今月のトレード結果です

GWはトレードしないで検証するので今月を締めます


トレード数:61回
勝率:41%

平均利益:+25.5pips
平均損失:-16.7pips

計:+6441円 +86.4pips


とりあえず今月もプラスでした
約+8%です

先月もほぼ同じ成績
トレード数66回、勝率43%、リスクリワード1:1.5で+8%でした


自分の月間目標は何年も前からずっと20%なんですが
この目標数字が非常に大きいとようやく最近分かってきました

むしろ20%なんて低い方と思っていましたが(ネットとか見ていると)
そもそも安定的に勝ててもいないくせにそんな目標は無謀だったと思います

今は±0で本当の意味でのベースライン、ちょっとでも利益が出ていれば全然OKと思っています
大事なのはそれ(やり方)を長期的に続けられるのか?だと思います


一時的にドカーンと勝って、はいFX終了、もうやめます
ではなく、これからずっと実践していくとなると長期的な視点を持たないとダメですね


さて、今年に入ってFX9年目になってからようやく大事な事に気づき今はなんとなく
それを繰り返していくのが勝ち組への道なんだと仮定してやってきましたが
あるきっかけで今やっている事は正しかったのだと確信できました、感謝です


とにかく、感情トレードがなくなり、ルールでのトレードができるようになってきたので
あとは続けていくだけです
その続けていくだけというのも、一言では済まされませんが、続けていくだけなんですよね・・・


テクニカル的な考え方ですが、やはりベースはダウ理論です、ダウ理論で相場を分析します
というか不確実性な相場をダウ理論という理論で置き換えるという事ですかね・・・
これにより、今の目線をはっきりと定める事ができます

そしてダウルールをやってきて
特に大事なのはトレンド継続とトレンド転換後の動きの優位性に着目しています

ダウルールから短期への落とし込みをして今月はやってきましたが
4時間環境認識での15分足でのトレンド転換=4時間の押し目戻り目狙い

つまり、4時間ではトレンド継続と仮定してその押し目戻り目を短期の15分足でみて
15分のトレンド転換後の動きを狙い上位と下位の目線一致だけを狙う

自分の中ではこれはいけるか・・・と思ったいいとこどりな手法になったわけですが
それでも勝率は50%を切り40%、リスクリワードは1:1.5です

途中で誤った解釈でトレードしたので数字が悪くなっていますが
勝率はもう少し高められると思っています、それでも50%とかですかね

でもそれが現実なんですね。それが納得できないと先に進めません
勝率70%!リスクリワード1:2なんて無理ですね
いや、今の自分には無謀という事です
できる方はいるかもしれませんが自分にはできません

そうやって、自分の身の丈というかレベルを把握できるのも勝者への一歩かもしれません

上手く表現できませんが、思っている以上にFXは難しいという事は言えます



そして、おもしろい・・・


さて、明日から令和、がんばっていきましょう!
スポンサーサイト
今週のトレード結果です

AUD/USD +19
AUD/JPY +35
EUR/USD +17
GBP/JPY -17
EUR/USD +20
EUR/JPY +45
GBP/JPY -21.6
USD/JPY -17
USD/JPY -21
USD/JPY -15
GBP/USD +15

計:+59.4pips +2873円


週中の時点では結構調子よかったのですが、
後半は厳しい展開になりこんな感じです

特にドル円、上に下に振りましたね
下げ確定からの一発目は良かったのですが、本来なら短期の目線一致で入るものの
リスクリワードがいいからってトレンド転換前に決め打ちではいったりと・・・
ギリギリストップ付けた後に悔しさからやり方を変えてしまった、これはいけません!

まだ、こういう事をしているのかと思うと嫌気がさす

まぁ幸いにも破って負けたのでこれで分かったでしょ!


何がしたいのか分からなくなってくる

いつもそうだけど勝ち始めると目的を見失いがち、増やす事を考えるのでなく
やり方を変えずにただただ続けていく事だけに集中する

大事なのはそこだと思う


結果的には先週と合わせるとほぼプラマイゼロです
今月は4時間環境の短期足トレードやってきましたが
思ったよりも勝率が上がらず・・・気持ち的には苦戦しています

個人的には勝率を50%以上にしたいです


月間トータルは今月もとりあえずプラスですが

よし、これでいける!という自信があまりありません

前の単純ダウルールは裁量判断が波の見方だけだったので
誰がやっても同じような成績になるので、数字に自信が持てますが

今回の短期足落とし込みだと裁量部分が多いので
見逃しや見送り、判断ミスなど含めるとこれは極端ですが運か?ってなる笑


短期での落とし込みでの検証はしていないので
本当に優位性があるのか?と疑問になったり
これ以上狙う事や負ける場合は避けられないのか?と色々課題があります

このGWはトレードをしないで過去チャートの検証をしようと思います

手法は変えませんが、短期の形を作る背景の分析をもっと正確にすれば
勝率が上がる気がする

4時間の環境認識から、15分で同一方向で乗って次のラインまで
でもやっぱり、4時間のトレンド転換後の動きはなんか勝ちやすい気がする
値もスムーズにいく気がする

そうなると、ここだけに絞ってみるのもいいかもしれない

また、GW中に検証が進んだらアウトプットしていきます
週中の更新です

今週は今のところ順調でーす

オージードル +19pips
オージー円 +35pips
ユーロドル +17pips、+20pips
ポンド円 -17pips

んで今、ポンド円とユーロ円を持ってます
ユーロ円はあとちょっとでリミット、ポン円はまた損切かも?笑

まぁ、最後まで分かりませんので決めつけはしません
むしろ、負けたと思っていた方が気が楽ですよね

完全指値決済なので、あと1pips届かず・・・なんてケースも結構あるんですよ笑
その後、再度試しにいって利確されることもありますが
そのまま反転して損切、なんてこともあります

まぁ、指値もゾーンで見れば到達している・・・そう考えて毎回成行で切っていたら、
多分自分はそれがきっかけで暴走しそうなので成行はしません、そう決めてます

結構リミットを厳しめに設定しているのかも、もう少し甘めにしようかな
リスクリワードが1:1取れていればOKとしているので


ふと、このブログの以前の記事を読んでいて思ったのですが、最近普通にトレードできてる!な~
ながーい間の悩みは、

どうしたら、ルールを守れるのだろう・・・?

どうしたら暴走トレードがなくなるのだろう・・・?

だったのですが


もう、そんな悩みはどこかに行ってしまいました!

ここ数か月の記事は内容が濃ゆいです
自分でも繰り返し読み返しています、アウトプットは大事ですね


ということで、最後にルールを振り返り

4時間足のトレンドの押し、戻しを短期で乗っていく
日足、4時間、1時間で引いたラインからラインまでの動きを狙う
ストップは押し安値/戻り高値
リスクリワード1:1以上確保する
週初めにROTを算出し週間で固定(20pipsで1.5%)


最近、訪問者もグーンと伸びてきてます!うれしいです
すみません、いつも拍手ありがとうございます!

4月もあと少しで終わりです
大型連休です、残りがんばっていきましょう^^
今週のトレード結果です

いやー今週はなんだろう・・・難しかった・・・

4時間環境認識からの15分足トレードを終始やってきましたが
こんな結果でした

GBP/USD 20 pips
CAD/JPY -12.1 pips
EUR/USD 20 pips
GBP/JPY -30 pips
AUD/JPY -17 pips
EUR/USD -12.1 pips
CAD/JPY -10.1 pips
AUD/USD -20.1 pips
AUD/USD -14 pips
NZD/USD 28.8 pips
EUR/JPY 2.5 pips
EUR/GBP -0.6 pips


計:-44.7pips、-2032円


うーむ、勝率が全然伸びない
こういう相場だとここまで負けるのか・・・

上位の方向に短期で乗っていく事自体は今最善と思っているので
もちろんそれは貫きますが
環境認識自体をもっとしっかりしないとダメかな・・・


4時間での反転を短期で確認して乗っていくのですが
どうも今週は反転せずにそのまま方向転換となる相場が多く結果的にうまく行かなかったです


しかし、終わってみてさほど負けてなかったのでこれまたびっくり


でもなんだかんだで、ルールの運用に関しては何も問題がなかったのでOKです
短期足に落とし込んでも淡々とできました


4時間の反転ポイントを狙って短期で拾う、全てこのパターンでトライしましたが

割とトレードチャンスがあったので、もっと精度を上げる事と、通貨も絞ろうと思います
環境認識を日足、4時間でやって4時間の動きを15分で狙うのは変えずに
通貨は12→9通貨に落としてみます


大筋は変えずに4時間での方向性を定めて
ラインからラインまでの動きを短期で狙う

こんなスタンスで頑張ってみます
今週の途中経過です
ポンドドル +20pips
カナダ円 -12.1pips
ユーロドル +20pips
ポンド円 現在トレード中・・・多分負けます

とまぁ、今週の暫定ではプラス圏です
まぁ、まだ分かりませんし、勝ち負けよりもしっかりと運用できた/できないに拘りたいと思います!


今週は大きく伸びた後の調整なので反転したとしても利益があまり見込めず結構スルーしています
4時間でトレンド発生後、押し、戻しを15分で狙っていくというスタンスが大分身に付いてきました
先週は1日1トレードまでというのが守れませんでしたが、もうルールを無視することはないです
人間の慣れっていうのはすごいです

やはり単純ルールの運用ができた事がかなり大きい、長いfx人生の中で一番大きな成果な気がする


いまのところ短期足に落とし込みしたるルールも運用に問題なく、このままこのパターンをひたすらやって自分の武器に変えていこうと思います
今回は長いお付き合いになりそうです・・・笑


4時間単純ルールを応用した15分でのトレード

いや、本当にこれ以上は今考えられないのでひたすら続けていきます



週中ということで、気づきがあったのでそれを少し


カナダ円ですが、15分にてトレンドを付けたのでストップを引き上げたのですが、それにより損切となりました
結局ビタビタに切られてから再度上げてきており、まぁ自分にはよくある展開です~
ストップを引き上げることをしていると損失が減る為、リスクリワードはよくなりますが勝率が悪くなりそうですね

どっちもどっちですが、短期足なので、ストップまでやたらタイトになってしまう場合もありそうです

今後、最初に決めたストップはトレールしないでそのままにしてやっていこうと思います

そもそもエントリー時点の最初のストップには自信、根拠が強いというのがポイントです
トレールしたストップは短期足でのポイントなので上記に比べると弱いです

そういえば、大分前にもこのストップトレールについて色々考えていた気がする


次にROT!
先週大きすぎた(1~1.5万通貨)ので今週は5千通貨固定でやってますが
今度は少なすぎたかな・・・と感じています

1トレードに対して2%だと大きい、1%だと小さいということで
間の1.5%にしようかと思ってます


試しにリスク1%と1.5%と2%で複利計算をしていくと
ここまで差が出るか?というぐらい違いが出ます

今週は決めたので5千通貨固定ですが、来週からはリスクを1.5%に上げてみます
もちろん、週間でROT固定にするので、今週末の資産によって来週のROTを算出です



次!見逃し、見送りが結構ある・・・
4時間で反転の兆しが見えたら15分に切り替えて反転タイミングを計るので
正確には15分毎にチャートをチェックしないときっちりと入れません

しかし、15分毎に見るのが無理なので

これは、しょーうがないですね・・・


そしてリスクリワードが取れないトレードはいくら勝てる見込みがあってもスルーです

見た時に乗り遅れていたら、それももちろんスルーです
結果だけ見て1つの材料として貯蓄していきます


あまり完璧を求めても仕方ありませんが、どうも性格上そうなりがちです
長年結果が出ない原因の一つでもあると思っています

結局は見逃しても、平均でどうなのか?収束された時にどうなのか?
それのデータ取れていればいいのですから
数回に1回見逃したとかは考えなくてもいいレベルと割り切ります



こんなところでしょうかね


今のところのトレードデータとざっと検証した感じだと
勝率60%、リスクリワード1:1.7辺りかなぁ〜と
(勝率は自分のスキルが上がればもうちょっと上げれそうです)
月間トレード数は見逃しもあるので20〜30くらい

平均的には月間で200〜300pipsあたりがターゲットになりそうです

あれですよ、12通貨で・・・


まぁ、最終的には、勝てればいいんです


それに一気に理想に持っていくのも違います
ステップを踏んでいきましょう!できてから次の事を考えます



あと、トレード日記を前のように細かく付けるようにまた始めました
前も思ったのですが、細かくトレード日記をつけていると
トレードする=日記書く=めんどうなので

メリットとしてはトレードが厳選されるっす笑


冗談です、それより、蓄積されていく記録を振り返ったり、パターンを分析したりと大事にしていきます


自分にとってはこの上ない教科書、知的財産ですので
今週のトレード結果です

まず、4時間ブレイクアウト手法の残りのポジションが今週全部決済されたのでいつも通りにそのトレード結果から

19-04-12-eurusd-h4-yjfx-inc.png


ユーロ円
先週からのロング決済+20pips

ドル円
先週からのロング決済+17.2pips

ニュージードル
先週からのショート決済-25pips

カナダ円
先週からのロング決済±0pips


4時間ブレイクアウト、これにて一旦終了です
気になるここまでの成績は・・・

トレード数:57回・・・内±3回
勝率:25.9%

収支:-542.6pips

平均利益:+88.9pips
平均損失:-44.69pips
リスクリワード→1:1.99

・・・

・・・勝ててないやん


収支は60回ぐらいやってもトータルでマイナスでした

しかし、今回、一番の目的は単純ルールの運用でしたので
あまり勝ち負けにこだわらず、ただただ淡々と2か月近くできたので収支以上の成果、経験になったと思います

今回は60回ほどでおそらく、ドローダウン期が重なったのでトータルで負けましたが
この手法自体は続けていけばいずれトレンドが出たときに一気に回収しますので、最後には採算がとれるのではないか?と思っています
検証の仕方が少し悪かったにせよ、12通貨すべてで年間トータルプラスになったのは事実で、いくらいいように相場を見てもここまで伸びると思えません・・・すくなくとも大きくは負けない、プラマイゼロかトレンド次第では結構利益残るか


とりあえず、目的は果たしたので、一旦、ここで4時間足単体ブレイクアウトは終了します
また機会があったら、改良なりしてまたのんびりやるのもいいかなぁ~なんて思ってます


さて、問題はここから
今週は上記の単純ルールから一気にステップアップして、下位足でのトレードを展開していきました


・・・結論からいうと、ルールを守れなかったです
一日一通貨一トレードという点が守れませんでした・・・


その他は大丈夫でしたが、この守れない、というのは非常に厄介ですね・・・
単純ルールで2か月近く守りきれたので自信があったのですが

やはりルールによって、難易度がありますね
今回、それが分かりました

この1トレード縛りはとりあえずお試しなので回数に制限を入れようとしたさもないルールなので、別に直接収支に打撃を与えるようなものではないのです、と、それを途中から意識してしまって、もう一回入りなおすか・・・と


それと、下位足でのルールを明確に決めてなかったので
今週定義しました、4時間の反転を狙うに絞ろうと思います
15分で目線一致したところから4時間の天辺まで狙おうかと


気になる収支ですが、

8日 ユーロ円 +15pips
9日 ユーロドル -16.2pips
10日 ポンド円 -10.6pips
10日 ポンド円 +29.7pips
11日 ポンド円 -14.1pips
11日 ポンド円 +24.9pips
12日 オージードル +25.3pips


計:+54pips +7116円

でした、いちよ勝ってはいますが、一日1トレードを守りきれてこの結果だったら
もうこれ以上ない達成感と希望感ですが・・・

2度もルールを守れなったので、自分の手で「勝てた」と思えません・・・気持ちが悪いです

今までもずっとそうでした、ちょっと最近調子がいいな~なんて勝ち始めると天狗になって
ある時崩れて一気に持っていかれる・・・
その時って、イケイケモードなので怖いもんなし!って感じだけど、心のどこかではう~ん・・・これでいいのか?って思っていました

そのモヤモヤがずっと嫌でした

一時的に勝つ事とか、ルールなんて守らなくても、ある一時期だけにフォーカスすれば勝ててます
特に勝率が5割を超えてくると一時的にはものすごく資産が伸びるシーンがありますもんね

しかし、そんな行き当たりばったりのトレードなんて、いずれ絶対に崩壊するときがきます
もうそんな安定しないトレードなんてしたくないと
今回の単純ルール運用に至り問題がなかったのでステップアップしたのですが、

いざ、いきなり一気にやるのはちょっと無謀だったかもしれません
そして、かなり課題が見えてきました


今までの4時間ブレイクアウトを今度は環境認識として利用し
15分足で自由にポジションを取ろうと思っていましたが、
結局、今週下位足のルールも定義して、4時間の反転を狙うという手法にしました

4時間単純ルールをやり始めた頃から、最終的にはここに行きつくだろうと考えていたので
それが形となったわけですが、実際の運用は難しかったです

特に、15分に切り替えたので、ストップまで狭くなったのでのんきに構えている時間があまりないですね・・・
そして、短期での2%ルールにより、ROTが急激に上がったのも淡々とできなかった理由かもしれません

まず、いちいち計算が大変、15分確定の時点で入るときにROTを定めていても確定までに大きく動いてしまうと
ROTを再計算しないといけなかったりして大変でした
そうなると、人は勝負をしかけやすい傾向にあるのでこれは良くないです

このことから、まず、ROTは固定にします
だいたい、見てきて20pipsぐらいまでのストップに抑えられるので
-2%ルールにて、10万円に対して1万通貨ですね、
ちょっと割合が大きいかもしれませんね・・・


今週も約10%も増えたことになります、ちょっとリスクを取りすぎですね
1トレード1%で週間5回で全負けだとしても-5%・・・やっぱりいくら少額とは言えこのぐらいですね

ということで、ROTは固定、そしてリスクを約1%に調整したROTでいきます
まぁ、繰り上げでいいでしょう・・・来週は5千通貨かな
MAXで1000円のリスク

ちなみに今週は1~1.5万通貨でした・・・


次に問題である、1日1トレードをどうするか?です
4時間の反転なので、12通貨見てて週間で10~トレードぐらいでしょうか、15分に落としても割とチャンスは少ないです
なので、これは回数制限やめてみようと思います

4時間毎にチャートみて反転来そうだったら15分に切り替えて監視する・・・
来週はそんなスタンスでやってみますか~

そうそう、一番懸念していた、「4時間毎、以外にチャート見る」というのはそこまで負担ではなかったです
元々あれだけチャートに張り付いていた人間ですのでクリアです


あとはエントリータイミングが重なった時にROT的にどっちか1通貨しかトレードできないので絞る行為をしないといけないのと
基本はロンドン時間あたりから動きだすので、そのあたりにエントリータイミングが来やすいのでそこまで見送るというかあまり気にしなくてもいいのかな・・・と思いました

あと、ストップは明確なのですが、リミットが難しい・・・

ここはルール化した方が行く先淡々とできていいかもしれません
今は最大で4時間直近高安まで引っ張るか、15分での節目を狙うか?をストップまでの距離からR-R比で決めてますが、ここはどっちかに絞るべきだな・・・R-R比を確保するなら、4時間の高安かな・・・安パイをとりましょう、4時間高安までだとだいたい30pips~ぐらいはあるのでリスクリワードも1:2ぐらいまでいけるかな

ストップまでは15~20でリミットまでは20~30~50あたりかな?
そうなると-1%ルールでのROT適用がちょうどいい感じになってくる気がする


と、ぱっと思いついたのでも、このぐらい課題がありました
ルール変更があったので更新して、ルールを守る事を最優先に考えて来週やっていきます


守れなったら、また単純ルールに戻してすこしずつ今の手法に近づくようにステップアップしていくか?
そもそも、なんで守れない?の根本的な原因を突き止めてから対策を考えますか

まぁ、トレード数の制限無しにしたので
もう大丈夫だと思います、笑

ただ、4時間の反転を狙うことに絞るこむのと、反転しない場合ももちろんあるのでそこはちゃんと割り切ることです


さて、来週、がんばってみます!!
とりあえず、完璧にルールを守りつつ、利益が少しでも残っているといいな・・・

昨日も記事にしましたが、今までメインで運用してきた手法そのものを環境認識として捉えて
下位足にて同条件でタイミングを計りトレードして行こうと思います

4時間ブレイクアウト手法は、単純ルールの運用が可能なのか?というトレーダーとして
スタート地点ともいえる優位性のある手法の運用がそもそもできるのかい?という事で
1か月半、あれだけ収支が増減しましたが、何の問題もなく運用することができました

これでかなり自信がつきました
後は優位性のあるトレード、ルールを構築できれば
もうこっちのもんですよね!

と簡単に言葉では言えても、行動が伴うようになるまでにはかなり険しい道なんですけどね・・・


というわけで、次のステップとしては、
ひたすら利益を伸ばして決済していたルールをやめて、リミットを入れる裁量を入れてみようかと思い
その検証をしようとやりだしたのですが、前回の通り、遠回り感がしてすでに撤退してます


今回、裁量部分がかなり増えるのでぐーんと難易度が上がるかもしれませんが
それでも淡々と運用できるのであれば、もう・・・大丈夫ですかね


というわけで、下位足でどういうポジション取りをしようかと考えましたが
今までの手法そのをそのまま下位足に落とし込む形を取ろうと思います

要は目線一致でのトレードとなります
そもそも優位性のある環境でやることになるのは確かなので勝ちやすいかと

そして、必須ルールを作りました
これだけは絶対守るルールです

1トレード辺り、2%までのリスクしかとらない
リスクリワードは1:1以上確保していないとエントリーできない
指値、逆指値で決済する(一旦進んで戻してきたから成行で利確、なんてのは無し!)
チャンス通貨の見極め→複数チャンスがあったとしても1日1通貨、1トレードだけに絞り込みする

それとこれはルールには入れませんが、いや、というか入れなくても自然とそうなる・・・
ストップは、やはり目線切り替え位置に置くのが今のところベストだと考えていますので、
下位足での目線崩壊位置でこれは固定したい

となると、問題としてはリミットぐらいでしょうか・・・?
次の節目ラインや、N波動をベースに都度都度裁量で設定していきます

いままでの4時間単純ルール+15分足での単純ルール、この重なった部分を頂こうという感じです
ここの部分に関してはほぼ問題なくできると思います、
そして下位足での利確はしっかりと設けるのを加える感じです


なんか当たり前のようなルールですが、
これが今まで散々できなったわけですよね・・・単純ルールができた今、さて通用するか?


今回の目的は、より裁量が多いルールでの運用が可能かどうか?
いままで4時間オンリーの運用でしたが、下位足でも運用ができるかどうか?です


・・・最低限掲げたルールを守る事はさすがにもう守り切れると思いますが、
ここができないと、また振り出しですね・・・笑

それより課題になりそうなのは、下位足でタイミングを取る時間があるのか?というところですかね・・・

ロンドンタイムからの動きを狙ってやっていくかと思いますが、
まずはしばらく、淡々とやってみて運用自体に問題ないか、チェックしたいです


さて、いよいよですね!本格的なルールです
今持っているポジションはそのまま今まで通りに4時間ルールで決済します


ちなみに、今日初のトレードはユーロ円で勝てました+15pips
たった15pipsですが、なんかうれしかったです!笑
これが第一歩となればいいですが・・・

まずは運用自体が困難でないか、できるのか?を最優先に
勝つことはあまり考えずに・・・ですね

運用自体に問題がなければ・・・まぁ、また壁にあたるだろうからまたその時に考えます


最近纏まりない文章になりがちですね・・・
まーいいや 誰かに発信というより、自分のアウトプットの為の日記ですからね

4時間足ブレイクアウト手法、単純ルールに加えて今度は利確するルールを加えた
2本立てで展開していこうと検証作業をしていましたが

なんか、最終的にこうなるだろうと考えている事とやっている事に乖離ができてしまい
今やっている事自体がかなり遠回りをしている気がしてなりません・・・


単純ルール、手法自体の運用ができるようになったことは確かなので、
いま最善だろうと考えているやり方に一気にステップアップしてみて運用できるか試してみたいと思います

少しずつ開放していこうと思っていましたが・・・
どーせそこに行くだろうと、思っているので、いっちょアクセル踏んでみます!


というわけで、いままでの手法を今度は環境認識として捉えて
同じ条件を下位足で見つけてトレードしていきます

大きい足の優位性の中の、小さい足の優位性を見つけてそにアタックするという作業になります


いままでこれが細かい作業でやりたくないと敢えて避けていましたが
おそらくは、いずれぶち当たる壁です


習得した4時間の単純ルール自体はもう少し続けていきたいですが
平行した運用が可能かと考えると厳しいですね・・・

なので、今もっているポジションは今まで通り4時間で判断して
これから取るものは下位足一致でやっていきます

ROTは今までと同じでとにかく、下位足条件一致という単純ルールだけで挑戦してみます


これも言葉では簡単そうですが、
実際やってみるといろいろ大変そうです

本来なら検証してから運用すべきですが、4時間単体だけでも優位性は見えたので
下位足一致というさらにセーフティな条件だけでやってみます

大事なのは淡々と・・・です、これもできそうだったら、本格的に実践できるルールへと変えていきます
やってみます、頑張ってみます!
今週のトレード結果です

19-04-06-eurusd-h4-yjfx-inc.png


ユーロドル
先々週からのショートが決済されました
確定+85pips

ユーロ円
今週新規ロングして保有中です
含み+20pips

ユーロポンド
今週新規ショートして決済されました
確定-70pips

ポンドドル
今週新規ロングして決済されました
確定-20pips

ポンド円
今週新規ロングして決済されました
確定-30pips

ユーロオージー
先々週からのショートが決済されました
確定+135pips

オージードル
今週新規ロングして決済されました
確定-30pips

オージー円
今週新規ロングして決済されました
確定+15pips
その後、新規ロングして保有中です
含み-15pips

ドル円
今週新規ロングして保有中です
含み+60pips

ニュージードル
今週新規ショートして保有中です
含み+10pips

ニュージー円
特になし

カナダ円
今週新規ロングして保有中です
含み+30pips

今週確定は+50pipsで現在の含みは+100pipsです


連敗期はいちよ、終わりましたかね・・・
にしても勝率が悪い・・・

前回記事にもしましたが、利確を入れようと検証をしていきます


4時間のブレイクアウト手法
ダウ理論でブレイクから入り、N波動分抜く感じです
というかこれがすべてです

文章にすると簡単ですが、前より裁量が一個、二個増えるので深いです

勝率は上がるとは思いますが、たまに来る大きい利確がもちろんなくなるので
リスクリワードが悪くなって勝率を上げていく感じです

勝率は50%欲しい、リスクリワードは1:1以上欲しい

・・・こんな最低限のレベルの手法でいいから、まずは極めたい
稼ぐのはそれから



ブレイクアウトにこだわるのは、押し目、戻り目を狙ったトレンドフォローより、
分かりやすくて簡単だからです

そのかわり、後からついていくのでリスクリワードは悪くなります


Wで運用してみてもいいかな思いますが
管理が難しそうで・・・逆指値、指値の注文が大変・・・笑


というわけで、まだ検証してないのでこれからしますが
気持ち的には新しい方がいいのではないかと考えています

でも結果がある程度、優位性が見えるまではいまのまま続けていきます
どのタイミングで切り替えようか、事前に決めるか
悩みどころ笑

このタイミングでおっきいトレンド出たら・・・と思うとやっぱりW運用か・・・?

しかし入るとこは同じだけど、手法2では入らないという裁量を増やすので
運用中にごちゃごちゃになりそうです・・・
うーーん、そこも含めて考えていきますかね

ということで、来週は検証を進めつつ、手法1を淡々とやっていきます
再びですが週中、結構大事な話になりそうなので記事にしつつ考えを纏めます

利確をいれようか考え中です


利確という高等技術、判断が増えることで一貫性が出ないのでは?

当初の課題は単純ルールを繰り返し、ルール通りにできるのか?
その練習と割り切っていたので裁量判断は極力減らしたい事から入れませんでした

しかし、やっていくうちに自己規律力が芽生え始め、
今はルール通りの運用がしっかりと出来ているので
利確という高等技術を取り入れても問題なさそうかな


それから勝ったのは置いといて、負けたトレードをパターン別に分けると

入った直後は伸びるけども、その後失速して反転し損切へというケースが多く
入って100pips以上伸びたけども、押しや戻しをつけないが為に
逆指値がトレールできなくV字反転し結局損切になったケースが2回
入って真っ先にストップまで行くというのも2回

これらから見ても、そのほとんどは一度は伸びているんです
ブレイクを確認してから入っているので毎度それなりに伸びている気がします



今の4時間足ブレイクアウト手法ですが、
エントリー時にこのトレードでどのくらい利益が出るか?が正確に分かりません

リスクはエントリー時に逆指値入れるのでもちろん分かりますが、
リミットは設けないので単一トレードで見るとリワードってわからないのです

しかし、検証結果から取れたデータを当てはめれば単一トレードでも平均ですがある程度リワードは分かります
このトレードで勝つ確率はだいたい50%、負けたらだいたい1、勝てばだいたい2.3
なので続ければ勝つ


今もその考えに変わりはないのですが、実際運用してみてどーも勝率の悪さに目が行きます


昨日も記事にした通りで、MT4検証だと50%ぐらいだったのですが・・・
もはやデータに信頼がない・・・

現時点での運用結果としては勝率30%ぐらいです

30%って、ほとんど負けた記憶しかございません・・・
なので、3月分を集計した時も、

トータルで+1.4pipsも残っていたんだとびっくりでした


バカになって、ただただ信じてやり続けているのでまだ運用できてますが


実際に15連敗、ー1000pipsのドローダウン・・・て


ドローに対して、他者からご指摘が入らなかったのですが、

いや、むしろ
それでも続けられるメンタリティー!やばくね?的な自慢にも聞こえますかね?笑

でも、よくよく考えると1000pips負け続けるって異常じゃない?っすか?笑


まぁ、そういう手法であって、実際問題1000pips負けたとしても、
その後にトレンドが出れば2000pips取れる相場がいずれ来るから
差引どーせプラスになるから一時的なマイナスは気にすんなと

こういう理屈で自分をセーブしてきましたが


客観的に見ると、短期間で-1000pipsは異常だべ?


そして、またこのドローダウン期は必ずまたきます
それが今度は500pipsかもしれないし、1000pipsを越えてくるかもしれないし
それは分かりませんが、必ずきます、なんならまだドローダウンは続いているかもしれませんし

このドローダウンは期間もpipsも、少ない方がいいに決まってます



運用当初から、利確をするものに変えるかもしれないと言っていたわけですが、
結局はその通りになりそうです


リスクリワードは今より確実に悪くなりますが(?)利確を入れて勝率を改善し、
もっと安定感を求めようかと

ドローダウンは勝率が大きく左右するので勝率が改善されれば必然的にドローも小さくなるはず


なので、勝率の改善からドローダウンを極力減らし、
今は上下激しく斜めに切り上げっていく資産グラフですが、
それをなるべく直線で斜めに上昇していけるように近づけようという試みです


しかし、ここですぐに思いつきで変えるのはよくないです、これが一番よくない行動パターン
ちゃんと考えた事の検証をして、データを取って

その結果と今の手法を比べてみて
今の方が良ければ、そのまま継続、1000pipsのドローについてはまた考える
結果が今の頭の中にあるものの方が良ければそちらにシフトしていこうかと考え中


おそらく、R−Rは1:1.5とかになり、勝率は50〜60%を超えてくるかとイメージしています

ダメダメ、そんな予想はどーでもいい、
検証ですね、検証!

もしかしたらもっといい成績をたたき出すかもしれないし
思ったより勝率も悪いかもしれないし

これは自分で手を動かさないと分かりません


検証って本当に大事ですね、今は4Hのブレイクアウト相場しか見て無いので
やっていく内にこのパターンはダメかな、このパターンはいけるか?と色々発見があります
もちろんそれは感覚だったり、あくまでパターンなので、現時点では確実なものではないです
検証して結果が出たとしても「確実」ではないですが・・・

従って、それを数値化する作業が検証です


今回はその「発見」の裁量部分をルール化し、検証して結果が出れば、
利確ルールを入れてみようという計画です



うん、まとまった


どちらにしても、検証結果が揃って総合的な判断ができるまでは、リミット設けない今のスタイルを続けていきます
なんせ、今の手法でも最後にはドーンと大きく勝てる事に変わりは無さそうなので・・・笑

にしても、昨日あれだけあった含み益300pipsがまたほとんど無くなってしまった・・・
まだドローダウン期は続くのかなぁ・・・

PAGETOP