ラインで反発かレジサポ転換からの・・・めんどくさいのでライントレードに命名!
ここまで25回トレードで、±0が今週の2回です
この2回を無視して、勝率54%、リスクリワードは1:2.5

成績はかなり優秀です
100回必ずやり切ります、その時のデータがすごく気になる

そうでした、まだ、手法通りにトレードする
これを「ただただ続ける事」その段階でした、収益とかはそれができてからその後に考えましょう

ということで、淡々とやっていきます
それが一番大事、必須条件!
スポンサーサイト



今週のトレード結果です

AUD/JPY 35.4
AUD/USD 36.9
EUR/USD 30
USD/JPY -15.1
USD/JPY -6.5
GBP/JPY 49.9
EUR/JPY 30
AUD/JPY 21
EUR/USD -11
AUD/USD -10
GBP/JPY -10
GBP/JPY 19.9
AUD/USD -11.1


計:+159.4pips、+8332円

今週はプラスで終わらせることができました
成績を見ると勝率53%のリスクリワード1:3というかなり優秀です
まぁ、短期的な集計なので意味ありませんが

これにて今月プラ転しました、3か月連続プラスに王手です

しかし、3か月連続プラスが大事ではなく、続けていった結果、そうなったというのが理想ですから
気にしないで来週も取り組んでいこうと思います、ブレる原因ですからね


いずれにしても、ルールでトレードしている以上は一気に資産がなくなるような事はないと思うので・・・それは分かりませんけどね
なんとなくですが、やっとのことで±0が基準になってきた気がします

ここからは手法の強化でしょうか、手法というより、相場観の見極めと言った方が近いのか
やり続ければ経験によって徐々に収益を上げていけると思ってます


今週の前半戦は相場さんもイケイケモードだったので割と分かりやすい動きでしたが、後半戦は短期的なトレンド転換するのか?どうか?の難しい局面でした
各通貨の動きを振り返りながらどこでトレードしたのを書いてもいいのですが、かなり長くなるのでやめときます
日記で書いているのでそっちで自分で振り返ります

来週は難しそうです、ポンドドルとユーロドルが一旦のサポートまで落ち切ったので、この先どうなるか不明
日足や4時間レベルでの調整が入るかもしれないけど、
ポン円とユーロ円はまだ落ちそう、ドル円は下目線で良さそう、ということから、クロス円ショートと
オージー系はまだ余地はあるけど今週は安値が堅かったから、来週トライするかな?オージー系ショートかなと思ってます
動き次第で変えていきますけど

基本はその日の朝に監視通貨全部を相場分析してラインの引き直しから分かりやすいのだけシナリオ組んで
そのポイントにきれいにきたらエントリーするという形をとってます

それ以外はスルーだし、必ずポイントまで引き付けるので、その時より優位なエントリーができます
引き付け中に手前で反転したもスルーだし、しょうがないと諦めてます
それから、裁量でやめておこうと思っても、結構そのまま動いてくれることが多く
今週は入りそびれが多かったです、まぁこれも勉強です

そのおかげで、損切はもっと絞られ、リミットは少し大きくなる感じです

上位に対して順張り、短期に対して逆張り的な入り方です

逆張り的な入り方っていままでほとんどやったことがなかったのですが、
損切ができるなら、損失が限定されているなら、逆張り的な入り方の方が楽ですね



手法の検証をしていましたが、前回記事にもした通り、手法そのものよりもその背景を検証したほうがいいかなと
パターンといえども相場相場で違う形をインプットしています

手法そのものはラインで反発するか、ブレイクしてサポレジ転換するかの2パターンです
環境認識、ダウ理論で各時間足の相場を見て、それを各通貨を見て、相場を分析する

いくら手法がよくても、それが通用する環境化でないと使えない
その環境を分析する力は日ごろチャートを見て経験によって身に付いてくるものですよね

特に今週も強く思いましたが、環境認識の中に各通貨の動向という分析ジャンルがあるとより精度が増す気がします

今、9通貨見てますが、通貨はある程度視野を広げて増やした方が優位性が出てきます


例えば、オージードルのショートを狙っていた場合、オージー円ではどんな相場なのか?
ドル円はどうか?ユーロオージーはどうか?その他ドルストはどうか?
これらを見てオージー弱い、ドル強い展開になりやすいのか?を総合的に見て判断することによってより精度が上がります
・・・そんな気がします


はい、ラインまでキマシター、はいショート!これは手法だけでこれだけでも勝てそうかなと検証から見れましたが

事前に決めたシナリオ通りに動いて引き付けた+エントリー時に再度他通貨を確認してみるという根拠、条件を増やす

これだけでも勝率は上がる気がする
これも気がするです、検証していないので、思ったよりも差が無いかもしれない


優位性のある手法を見つけてそれを繰り返していけば勝てると思っていましたが
優位性のある手法を優位性のある環境化で繰り返ししないと苦しいなと思いました

もちろん、長年FXやっているとこれは常識的なものですし、今までもそう思っていましたが、
自分で検証して、理解して、納得して、それを行動に移せてきたのでやっと根付いたと思っています


優位性のある環境化でその優位性のある手法を淡々とやらないと勝てませんよ
を心底理解、納得していないから、何回も何回もやらかしてしまうわけで
欲は恐怖か知識、経験で抑え込むしかないですからね・・・


そして、さらにこれらができた上で収益が発生したとしても。

今は金額が低いからできますが、増やしていった時に同じことができるのか?という問題。
月にうん百万稼げるとかバケモノですね・・・

そして今度は税金、まぁまだ考えなくてもいいレベルですが・・・笑
税率や法律面での規制強化、取引所の問題

に加えて今のやり方が通用しなくなるかもしれないという、不安やリスクが一生付き物・・・


これは安易に目指して来たモノがあまりにもハイレベルすぎたってようやく最近になって分かってきました


マジで本気で取り組まないと自分みたいな
ごくごく普通の人間にはとても成し遂げない、継続できない事だと思います


10%とかそれ以下って納得です

自分に合ったスタイルで最大限の努力をして
これからもFXをやっていこうと思います



・・・要するに。

fx大好き!
週中の更新になります
やはり検証と実運用の2本立てになります


まず検証の方から纏めます
トレードインターセプターという無料のソフトを使っているのですが、
やっていて、ふと、気づきました、スプレッドが0です!笑
エントリーするときしか、プレイスボードが出ないのでずっと気づきませんでした

毎回毎回スプレッド0、もちろん滑りも0なので、
実際は検証結果からスプレッドコストと滑りも考えないといけません

さらに指標時や日跨ぎなどでもスプレッドが0のままなので
広がってストップに刺さったなどの結果が網羅されない事ですよね・・・

スプレッドは計算して引き算すればできますが、広がって刺さるパターンはもうどうしようもないです・・・
これらを見越した上で結果がどうなるか?考えないといけないなと思いました


検証作業自体は慣れてきて、大分意欲的になってきました
隙間時間ができたらどんどんやっています、成長には非常にいいメンタル環境です
というか、最近思うのは人間の慣れってすごい・・・

しかし、目的が少し変わってきました

そもそも優位性があるか?の目的で検証をしていたので今まではパターンで入っていたのですが
パターンでの優位性はあるとだいたい分かったのと、パターンと言えど毎回毎回相場は違うので

今は上位足との絡みや波のイメージなどを加えてよりリアルに近い環境でやっています

早く結果が分かる検証を利用して、経験値を上げていく感じです


前はただただ、パターンで入った場合に1年やり続けたらどんな結果になるのか?
と結果が知りたかっただけなので億劫だったかもしれません

今はリアルで通用する経験値を早送りで上げれる!と思ってやっているので目的が前と違います
この考え方のシフトによって意欲的になりました^^


いずれにしてもやった分だけ力になることは確実なので検証に損はないと思います


次に運用結果です

オージー円 +35.4
オージードル +36.9
ユーロドル +30

今週は今のところ調子が良いです

利確のむずかしさが課題でした


今まで散々指値で利確だったので、エントリーしたらあとは決済されるまで放置・・・
あと数PIPS届かず・・・結果逆指値へ!なんて事も多々ありましたが

利確をライン(値)ではなくゾーンとしてみることで許容範囲が出てきます
検証で感じた全てパターン通りにはいかないという意識がここに繋がってきており

今週は久しぶりに成行き利確をやってみました


しかし、成行き利確にすると、ライン手前で利確!といった
チキン利食いが多発する可能性があるのでそれを避けるために今まで完全指値にしていました
そのおかげで、指値手前でジリジリバイーンなんていう事もあったので
少々ライン手前でジリジリされても今はターゲットまでしっかりと伸ばせます

ただ、やっぱりそこで止まって、抜けなかったという事もあるので
というかそっちの方が多いか?
そして成行きとなるとそのライン攻防をずっと見ていないといけません


この裁量でのメリットが、一気に抜けた場合、次の利確候補まで伸ばせるという事なんですが
デメリットとして、利確ライン付近での攻防を決着がつくまでずっと見届けなければならないという・・・
それもさらに短期を見ることになるので、やっていることは利確だけスキャルみたいな・・・?

それをやっていたので難しくなるのは当たり前ですね・・・
ということで、想定より相場が伸びるのは仕方ありません、指値に戻した方が精神的にも良さそうです


勝率を上げていきたいのでリターンが多少減るのは仕方なく、
ラインビタビタではなくて少し余裕あるリミットにしていこうかと思います


とりあえず、収支を見ると今月もあとすこしでプラ転です
そして、今月プラスで終えられると3か月連続プラスになります

達成できればFX人生で初めてなんですよ~3ヶ月連続プラスは


そこに意識はしていませんが(ここが以前と大分違う・・・)残りを頑張っていきましょう
今週のトレード結果です

EUR/USD -15.3
USD/JPY -17
EUR/JPY 20.2
EUR/USD 30


計+17.9pips、+1009円


あと、金曜にとったユーロドルのショートが決済されず、持ち越しです
とりあえず、週間プラスになりました

トレンド転換だけ、レジサポ転換だけでトレードしてきましたが、
転換だけでなく、上位足の流れに沿って、短期での効くラインでの反発も良さそうと
後半3回はそれでやってみました

結局フワフワしちゃってますかね・・・

ダウ理論で相場を捉えるのは変わりませんし、
効くラインを引きたい。ここまでは一緒ですが

ブレイク後のレジサポ転換から入るのか?
反発を狙って、上位順張り、短期逆張り的なライン反発を狙うのか

その2本立てですかね・・・


検証します、ユーロドルまだ半年ぐらいの検証ですが
今のところこの2本立てで勝率50%、リスクリワード1:1.8です

やっぱり、自分がこれはいける!と思ったやり方でも検証するとこんなもんです

まだまだ、この手法では初心者なので、これから検証で精度をあげつつ
リアルでも同じことをしていって自分に落とし込んでいきます

武器を増やすのもいいですが、このぐらいにしといて武器の強化に努めます

引き続き検証を進めていきます
なるほど、あれはこうで、それはこうで、あ。そういうことか!と

色々考えている内に、急にふわ〜といろんなことが頭に入ってきたというか
今まで断片的に覚えてきた知識や経験など、点と点が線になったって感じ


今までずっとメンタル的な克服や自分のコントロールばかり意識というか
そこに重点を置いてスキャルをやってきました

しかし、散々痛い目に合い続け、そろそろ本気で・・・なんて記事をやっと去年夏に書いた気がします
その辺から、テクニカルを勉強し始めました、ダウ理論です



それまでも手法というかテクニカルは色々使ってましたが、
本やブログ、ネットで得た表面的な知識だけで、表示させるのが目的。みたいな・・・

今でもインジケータの本当の意味というか使い方を知りません・・・
こういうモノってぐらいは分かっていますが、使えません


理解しているようで、理解していないというか

一度見たものや覚えたものってその時点で自分なりの変換をしてインプットしますよね
次にまた同じ学ぶ機会がきたときでも、これは知っているから必要ないと避けがちですよね

だから、ファーストインプレッションが大事なのかもしれません
対人も知識も経験も


しかし、トレード、専門職なので、深く掘って理解していないと、行動で矛盾しちゃうんですよね
だから一つに絞ってその専門家にならないと使い物になりません

しかし、短期的な結果や目移りが邪魔をしてなかなかその専門家になれません


長くなってしまったのですが、ダウ理論を勉強してきて実際に運用してきて、
一番の成果って相場の本質だと思います

よく言われますが

安いところで買って、高いところで売る
高いところで売って、安いところで買い戻す

でも、たしかにこれが本質な気がする
どんなインジケータを使おうが、どんなテクニカル論を駆使して相場をみようとも
誰しもが、目的は一つ、この安いところと高いところを探せって話なのでは?と


ダウ理論って、言うと、あーあれね。
高値安値切り上げ、切り下げのチャートをイメージ
ずっとこの一言で片づけてました、そんな理解度では役に立ちません


ダウ理論では、まず基本として相場を波で見ないといけません
はい、このまず出発地点で人によって見方が変わってきます
波の規模や無視する波形、ヒゲや実体などなど・・・

まぁ、それはいいとして
その波でできた高値と安値を見ていきます

チャートの右端だけ見るのは初心者ではありがちだと思うのですが
波で追っていくと全体が見えてきます

直近のヒゲとか実体とかを気にするのは、全体の相場が見えている人がやる事というか
次のステップですね、なので今はチャート、ローソク足ですが、ヒゲが見えないぐらい縮小してます
波を見るのが目的なので


波でできた高安といっても、
最高安、直近高安、多点の高安、押し安値、戻り高値と分けられ、用途というか意味が異なってきます
さらにこれに加えて、各時間軸でのラインも違うので、意識されるラインはものすごい数になります

一筋縄では簡単に分析というか、全部を把握できるわけありません

ラインを本当に引く意味、そしてそのラインはどう機能したラインか?
ラインに接近したら、どうするのか?そのどうなった動きにBETするのか?

そのラインでもひとつに絞ることによってシンプルに相場を見るというのが今のやり方なのですが
このシンプルラインを引く箇所を今まで、押し安値か戻り高値としていました

相場のトレンドがどこで終わりを告げるのか、そこさえわかればいいと
上なのか?下なのか?が分かればいいと

しかし、このトレンドを終了させるような重要ラインはダウ理論を勉強したからそう思っているだけで
実際はキレイにこの押し安値や戻り高値だけが強く意識されるわけではありません
それと、波の規模によって、ようは人によって変わってくる可能性があるという事です

実運用や検証でここが見えてきました

つまり、理論に当てはめるのはいいのですが、
拘りすぎるのもトレードをしていくには邪魔な考え方


柔軟に、効くラインをただ探すだけ
そのラインでの攻防を見送って予め決めていた目線になったらそこに乗るだけ

もう一度、検証をし直します
今週の状況です


まず、検証ですが、ドル円がやっと450日分終わりました
以下結果です、ユーロドル、ポンドドル、ドル円の順で記載していきます


トレード数:97回、117回、131回
勝率:56.7%、59.8%、54.2%
平均利益:+32.1p、+35.1p、+26.4p
平均損失:−20.8、−24.6、−18.8
リスクリワード:1.54、1.43、1.41
獲得pips:+892.4p、+1299.8p、+746.5p
期間:2017~、2016~、2018~(それぞれ450日間)


ドル円を比較に上げますと、他に比べてボラが無い為、エントリー数が多くなるが成績は落ちました
しかし、気になるほどの結果差は出ませんでした

そして、全体を通しての感想ですが・・・

文句なし、問題なし、これで良し!


運用でこの結果に収束されればいいのですが・・・
今週のいまのところ結果としては

ユーロドル -15.3pips
ドル円 -17pips

と相変わらず負けが続いています
5月に入ってから、現在11戦で1勝しかしていません
これを続けて行って本当に上記結果に収束されるのか?と疑問が・・・出てきています・・・


先週は反省点が多かったですし、今週の2負けなんて全然あり得る
それにまだ11回程度で結果をどうこう言うのは違いますよね・・・

実運用でも100回は続けます、3か月以上はかかると思いますが
これは絶対やり切ります!これこそが次へのステップだと思ってます


優位性があるのは見えているし
それから今回は裁量部分が多いので回数を重ねることによって、より精度を上げていく事もできます
日記は必ず付けてます、2度手間なのでブログでは結果だけ


検証、次はオージードルで450日分やります
450日というのも中途半端だな、15分足ではmax検証期間が450日なんですが
キリよく1年間にしますか、次いで他の期間も各通貨でどんどん試していきたい

検証作業を楽しくできたら、こっちのもんだなって思いますが
これがなかなか億劫なんですよね・・・なにかいい方法、対策はありますか?笑

しかし、今まで長い事勝てなかったのは、単純に自分が怠けていたから!
検証?んなもん必要ない、実際に金かかってないと意味ないわ!と思っていた頃に言ってやりたい


とにかく検証では早送りでパターンを頭に焼き付ける、実運用と検証の両方面から勉強しこの手法をモノにします

やり方、考え方は人それぞれだけど、継続した勝ち方となると、やっている事は皆さん同じなのかもしれないですね
自分も目標に向かってがんばっていかないと!


いつもブログを見てくれる人、自分が見に行っているブログの方達に感謝です
独学なのでブログが主なモチベーション維持です


さてさて、ここから快進撃が見せれるか?がんばりましょう
今週のトレード結果です

EUR/USD -16.2
GBP/USD -26
EUR/USD -24.5
GBP/USD 35
EUR/USD -20.1
GBP/USD -26
AUD/USD -10.4
GBP/USD -15.1
AUD/USD -10

計:-113.3pips、-8312円


1勝8敗という・・・コテンパンでした
運用にて5連敗ぐらいは覚悟していたが、いきなり来るとは・・・

日記を振り返り負けた9回のトレード、要因をジャンル分けすると
波の見方が見当違いというのが3回
悪くないけど負けたというのが1回
あとちょっとでリミットだったけど届かずに結果損切というのが2回
ストップ設定が甘く届いてしまったのが2回


防げた損失は大きいです
それから、ライン引き付け待ちでラインまで押さなくては入れなかったのも2回でした

そんなこんなで結果的には結構負けたのですが
まぁまぁ課題も多いし生かせる内容なのでしっかり見直しして来週も同じことをやっていきます


全体的に見て波の見方がブレてます
ラインの見極めを強化するのと、これは怪しい・・・というのは入らない
あと、波が分からない時は無理にあてがらないで無視する

この辺が直近の課題です

リミットとストップも毎回1:1.5ぐらいになるように弄ってますが
実際は1:1以上であればいいルールなので辺に1:1.5を気にする必要はないですね
回数を重ねていくとその辺に落ち着くはずなので一回一回、毎回1:1.5になるように気にすることはないですね


さすがに1勝8敗はきついですが、
たまたま重なったと思ってやるしかありませんね、自分の反省点も出てますし

というわけで、来週も淡々とやっていきます
ROT計算をすると来週は5千通貨です

取り返すとかではなく、やるべきことをやる
がんばっていきましょう
週中の更新です

今回は検証結果と実運用の2項目で書いていきます


まず検証結果から、15分でのトレンド転換に絞った検証ですが
ユーロドルに続き、ポンドドルが450日分検証終わりました

気になる結果ですが、ユーロドルとほとんど変わらず満足いく結果が出ました

ユーロドル、ポンドドル

勝率 57%、60%
トレード数 97回、117回
平均利益 32P、35P
平均損失 −21P、−25P
利益 900P、1300P

期間は2017年と2016年と別の期間にしてみました
2年間で2通貨ともトータルプラスな検証結果が得られました

ついでいまはドル円を検証はじめてます
暫定で60回ほどのトレードですが、これもまたほぼ同じような結果が出ています
15分足の450日分なので結構時間はかかりますが、焦らず焦らず

まだまだ検証不足ですが、この結果からでも優位性があると考えています


ということで、いままで12通貨、4時間トレンド発生後の押し目、戻り目を15分足で狙っていましたが
15分足のトレンド転換だけでも十分期待できるので、メジャー通貨4通貨にしぼり狙い撃ちしていきます



次に早速の実運用です
今週月曜からトレード開始しました

現在までの成績は
ユーロドル −16pips
ポンドドル −26pips
ユーロドル -24.5pips
ポンドドル +35pips

です

3連敗からやっと1勝となり、出だしが悪いですが
勝率からは全然あり得るので、まぁ、まぁ、気長に続けていきます

今回の目標としては必ず100回やるにします
前回の4時間ダウルールは60回ちょっとだったのですがそれでもかなりいい経験ができたので
今回の収穫はそれを越えてきそうです

あと前回は単純ルールでほぼ裁量の余地がなかったので結果だけでしたが
今回は裁量部分が多いので、トレード毎にしっかりと日記をつけて
形の考察とその形作りまでの背景を残して次の裁量、判断に繋げていきます

100回に達した時に、どんな結果が待っているか、何を思うか、楽しみです

ROTコントロールから100回に達するまでに資金が尽きることは無いと思いますが
今回はとにかく継続するを目的にしていきます


継続・・・やはりこれが難しいんですよね・・・
そこが大事なのは分かっているはずですが、実際問題振り返ってみると

2月から3月中旬まで4時間足ダウ理論単純ルール運用
3月中旬〜は4時間足のダウ理論ルールを環境認識に置き換えて15分足目線一致トレード

5月〜15分足のトレンド転換手法

といっても・・・やっていることは全てダウ理論で相場分析してトレンド確定から乗るだけですけどね
今回は乗る位置がブレイクではなくて、その押し、戻しから入るような手法です
リスクリワードを確保しつつ、リミットはいままでよりも甘く設定して勝率を上げる感じです


週間毎に大きく負けて反省しつつ、テクニカル分析ルールが変わっていた頃に比べればマシか・・・
それによく考えれば、その頃というより、つい最近までルールでトレードをする事自体ができてなかったので
どちらをとっても大きな成長ができていると感じています


今ルールを守る事はもう当たり前になってきており
人間の慣れというのはすごいなぁと常々感心しています

その結果からか、今は2か月連続でプラスになっているのでこの調子で5月もがんばっていきます


最後に・・・検証でも微損ですが負けた月はあったので、
仮に今月ルール通りにしっかりと運用できていたとしても、今月終わった時点でマイナスな可能性は十分考えられます
しかし、仮に月間マイナスだとしても続ければ採算が取れるような確率の世界でやっている事を忘れないようにしていきたいです

しっかりとルール通りにやったから、手法作りに時間をかけたから、検証をやったからって
確実に勝てるわけでもないですし・・・

確率的にそうなりやすいってだけで、決めつけてはいけませんね

そこもFXの難しいところです
週中の更新です

今週はトレードお休みしてその分検証をしています

トレードインターセプターという無料の検証ソフトを使っています
15分足でのエントリーなのでパターンに絞り、ソフトの上限で15分足は450日分までなのでMAX日分検証

このソフトは終値終値をコマ足で一コマ一コマずつ早送りすることができます
ルールのパターンが来たら入って指値逆指値入れて決済されるまで待つそして次のチャンスがきたら打つ、ただただその繰り返しです


以前のように、検証作業中の

負けた時には、こうしていたらここは取れていたなとか
利確した後に伸びていくと、こういうルールならここまで取れたなとか

って感情が出ることなく、ただただ淡々と繰り返す
そして結果が出てから考える

ユーロドル15分足450日分
トレード数96回
勝率57%
リスクリワード1:1.5


15分のパターンだけですが思ったよりも勝率が良くてびっくり

それにしてもリスクリワードはだいたい1:1.5になりますね


バルサラの破産確率を見ると
このリスクリワードでの目標勝率はやはり50~60%です

先月、先々月は40%の1:1.5ですので
今のままだと勝率が低くて勝ってはいますが、破産する確率が高いままです

やはり勝率50%以上は欲しいです


今回の検証では達成していますが
他の通貨や他の期間などもやってみないと分かりません
もっともっと検証します


今回ですが、キレイなパターンだけに絞ってみました


そもそも4時間の押し目戻り目を15分で狙うと決めていますが
波によっては1時間の波の押し目戻り目というケースももちろんあります

そして15分と言えども、画面いっぱいにすれば一つ上や二つ上の波も十分確認できますので
環境認識をわざわざ上位足でやらなくても15分でも確認できます

自分はダウしか見ていないので直近の波の動きがみれればいいのです


なので今回は15分のパターンだけを見て検証しましたが、そのパターンの前の動きも今回は重視していました
この裁量=環境認識でしょうかね、なにも上位足を確認することだけが環境認識ではないのでは?と
そして、現実問題、これが結構効いている気がします


実際に満足いく成績がでているので、4時間に拘る必要もないのでこれでもいいのかなぁと
あと実際やってみてというのもありますし


いままでは4時間環境条件下での15分でのトレードでしたのでかなり絞られるので12通貨見てましたが
→15分だけだと4通貨でも十分トレード数があります
増えるからいいわけではないですが

ペース的に1日1トレードぐらいがいいんですよね・・・
そこに合わせて監視通貨を上下させています
ここも本来なら安定して勝ってから増やしていくべきなんでしょうかね・・・


4通貨はドル円、ポンドドル、ユーロドル、オージードルにします

メリットとしてニュージーとオージーや、ポンドル、ポン円などの相関通貨での監視がなくなるので
懸念していた同じ動きで同じ成績(勝敗)がなくなるので良いですね


検証は次はポンドドルの別の期間で同じようにやってみたいです
次にドル円、オージードルと全部やってみます


トレードは来週頭からスタートするつもりです
がんばっていきましょう

PAGETOP