今週はまだ一度もエントリーチャンスがきません


検証は常にドル円ならドル円と単体通貨でやっていたので、
複数監視していくと、こういったチャンスが先週みたく一気に来るというところまでイメージできてませんでした

先週のオージー、ニュージー系は残念ながら損切になりましたが
押し安値達成後(切られた後に)に大きく伸びてきています(コメントでやり取りしていた通りです笑)

しかし、それは結果論にすぎません、反対もありえた事だし、あの局面でどうなろうと
予め定義したエントリーもストップも決められたルールを守りきったのですから
もっと自信を持っていいと客観的に自分を応援します

あと、今のルールは予測自体がダメなのかなとも思います
ここで利確って分析をしていないので、予測する意味すらありません・・・笑

相場に身を任せるだけです


予測するから(いい方悪い方のシナリオ描いても)良い方をイメージしてそうならないから
運用できなくなるのではないか?と考えてます

あと運用に手が止まる一番の要因は「含み益が減る恐怖、不安」ですかね・・・


ここからが大事で、今まではそうなった(損切からのバイーン)ときに
どうしたら、こうなってしまった動きを予測して、逆に取ってやろうか?という考えになって
より良くしていこうという向上心からルールを変えたり、根本的に変えてみたりしてそれをずーとループしていましたが、

このマインド=聖杯探しなんですね・・・?


今は、そこを取ろうとすると、今度は結局他の波が取れなくなる事、RRバランスが保てなくなる事、
感情が入り始めて目的からどんどん外れていく事、一貫性がなくなる事

これら負のスパイラルがお待ちかねなのを理解し始めている感じで、
メンタルは確実にいい方向に進んでいる気がします


とーっくに乗り越えたと思っていた「初心者的な壁?聖杯探し」がまだ自分の先にあったとは・・・
と、この間の記事でも9年目ですが、自分はまだまだ初心者なので、と考えていたので割とすんなり受け入れられます

聖杯探し=勝率100%とか、インジケータの組合せのサインツールとか
そういうのをイメージしていましたが、自分が今まで散々やってきたことも聖杯探しだったのかな



今週は4時間確定時以外は、逆指値待ちなのでレートを気にしないと意識していますが、
たまに気になって、まだ見ています・・・
運用を止めてしまう行動を取る可能性を秘めておりよろしくない行動です、絶対ないですけど!


でも、23時前で、ちょっと確認・・・

現在、6ポジションで計700pipsほどの含み益です、先ほどちら見したときは900pipsまで伸びてました、
ポンドは荒い値動きですね、という事でまだ今週の決済はなくずっと保有中です

にしても、ほんの数か月前の自分では考えられない含み益です・・・

ながーい8年間のトレードで100pips越えはおそらく1回、
それもバイクカスタムに夢中になっていて忘れており、気づいたら爆益だった話笑


別に伸ばせるからすごいとかやばい!のではなく、
こうしていれば採算とれると理解して運用しているところがポイントなんですね


今は4時間での運用なので、結果までが時間かかります、しかし結果を焦ってはいけません
というより現状では焦る事ができません、笑

そこで検証によって、時短でデータ取り、結果を先読みし、自信付けようと考えておりまた検証に力を入れています


検証をする目的って、優位性があるかないかの確認だと思いますが
自信を付けるための確認作業でもあるのかな思います


既に2018年の相場検証では、ほとんどの通貨で年間プラスなのは
検証結果として出ているわけで、このまま運用していけばおそらく結果は出ます

最近追加したルールも検証中で、メリットデメリットを纏めています


ただひとつわかっている事というかリスクとして受け入れなければならない事があって
それは、トレンドが出ない、ボラがない、値動きがない、と確実に収益が発生しない事です


それでも、それを運用させていく、継続させていくメンタル維持だったり、自己規律力?といいますか・・・
本来はそこに力というか、ウエイトを置くべきなんだなと考え方が変わってきました

ルールなんてなんでもいい ってそういうことですかね


ただ、その方法、手段を続けていく事がFXの難しさで
壁にぶち当たって毎回振り出しに戻る


となれば、今できる事、やりたい事は、自信を確信にしたい

その進化ができたら、とりあえずスイングでいまのやり方なら勝てそうな気がしてきました


なので、細かい事でもメモしたり、週中の気づきをブログでアウトプットしたり、
常に正解へ正解へ自分を高めていけられる意識と行動ができれば高い水準を維持できるかなと思います


勝てる/勝てない は行動や考え方によるものなのかもしれません


特に最近強く思っていてよく言いますが、稼ぐとは逆の行動をとっていくべきなのかな?と


利確優先→損切優先
ROT大→ROT小
ルール複雑→ルール単純

そう思っていてもなかなか逆手の行動や判断はできませんけどね・・・


負のサイクルには二度と戻らないように自分をコントロールしつつ安定してきてから、
より稼ぐ事を考えればいいかもしれないと思っております

なので、稼ごうとする行動を取るのはまだ先ですね


にしても、この数か月の変化は今までにないです


このまま、

覚醒よ、こい!


いや、それより、頼むから、これで正解であってくれ・・・


いや、いや・・・不正解だったとしても、またトライアル&エラーで諦めませんけどね
必ず、自分で解いていきます


まだ全然不安定ですが、気持ちだけは負けないように自己暗示、少し強気に発信していきます!
スポンサーサイト



今週のトレード結果です


週中でも報告しました、ポジション量産しましたが、利確はひとつもなく
損切が4通貨、先週からの持ち越し2通貨も損切となり、確定損だけの週になりました

一番の課題である、ルール運用ですが、今のところ問題なく運用できていて大丈夫です
少し後からみて、ここはこう判断すべきだったかななんて抜けはありますが・・・

順調に進み始めたのではないかなと思っています


この単純ルールの繰り返しを続けていき、週間ごとに気づきや学びをルールに反映させていって
徐々に自分のスタンスを作っていこうと思っています


まぁまだ、第一段階なので、焦らず焦らず
収益を気にせずに決めたルールを運用する事を最優先に考えていきます


まずは、トレード結果です

19-02-23-eurusd-h4-yjfx-inc.png

ユーロドル     ポンドドル       オージードル    ニュージードル
ユーロ円      ポンド円        オージー円     ニュージー円
ユーロポンド    ユーロオージー   ドル円        カナダ円


こんな配列になってます


ユーロドル
先週ショートを取ったポジションが損切になり、目線転換しトレンド発生にてロング開始です
確定損-60pips、ロング保有中

ユーロ円
ロング保有中

ユーロポンド
ショート保有中

ポンドドル
ロング保有中

ポンド円
ロング保有中

ユーロオージー
特になし

オージードル
ロングしましたが、損切になりました
-50.3pips

オージー円
こちらもロングが損切になりました
-95pips

ドル円
特になし

ニュージードル
先週からのロングが損切になりました
-50pips

ニュージー円
今週ロング2回です、2回とも損切になりました
-60pips、-100pips

カナダ円
ロング保有中


こんな感じです・・・


単純ルールでエントリーしているのでその時の心境は「無」です
「無」ではないな、無意識でできるようになりたい


ここで、今のルールについてもう一度おさらい

4時間足のダウ理論で目線を付けてトレンド発生からトレンド崩壊までポジションを持つ
高/安値更新確定にて逆指値はトレールできる
ヒゲは抜けたと判断しない、実体で見る
エントリー時に損切まで100pips以上ある場合は見送る

前回記事での追加ルール
トレンド発生確定の足が大きいブレイクだったら、1本見送るなど戻りを待ってから入る
異常なスプレッドである場合はエントリーを見送る

現状は以上です


文章にすると長ったらしいですが、やっている事はものすごくシンプルです
それも4時間毎に判断するので、めちゃ楽です、
勝てるとわかっていて、実績があって運用していたらかなり楽なんだろうと思います
逆指値だけ入れてただただ放置なので

ただ、途中経過が気になってしまいます
途中でチャート見ても、値動き見ても結果はなにも変わらないのですが・・・

来週はプライスボードを見ることを止めてみようと思います
余計なことを考えるよりも次の対策やルールを考えたり、
検証時間にあてた方がトレーダーとして正解ですね


と、決められたルールをただただ繰り返していくことが今週はできたので順調です!
かなり負けてますが・・・笑
それは途中経過なので・・・


ただ、単純ルールの中で、ひとつ注意したいのは、波の見方です・・・
どこでエントリー、どこで損切したか?このチャートを見れば、
自分が見えている波の形が分かると思いますが

この波の見方によって、エントリー位置、戻り高値、押し安値が変化してくるので
自分の中で一貫した波形の見方をしていかないといくらルール通りでも成績に差が出てきます



これは経験と共にどんどん一貫した見方になっていくと思うので
今はたまに迷うところありますが、次第になくなってくると思っています


振り返ると、エリオットを気にするようになった頃ぐらいから、チャートを波でイメージするようになっており
そういえば、いつの間にか見えているローソク足を勝手に波でイメージしているんだなぁって思いました笑


スキャルをやっていた頃、チャートを見て波をイメージしていたのかなぁ・・・てすごく気になる!
ので後でそういう資料が残ってないか探してみます笑



そして、今週運用していて、思ったことがいくつかあるのでひとつずつ潰していきます

①相関通貨でのポジション取り・・・

相関通貨?っていうのでしょうか、似たような動きをする通貨ペアでのポジション取りをどうするかという問題
今週も、オージー円、オージードル、ニュージードル、ニュージー円
ドルや円主導ではなくて、資源通貨単体で動いた時、リスクが偏るのを防ぎたいです
この4通貨に2千通貨ずつ張っているという事は、資源国通貨に8千通貨張っているのと同じことではないかと思いました

通貨を増やすことでリスクを分散させていると解釈していましたが
例えば、監視通貨をオージー絡みだけ増やしたら、それはリスクを分散しているということにつながるのか?と
ふと思いました、通貨ペアを増やす事自体はリスク分散だと思いますが

トレードする通貨を単体で見たときにリスクのバランスがとれていないと
こうやってドローダウンが大きくなったり、偏りが出てくるのでもっといいやり方はないのかと・・・

今週はたまたま・・・逆方向に行ってくれたので、4通貨ともに損切になりましたが
逆もあり得るので、そうなると4倍収益になります、もともとは目線決めて打ち込んでいるので
確率的にはこの今回の逆パターンのプラスの方が多くなる気がしますというのも忘れてはいけません

そして、重要なのは、どんな通貨ペアを選択したとしても、
続けていけば結局は全通貨にてプラスに持っていけると思っているのでまぁ問題はないか・・・

途中のドローダウンが気になるかどうか
あと、トレンドが出ないと全然収益が望めないルールなのでできればボラの高い
ガンガントレンドの出る通貨を選んでいくといい結果が出そうな気がします

こういう対策もありかなと思いました

例えば、ユーロドル、ユーロ円、ドル円、ポンド円、ポンドドル、ユーロポンドの6通貨で運用する

こうすることにより、単体通貨でみると円3、ユーロ3、ポンド3、ドル3のバランスが取れますからね
YJFXを長年使っていますが、通貨ペアがすくないので、今後他の口座に移すかもしれません


結論、これは保留にして現状維持とします


②利確ルールを作るかそのままダウ崩壊までポジションを持ち続けるか・・・という問題
ポンドさんが懸念していた、押し安値を作らないまま、大きく動いてからの戻し・・・が入りましたね
ポンド円は200pipsぐらい、ポンドドルは150pipsぐらいまで伸びましたが
金曜夜にそーとー含み益が減ってしまいました・・・

ここは耐え時とは思っていました、押し安値を作ってくれていたらそこで利確となっていたが
押し安値を作っていないので、まだ、逆指値=損切位置となっています
折角の大きい利益を逃すのは痛手ですが、まだまだ伸びる可能性も十分含んでおり
ダウルールの魅力は利益をとことん伸ばすことにあると思っています

しかし、自分も人ですから、含み益がなくなるのはできればない方がいいです
この大きくドーンと動いた時用としてなにか利確ルールを取り入れようかな・・・
どうしようかな思っています、
そもそもの利確ルールを作って、リスクリワードを見てエントリーする普通のトレードにするか
今のままダウ崩壊まで持ち続けるルールで、すごく大きい収益を得れる可能性を残したままにするか

ちびちび勝って ちびちび負けるか
ちびちびちびちびちびちびと負けて どかーんと勝つか

結局はスタイルの違いで、そのどちらを取るかになりますが


現状はダウ崩壊まで待ってみる方向性でいきたいと思います
いずれ、ここは変わりそうだな・・・

今はまだ 一貫したルールを運用させることなのでより簡単なルールで踏ん張っていきます!



③上昇トレンド確定しロングしてトレンド崩壊して損切になった後に再度上昇トレンドに入ったらロングするかどうかです

今週でいうニュージー円の2連発損切が気になりました
トレンド転換後の一発目だけ入ってあとは見送るっていうのも優位性がありそうですよね

上昇トレンド確定でロング、トレンド崩壊で決済、
その後トレンド転換でショート、トレンド崩れて決済、再度、下降トレンドでショートするかどうかです

前のトレードが勝った、負けたからどうするということではなく、
トレンド転換後の一発目は必ず、第3波確定からエントリーすることになるので強いトレンドが期待できます

しかし、一度崩れてから再度トレンドが出たポイントは、まぁ第3波もあり得ますが、第5波とか、C波の可能性もあるので
そうなると大きい収益が見込めないのかな

という事で、ここはルールに追加していこうと思います

目線転換後の一発目だけエントリーする

これは結構重要な事かもしれません
このフィルターにより、先週のユーロドルのショート、ニュージー円の2回目のロングはエントリーできなかったことになります


④上記に近い内容なのですが、目線について新しくルール付けです、これは決定案ですかね
たまーに迷うときがあるので明確に定めていきたいと思います

戻り高値を抜けた高値を抜けてから上昇トレンドと捉える
押し安値を割った安値を割ってから下降トレンドと捉える

これでエントリーが遅くなりますが、より安全をとっていこうという事で
このルールを採用します

従って、目線が上昇トレンドからいきなり下降トレンドに変わることはありません
必ず、トレンド崩壊というトレンドレスの状態を入れてから、転換かもしくは再度同じトレンド発生かになります

この④と③により、よりエントリーを絞っていけそうです

この④ルールにより、今のカナダ円はロング取れない事になります


ただね、ショートの場合だと乗り遅れそうなんですよね・・・
検証不足の経験不足なのでまだフラついていますので
とりあえず、このルールを採用という形で様子を見ていきます



⑤ヒゲを波としてみるかどうか・・・

オージードルかオージー円を見ていただきたいのですが
一度大きく上昇しましたが、大きな上ヒゲを作って引けました
相場を波で見る時にヒゲ先まで波として捉えているのですが、そうなるとヒゲでも高値を抜けたことになってしまいます

そう波を描く(高値更新)となると、押し安値は一個上に移動できますが
実体で抜けないと抜けてないと判断するというルールを設けているので
ここの逆指値は移動できません、結局下に落ちてきて切られてます

さて、どっちがいいのか?

・・・どっちでもいいんでしょうね、でもここも一貫した見方をしないといけません
波をみるときにヒゲを無視するか、ヒゲでも抜けたことにするのか・・・

・・・・・・

うーむ、やっぱり確定足で実体抜けを見たほうがより安全なので、波でイメージするときはヒゲは無視する方向でいきますかね!
つまりこのオージードルはきれいなWトップからの反落という波の捉え方になります


このぐらいかな、今週思ったことは・・・

おもったよりも濃ゆい内容になってしまいました

ダウルール、なんて単純、単純って思ってましたが全然単純じゃありませんね、
単純だからこそ、細かいところまで見るようになり、続けるからこそ気づくこともあるので
このまま軌道にのってくれば、いいサイクルになっていきそうです


あとは、この気づきを検証で落とし込めれば、もっと早く成長できるのかぁ・・・?


と、今週の結果は
-8843円で、今の含み益が5500円ぐらいです

今は270pipsぐらい含み益ですね
んで負けは420pipsぐらい・・・


今週の含み益maxでは+500pipsまで行きました
んで終わってみれば、-400pipsの確定損と270pipsの「未」確定益ですか・・・笑

もうすこしやっていかないとまだこの数字を出すのは違うかなとも思います

4時間足でのんびりトレードしているので、結果が出るまで時間がかかるのは仕方ないです



では、来週はルールに

戻り高値抜けの高値抜けから上昇トレンド
押し安値割れの安値割れから下降トレンド
目線転換後の一発目だけエントリーできる

を加えてやっていきたいと思います!



やっとスタート地点にたったかな・・・?、ここからが本当の勝負です
やはり、この言葉がすごくしっくりときている感じがします

なぜ、あのタイミングでの発言なんだろう?
この記事でいつもと違うなにかを感じてもらったのか?と考えてますが、単純作業の繰り返し・・・?かな・・?
でも、本当にスタート地点にたったかどうか、これからスタートできるかどうかは本当に自分次第です

文章化できても、行動が伴っていないと意味ないですし・・・
でも嘘偽りはないブログですよ、負けたら素直に負けた言うし
出来なかった事もしっかりとアウトプットしているつもりです


自分でも今がスタート地点だったのか?そうでないのか?
今後の楽しみが一つ増えました
ポンドが大きく上げ始めましたね

H4単純ダウルールで運用中ですが、
現在のポジションは・・・

ポンド円L
ポンドドルL
ユーロ円L
ユーロドルL
ニュージー円L
ニュージードルL
オージー円L
オージードルL
カナダ円L
ユーロポンドS

です・・・単純ルールだとたった数日でこんなにとれちゃいます・・・
まぁ、今がちょうど目線転換、再度確定が続々と起きているのでしょーがないちゃしょーがないですが

検証だと4時間足レベルでも各通貨で月2〜3回ぐらいのトレード頻度でしたので
やはり、ゆくゆくは絞る行為をして精度をあげていく作業をしないといけないなと思います

ROTを落として通貨を増やすか、通貨を減らしてROTを上げるか
前者の方がいい気がする・・・


今のポジも仮に全部ストップまで行くことも
本当は考慮しつつトレードしていかなければなりませんよね・・・

さらにROTを落とさないと1トレードに付2%までだと10通貨で20%・・・笑

ちょっとリスクを取りすぎですかね


あとひとつ盲点でしたが、
含み益が400pipsぐらい乗っていた時に、その含み益も助けてくれてポジションを入れれたけど
含み益が下がってきてアラート発生・・・久しぶりにメール来たな笑


維持率はキープしたいので、次の足でどれか抜けるか
半分利確するとか、とりあえずの対策をなんか考えます


20日の朝7時の時点で各通貨でサイン出てましたが、スプレッドが異常でしたのでエントリーは見送りました
次の11時確定足、ここでカナダ円、ニュージー円(今週2回目)、ユーロ円、オージー円の4通貨にて
ロングサイン発生しました・・・

この時、ユーロ円は損切まで100pips以上あるのでルール通りで見送り、
カナダ円とニュージー円はエントリー
オージー円も本来は取れますが、ブレイク陽線が強く、損切まで遠かったので、
1本(4時間)待ってから、状況みて入る事にしました


ん?ちょっとまって、この裁量(スプレッドと見送り)を入れて・・・いいのか?笑


ブレイク確定で入らずに一本待つ・・・ここだけにフォーカスすると
押さずにそのまま伸びていったパターンだけがリスクで、
戻れば、その分損切まで近くなるので有利になる

なので、これはエントリールールに追加するにはいい根拠ですかね?
取り入れていこうと思いますが、
問題はその強いブレイクと普通のブレイクをどう見極めていく(判断していくか)
ここに一貫性を持たせないと、絶対気分でやっちゃいますよね・・・

現状はブレイク確定した次の足から入る、というルールですので
より下から入れればそれに越したことはないですが

目線転換=結局はブレイク確定ですので
ブレイク後って、たいてい戻しは入りますね、特に上昇は・・・?


戻しが入らなければ無視すればいい・・・ダメなのは伸びてからの飛び乗り・・・
そういえば、こういう大きくブレイクした後に目先の利益に欲を出し、ちょくちょくやってましたね
それで最終的に全部持っていかれる・・・
短期足を追いかけていた頃はさっきまであんなに上昇強かったじゃん!なんで勢いよく下げてくの?!
という感情でよくやっていたのを思い出しちゃいました


話はそれましたが、見送りする要因として、時間的なものもあります
これが7時の足と19時のブレイク確定足だと、見え方が違う気がします・・・
19時だとさらにここからググーンと伸びるかなとも思いますし、朝7時だと・・・ってなります
そういった裁量も経験で養われるな・・・なんて思いました

にしても、そう考えていくと完全なルール化、文章化って無理ですね
これが、同じルールでも勝敗が分かれる原因なのでしょうか?



たまたま、今回は特にポンド系がこれから強くなる展開が見えるので
含み益も合計で450pips→一旦150pipsぐらいまで減りましたが・・・
現在22時で250pipsほど、まぁ今回のポンドは多分大丈夫ですが、

いずれトレンドレスになった時に、エントリーにフィルターかけないでこんなにポジション量産していくと絶対やられますね
それでも、ダウ反転まで利益伸ばせれば勝分が大きくなるのでトータルではプラスにもっていけるのではないかと思っています・・・
トレンドが出ない時期が長い事続くとダメですが・・・

逆に言うとトレンドかどうか計るルールをエントリーに加えればパフォーマンスは上がる・・・はず

まて、まて、焦るな・・・

今はルールで運用する癖をつける段階、、、まだまだスタートラインで、第一段階、
ベース手法の単純ルールにしておきます、最低限ルールというか、要のルール作りの段階と思ってます


今回のポンドのように押しが無い急騰パターンですと
ダウ反転まで決済されないので、含み益から一気に損切というパターンも考えられるので
一度、押して再度高値更新してくれると決済ポイントがトレールされるので安心です


・・・折角の大きい利益が無くなることもあると考えると
やはりダウ反転以外の利確ルールを定めたいなぁ、と思いずっと考えているのですが
決済ルールに追加できるような、簡単な反転サインは何かなぁ?と考えると

トレンドライン抜けかMA抜けかなぁ・・・
しかし、このそれぞれの反転ポイントをよく検証してみると
MA抜け、トレンドライン抜け、ダウ反転ポイントが結構重なっている事に気づきました・・・笑

(トレンドをしっかりと付けている場合)

結局どのサインで運用してもさほど成績は変わらんっちゅうことか!?


まぁそれでも、精度はダウ>トレンドライン>MAかなぁって思ってます

ダウは4時間でダウを根拠に見ている人、トレンドラインは引く人だけ(それも引く箇所が同一でないと意味ない)、
MAはMA20見てる人だけとどんどん絞られ効きが減る気がします

(はっきりとしたトレンドが出ていなく、目線だけでトレードしているような大きくレンジ相場では、トレンドライン>ダウかなぁ・・・)


本来ならば、利確よりもエントリーを絞るルールを追加すべきと思いますので
ルールを運用させることに慣れてきたらまずは、エントリーを絞る行為をどう定義するか?
なにを根拠にするか?を考えていきたいと今はぼんやりと考えています

決済ルールもいずれの課題になるだろう・・・、ひとつひとつつぶしていこう


今の目的を明確にすると、単純作業の繰り返し!ですので、

しばらくは・・・そうですね2月ENDまでは
ボコボコにやられてもダウ理論だけでやってみようと思います!笑

今週のトレード結果です


まず先週からの持ち越しポジションが約定しました

ドルスイス +55.0pips
ニュージー円 -20.2pips
ユーロオージー -120.3pips

計 -85.5pips -2215円


そして今週のお試しM15短期足トレード

ポンドスイス -25.4pips
ポンド円 -20.0pips
ポンドドル -9.3pips
ポンドドル +50.7pips
ユーロオージー -38.0pips

計 -42.0pips +1917円


今週 計 -298円

一見負けばっかりですが、ポンドドルの50pipsがかなり効いています
チャートは省きます・・・もう次なる手法を運用中なのでライン、矢印を消してしまいました


今週は先週からのポジション決済、
先週宣言したN波動のマニアック手法ですが、一回もトレードチャンスがなく

環境認識からのチャンス通貨絞り込み、短期足でトレード・・・も

やってみましたが、15分足が想像以上に展開が早くついていけてない感がありました
これにやや、ストレスを感じたので続かないと撤退です

そして前回記事で9年目ということで振り返り
まずは単純ルールを繰り返すことから始めてみようと


4時間足のダウ理論で目線を付けてひたすらその目線を追いかけるトレードをする

これをやってみようと思います


エントリーは目線確定で入り、目線反転で決済(逆指値だけ入れる)という形にします
利確位置をあえて設定しない、目線反転でポジションをクローズする

ここはちょっと悩みました、次のサポレジに利確をいれようかなぁ・・・とか、しかし!
そうすると、次のサポレジを定めるという高等作業が発生するので次第に感情が入ってきて単純作業にならない気がします
まだまだ初心者なんだという自覚を持ち、余計な判断をさせない方向に持っていく事にします

それに目先の利益よりも今は単純作業の繰り返しを優先する!ことが課題なので

欲をコントロールするんだ、いい修行なんだと割り切ります

これがひたすらできるようになったら、次の課題にぶち当たるだろうから
またそれから考えていきます


それから追加したい売買ルールとしては
ROTは週間で固定値、
エントリー時にストップまで100pips以上の時は見送りする


しかし、ダウで目線付けて単純にトレードってイメージするとめちゃめちゃ簡単に思えますが
完全システムではないので、人によって誤差が出てくる気がします

抜けたか抜けてないかの判断、戻り高値、押し安値の位置・・・

できるだけ単純化にしたいというより、自分の中でブレてはダメなので
抜けた/抜けてないというのは4時間足確定時のローソク足実体で判断していきます
ヒゲだけの抜けは抜けてないと判断で統一
これにより4時間足確定時にだけ判断するという大きい単純化となります

あとは高値、安値更新確定で損切位置をトレールする作業も確定足で判断する

ということで4時間足トレード、確定足ごとに判断するゆったりトレードになりますね
指標や日、週跨ぎなどはフル無視します

あと、夜中3時は確実に見れないのでこの足だけはしょーがなくなかったことにします、
それより、統一化できていれば問題ないと考えます


問題は戻り高値と押し安値の位置・・・もうパッと見て目立つところに置くしかないなぁ
スキャルを止めてから、ストップはほとんどここに置いているので大分慣れてきてはいますが

チャートみて波の見方も人によって違うと思うので
そうなるともちろん、戻り高値や押し安値がどこになるのか?も人それぞれですよね・・・?

自分の中で統一した見方ができていればいいのですが
まだそれができてないだろうと考え、ここは運用と同時に経験を得ることにします


とりあえず、こんなところでしょうか?

金曜日の23時時点でこの手法でユーロドルSとニュージードルLを持ちました
同時刻にユーロオージーも下確定でしたが、ストップまで120pipsあるので早速見送りです

あと通貨は今まで通り12通貨みてポジション、リスクを分散させるようにします
検証では、対円など、ボラがある通貨の方がいい成績でした
まぁ、それは追い追い考えていくという事にして…
ロットをさらに半分にします、最近、どんどんロットが落ちてきてます


まだルールに盲点があるかもしれません、この土日でも振り返ってみます
4時間足ダウは以前検証したものを引っ張り出して再度今のルールに置き換えてみて
データ取りというより、ルールに盲点がないか確認してみます

来週のROTですが、2千通貨固定です
いちよMAX損切が100pips以下なのでそれが資産の2%以下となるように
毎週資産に応じて算出していきます


では、淡々と!ふと週中で思い出したい、今、何が大事か?
目的を意識してがんばっていきます
いよいよFXも今日で9年目に突入!という事で
人生の1/3はFXに捧げていると思うと、なかなかここまで来ること自体難関なのではないかと思います
絶対に勝てるようになるまでやり続けます、諦めません

それが自分の良さです
「続けていくこと」

思えば、バイトも高2から専門卒まで4年間同じところ、その一つしか経験なく
仕事も専門卒業してから勤続11年目です

一度決めたら、最後までやりきるタイプで、熱中すると他へ浮気しません
有言実行というか、責任感の塊みたいなもんです


ただ、基本、他人を舐めてます・・・言い方悪いな・・・
とにかくスーパー態度でかいです、これは自他ともに認められてます
これに関してはおそらく1%以下の人材です 笑


態度は一流なので最初は警戒されますが、
行動でカバーしている(笑)のでたいていはすぐに良好な関係へと発展していきます

たまーにいますが、合わない人とはずっと全く合わないです
そんな人は自分にとってはどーでもいいのです 笑


意外でした?ブログだと基本的にFXの事しか発信しないし
文章も丁寧語に変換しているので意外かもしれません


続けて、目立つことや、黒白はっきりしている事が好きで
物事への拘りが半端ないです、職人気質というのですかね

バイク2台を分解してそれを1台に合体し、純正にないカラーに全部分解して塗り直したり
散々ロン毛パーマで縛っていたけど、突然ボウズにしたり

よく自分にとってのあるあるなのは、売っている物で満足いくものがないと
仕組みや構造、作り方を調べて自分で作る事です

ホームセンター大好きです


とにかく人と一味違ったモノやコトを好んでいることは確かです


そのせいか、想像の斜め上に行くと言われることもあります(意味はニュアンスで


ただ、常識人ではあります、さっきの人付き合いのくだりの行動でカバーという部分でもあります
やるべきことはしっかりとやります、そこで自分の人間としてのバランスが取れてる感じです


基本的に自分を縛るルールや束縛が嫌いです、
なので逆転の発想で決められたルールを変えることを考えたりそういう事に力を注いだりしてます


ただ常識人なので、ルールを無責任に破るわけではなく

常にグレーゾーンを走っていく感じ?ですかね・・・?


基本的に自分から喧嘩は売りませんが、
筋違いや間違っているものはとことん攻めていきます

自分の意見は早々曲げません、が間違っていたら素直にごめんなさいします


と、たまには自分の話でも・・・

他の方のこういった記事をみるのも結構おもしろいですよね、
自分は割とそういう人間性を見ていたりします

もちろん、文面だけなので全然想像の世界ですが・・・



FXに話を戻します


先週の段階でトレードの手法があやふやになっているので
スーパー単純化してそれを続けてみようとH4のN波動を取るスタンスでずっと見てましたが
今週まだ一度もエントリーチャンスが来てません笑


しんさんがコメントくれたように、週足、日足の方向性の一致、
その上でのH4レベルでのエントリーなんて早々来ないですね

1月に入ってからH4でのトレードをしてきましたが
狙いは常に100pipsオーバー、だいたい120、130〜200〜300とかです
ストップは50〜80pips辺り
そんなリスクリワードでトレードをしていましたので
1月での利確できたトレードは本当に数回でほとんどが損切という形で終わりました


損失で終わった原因をもっと追究していくと
リスクリワードが悪いとかじゃなくて、エントリーの絞り込みも環境認識もしっかりとできていなかったからと考えます
もっと環境認識がしっかりできていて且つエントリーの絞込みができていたら損切になったトレードが減り、
もしかしたらトータルで利益が残っていた可能性も十分あります

大きい利益でカバーしていく手法なので、こういった短期的に見るのではなく
ある程度続ける期間を設けないと分からないのでは?と思うと同時に
やっぱり勝率はある程度確保していないとメンタル的に困難だとも思っています


そこで前回コメントを頂いてから、一旦原点に帰ってみようと
勝てるようになるためにこれから何をしていくべきかを今一度考えてみました
一旦、悩みすぎて、何を悩んでいるのかわからなくなるぐらいグルグルしましたが
何をやるべきか、何をしていくべきが答えが出ました


やっぱり単純ルールの繰り返しです



しかし、先週に定めた単純ルールがちょっとマニアックで微妙なものだったので
今のところトライアル&エラーができません

であるならば、1分足にMA2本出してクロスでトレードをしていけばいいのでは?という発想もありました
ただ、今はスキャルは封印しておきます・・・

残念ながら、成行でルールが守れるとは到底思えません
それで散々ダメでしたから、急にそんなできるとは思えない

過去検証すればいいのか・・・?


と同時に、今一度振り返った時に考えた、さっき挙げた環境認識と絞込みができなかったという事
この2点を網羅した取引ルールでないとなんか気持ちが悪いなぁ・・・と

ということで今一度取引ルールを設定し直そうかと思っています


環境認識でチャンス通貨の絞り込みをしたのちに短期足でトレードしていこうかと思っていますが
試しにやってみて、15分足のトレードしてみましたが
最近4時間足ばかり見ていたせいか、動きが早くてついていけてない感じがします


ただ、環境認識と手法を分ける事は優位性が高い気がしますので
週足環境認識の4時間足トレードとか、考えてみたいです


ただ今やるべきことは、繰り返す事ですので単純ルールにして、
4時間ごとにチャート見るぐらいが今はちょうどいいです


となると、検証でも結果の出た単純ダウトレードになるかな・・・と

ただこのルールだと利確という概念がないので目線転換=損切=利確となります
なので、一度大きく含み益が乗った後にダラダラ戻されるのが耐えられるか微妙ちゃ微妙です

この単純ルールにいきなり付け加えて運用していたのでこの結果になったのですからね
でも、これでは前に進めないのでひたすら目線だけでトレードしてみようと思います

そして定着してきたら
これを軸にしてルールを追加していくというやり方で行こうかなと思っています


ちょっと勝つとか負けるとかという視点でみるのではなく
ただただ同じことを繰り返していくという事に視点を置いて踏ん張ってみます

暴走トレードも完全になくなったし、多分、やればできる!


それとここ最近心境に変化が出てきているのは
資産を増やす事よりも、ルール(指値、逆指値)を守る事だったり、
自分の行動や判断を重点的に見る考えになっており

今は成長するにはいいメンタル環境な気がします


まぁ、そんなのはいいや、目の前の課題は繰り返す事
これがFX9年目の答えです
来週から単純4時間足のN波動ルールを淡々とやってみると宣言しましたが
やはり環境認識というか上位足も大事ですな

最近は上位足の環境認識から入るスタンスでチャートを見る癖で慣れてきたし・・・


と、チャートを追いかけながら考えてまして
各通貨でにらめっこしてましたがやっぱり単体足で「形だけ」でやみくもに入ってもダメだ
いくらN波動のおいしいところをかっさらう手法といっても・・・単体足での分析だとなぁ

それでふと思い出した、
ひたすらH&Sを狙っていた時と同じにおいがする・・・


月間大きく勝てた月が2年ぐらい前にあって確か1月だったなぁ

その時ユーロドルだったと思いますが、H&Sを5分足でひたすら狙っていたんですよね
月前半で30%とか成績が出てて、このままだと月間で50%いける!なんて思っていたけど
月後半になって通用しなくなって、結局月間で勝てたには勝てたけど微妙な感じだったな

あの時は理解できてなかったけど
今思うと、あれは上位足がキレイに下目線だったんだろうなぁ思います
月後半になって流れが変わって
5分足H&Sが通用しなくなって、結果やめた というね


そうだよな、やっぱ上位足の環境認識だよね
手法は形の部分、チャートパターンと同じと考えるとそれだけで勝てると思えない


ということで、今回は日足のトレンド且つ4時間のトレンドが重なっているを環境認識として前提にし

ここから単純手法で
4時間足にてN波動の頂点を抜け確定の次の足からエントリー

損切は押し安/戻り高
利確はNの先っぽまで
リスクリワードが1:1以上キープできない時は見送り


という感じでやっていきます

単純に4時間のN波動だけを拾っていくと16通貨だとものすごいトレード数になりそうなのと
であれば、今の課題の勝率を上げるに貢献してくれそうな日足のトレンドと一致だけを狙っていきます

さて、さて、この判断が吉とでるか?


今持っているポジションは
ユーロオージーL、これは日足がトレンドレスなので本来はNGとなる
ニュージー円S、これも日足はトレンドレスなので本来ポジれない
そしてドルスイスL、これは日足上目線なのでOK、さらに言うと週足も上目線というアツい通貨
先週ギリギリリミットに達しないでV反転したポンドドルS、これも日足上目線なので本来はNGだった


ちなみに週足と日足の目線を入れると、ほとんどトレードができないので日足の目線だけにしました


日足の目線、4時間目線一致での1時間トレードにする案もありますが

やはり4時間ごとにチャートを見るぐらいがちょうどいいですね、今は笑


とりあえず、来週からこんな4時間足トレードを2月ENDまで展開していきます!
今週のトレード結果です

ポンド円 −40.1pips −1604円
ユーロ円 −30.0pips −1200円
オージードル −60.6pips −2665円
オージー円 −70.0pips −2800円
ユーロオージー −40.1pips −1261円

計:−9530円 −240.8pips


ポンドドルS −50.1pips −2200円
ドルスイスL保有中
ニュージー円S保有中
ユーロオージーL保有中


計:−50.1pips −2200円



上と下で分けたのは手法の見直しをしました・・・
上は旧、下は新です


今回の週間報告がかなり長くなってしまったのでチャート貼るだけにします
ポンド円
19-02-08-01-gbpjpy-h4-yjfx-inc.png

ユーロ円
19-02-08-02-eurjpy-h4-yjfx-inc.png

オージードル
19-02-08-03-audusd-h4-yjfx-inc.png

オージー円
19-02-08-04-audjpy-h4-yjfx-inc.png

ユーロオージー
19-02-08-05-euraud-h4-yjfx-inc.png


纏めますと、今週はオージーのポジションに偏っていていました
単体通貨で見てもチャンスに見えて、月曜日から火曜日早朝にかけてとりました
火曜日午前中に大きく走った時は勝利をイメージしました、
特にユーロオージーは150pipsぐらい伸びており、ウキウキしつつ寝ました

利確までは届かず、次の日、水曜日午前中、一気に逆行してバシバシ損切されました・・・


ユーロオージーは約150pipsぐらい伸びてからの損切ー30pipsです・・・

他のオージー系も含みがそれなりに乗っていましたが
水曜日に一瞬で全部切られました、
計+200pipsぐらいの含み益がたった10分ぐらいでー100pipsです

そんでバシッバッシッと音を立てながら切られてしまい・・・


この瞬間、いつもだったら

あれが発動しますね、


「暴走MODE」


今回も大丈夫でした、封印から4か月、もうその手には乗らないぜ!負けないぜ!


一瞬危なかったですが、、、この自分に勝った事をブログに書きたい!のをイメージして
ダメでした!ということがないように切り替えました

とにかくこの暴走モードがなくならないとお話になりませんからね


まぁ、メンタル的には大丈夫だったのですが、また振り出しに戻った感がでてきまして
1か月たったことだし、反省、考察した結果、ルール見直しをいたします
得意のね



1月中旬頃から1時間足の第3波狙いのトレードから
4時間足トレードに変更しました

この4時間足トレードですが、単純にダウ理論で売買を判断する単純ルールです
検証ではこのダウだけでも十分勝てる見込みがあったので
チャネル抜けからのダウ反転確認、半値押しからの第3波狙いという複雑なH1第3波ルールを止めて
4時間トレードに変更したのですが、実際やってみて、売買ルールがあやふやでした


トレードを振り返ると分かりますが、一貫性がないです
調べていくとブログにその答えが書いてありました

最初から高望みしているのが原因と分かりました


〜以下、1月2週目の記事〜
ルールがダウ理論なのでものすごく簡単で、第3波を取るという今のごちゃごちゃしたルールと違い、再現性がものすごく高いです、それなのに第3波ルールより全然取れてます

これにエントリーは短期足でタイミングを計り、都度利確を設定しながらというトレードしたら・・・

これだ・・・

来週からこの単純ルールをベースにトレードをしてみようと思います
すぐに結果が出るか分かりませんが、最低でも1か月?以上挑戦していきます

〜〜


確かに単純なルールを「ベース」にと言っており、最初から色々付けたししようと欲が見えてます
検証ではその単純なルールで検証したまでで、付足し部分の要素は未確認です
検証の段階で確かに利確に関してはルールを加えればもっと取れると思っていたからです

なので、この1か月のトレードを見ても、バラバラですよね
特に利確位置は毎回違いが出ていて、どうしても欲張ってしまう
利益を伸ばすのもいいですが、利(確定)せにゃー勝てませんので

そのせいか、エントリーもパターンで入るというより、流れを見てその流れに乗っかるイメージでした
結構自由にエントリってたと思います

チャネル下限から打ってみたり、日足の第3波中だからもっと伸びると利確を遠くにしたり
と、自分にいいようにいいように解釈していた部分があって、欲がちらついており、
どこで入ってどこで抜けるか?が明確に定まってませんでした

ここでひとつ見えた事「損切」 だけはもう文句なし、笑



さて、ここで纏めてみると自分の課題としては

単純ルールを淡々と繰り返す事を一度やってみて本当に成果が出るのか?
を自分で実践してみてはどうかと


考えれば今まで何度もこの思考というか結論に達していましたが
ルールを守り抜く事ができたのかい?というと

ないです

Naiです


今週オージー系バシバシ切られて凹んでいたら奥さんからルール守らないからだ!と言われ
とっさにルールは守ってんだよ、守っても勝てないんだよ!
と返しましたが、

ごめん、

暴走しないという超スーパー最低限のルールを守っているだけでした



というわけで、再び単純なルールを作りました


4時間足にてダウ理論でトレンドが発生している
N波動の頂点を4時間足にて抜け確定の次の足からエントリー

損切は押し安/戻り高
利確はNの先っぽまで

リスクリワードが1:1以上キープできない時は見送り



最近の進歩として、相場を波動で見るようになってきました
波動を勉強するとN、E、Y、Vがよく見られますが、中でも基本的なNに着目します

今回このルールに至った経緯ですが、
そもそもずっとトレンドフォロー手法でやってきていまして、第1波の後の第3波を取ろうという手法です

第1波が確定しているということは、既に第2波の調整が入っているわけですが、これがどこで反転して第3波を形成するのかは分かりません
そもそも反転するかも分かりません・・・はいいとして

それでは、反転を確認する作業(トレンドラインや、短期のWボトムなどのチャートパターン)をしてからエントリーすればいい話だけなのですが、
最近、ここに一貫性がないのであやふやになりがちで、いいように解釈してしまうので反転していないのに入ったりというケースも多々あります、
従って考えた対策は、そもそも根っこから取る事を諦めようと思います

反転したからといって大きく伸びる第3波が発生しないことも多々ありましたし
今週のように上位足に押されて大きく反転するパターンもありますし



つまり、反転を確認しつつ、トレンドが確定したところから(よりセーフティーサイドに考えて)乗っていこうという事です
トレンドが確定ということは、ダウで言う高値安値の切上げ切下げなので
上昇で言うとNの頂点を抜けた瞬間から上昇トレンド確定なのでそこから入って
直近のN波動をイメージしてNの先っぽまで取ってやろうという事に収まりました


今回はあまり検証作業はしていません、軽く各通貨のチャート振り返ってみてこれはいけそうだと判断しています
そもそも、数字どりの検証作業をする前に、一貫したやり方で相場をのりこなせるのか?という問題の方が大きい気がします
検証でいくら結果がでてもそれを運用できる力がないとできません
現にいまはそのギャップで勝ててないです

自分で手法を構築する前に一貫したやり方で相場をこなせるのか?の課題の方が今は先にある気がします
これを乗り越えられたら、それから考えます


もっと簡単なMAのルールとかでもいいのですが、どーせなら今自分の中で流行っているN波動でやってみます

あと、このルールでは4時間足確定というのもポイントです
トレンドフォローというより、どちらかというとブレイク後の動きを取りに行く事になるので
ダマしを避ける為に足確定というルールを加えます、これが結構効くと思うんすよね
なので4時間足確定の時間になったらチャート見てエントリーを探り入ったら後は放置です
放置というのも随分とやってきたのでもう慣れっこです


最近の手法というかやり方でも、正直、勝てると思ってます
現にこの1か月結果的には少しのマイナスで終わってます(はい、負けてますが)
先週のカナダ円、オージー系を週持越ししてちゃんとリミットまで引き延ばせていたら、無駄打ちが無くなってきたら・・・

でも、それでも

あまりにも勝率が低すぎるのです


なので今回は勝率に拘ってみました
すこしでもいいから希望、自信をつけたいのです

これでも30とか20%ってなると・・・また考えます!

もう、暴走しちゃうぞ


まぁ、今回はエントリー、利確の位置が明確なので再現性が高く
それにより、取れたデータに信憑性が出ます
さらに仮にトータルで勝てていれば、自信も出てくるはず


とりあえず、またしばらく、運用してみます
そうですね、キリよく2月いっぱいまで
エントリー数が多くなる場合は通貨を途中で絞っていくかもしれませんが
やり方は変えずに行こうと思います

まだまだ、これからです




とここで、早速、新手法のトレード結果をみていきます
ポンドドルSですが利確の80pipsまであと2pips届かず
ー50pipsの損切になりました

これはもうほぼ自分の中では勝ったトレードだと解釈しています 笑


あと保有中は
ニュージー円S
ドルスイスL
ユーロオージーL

ニュージー円とユーロオージーは
Nの足元が大きいので値幅が大きく・・・ぶっちゃけ自信ないです!
が、それを越えていかないといかんので

また、週持越しとか指標とかそーいうのカンケーなし、
指値、逆指値に刺さるまで淡々とやっていきます



最近また、訪問者数が減ってきています
それでも毎日、毎週のように来ていただいている方、貴重な時間をありがとうございます
絶対最後にはひっくり返してやってやりますから、成長を見届けて頂けるとありがたいです

結局は 少数の勝組み/大数の負け組の差は
続けるか諦めるかの違いがまず一つ目の分岐点だと思いますので
遅かれ早かれ続ける奴は成功できるとチャンスを手にしたままと思ってます

ここまで読んで頂いて、自分の思いが伝わっているとうれしいです

それではまた来週、いい報告ができるといいな
今月のトレード結果ですが
なんと-26%・・・いかんせん負けすぎでは・・・

初期投資:119,949円
残高:88,246円

トレード数:18回
勝率:16.7%

平均利益:+118.8pips
平均損失:-57.3pips

計:-31,703円 -445.8pips -26.43%


これはいかんせん負けすぎですわな
ルール通りというか、暴走トレードはなくなったにしろ
勝率が悪すぎて全然勝てるようになりません

年始は大きく動いたクロス円の戻り売りを狙ったので
それで各通貨負けが多かったイメージです


今月は途中からもうこれは再現性が低い、リアルトレードでは勝てないかなと
H1の第3波狙いを一旦やめにして、
もっと単純ルール、4時間足トレードに変更しました
これにより多少後半は挽回してきましたが
それでもこのルールでもまだ勝率が伸びていかない状況です

ちょっと利を伸ばしすぎているというか欲張りすぎたかな・・・


2月はこれらを生かすために「利確」していこうと思います
ストップはもう決まっているのでそのまま変えませんが
難しい利確、欲張らず見えている目標にとりあえず置く作戦でいきます



いままでスキャルをしていた頃は月1か2回頻度で暴走トレードをしてきまして
その度に積み上げた利益をふっとばし大きくドローダウンというのを繰り返してきましたが
去年の10月より、この暴走トレードをしていなく、メンタル的には順調です

自棄になって感情トレードすることはもうないので
あとは手法自体が機能すれば大丈夫なはずです

今みたく、週間ごとのスイング気味なトレードを展開していってがんばっていこうと思ってます
今週のトレード結果です

スイス円 -50.7pips -2008円
ポンド円 -70.0pips -2800円
ポンドドル -40.0pips -1743円
ポンド円 -20.1pips -804円
カナダ円 +91.8pips +2754円
オージー円 +98.2pips +3928円
オージードル +68.1pips +2970円


計:+77.3% +2311円


あらら、今計算して思ったより利益が残ってなかった・・・
そっか週前半の負けが割とあったのか


トレード詳細です

スイス円
19-02-01-05-chfjpy-h4-yjfx-inc.png

日足にてまだ下目線継続中ですが、4時間足反転確定、その戻しを待ってからトレンドライン抜けでエントリー
しかし、エントリー足で上ヒゲ付けてそのまま下げていき押し安値割れで損切
4時間足反転でも日足MAがまだ上にいるので半分期待感で入った感じです
もっと根拠を付けたかったかなと思ってます


ポンド円
19-02-01-02-gbpjpy-h4-yjfx-inc.png

先週大きく取れたポンド円ですが、第5波狙いでのエントリーです
この欲張りが裏目に出ましたね~第3波で波完成→調整局面
このパターンをもっと体にしみこませないと
1回目は押し安値反発から入りましたが、エントリーが早い
直近高値を超えることができずに失速、損切
押し安値を割って戻し、ネックから再度下げてきたので完全に売り目線です
が、チャネル下限からの反発を見てビタビタでネックラインまでの逆張り
しかし、金曜日にこれまたギリギリで損切にささり、そこを起点に上げてきている展開・・・
まぁ、しょーがないですね


ポンドドル
19-02-01-01-gbpusd-h4-yjfx-inc.png

こちらは押し安値+緑の大きいチャネル上限を抜けてからの戻し+水色チャネル下限
短期でのWボトムも確認、それなりに根拠があり直近高値か、失速しても高値切り下げラインまで狙えるかな思ってましたが
そこまでも届かずに、ジリジリと下げていきチャネル割れであ、これはダメだな覚悟しましたが
やっぱり届きました、そしてこれもまたギリギリストップに刺さってまた少し戻し始めている
でもストップは変えられないですからね、仕方ないです


カナダ円
19-02-01-06-cadjpy-h4-yjfx-inc.png

うん、これはほんとどんまいです
このチャート保存時はまだ上げてないですが、利確後フィックスでぶち上げです・・・
先週から持ち越しのカナダ円です、ターゲットまで全然届かないので雇用統計通過後に
もう動かないかなと思って成行利確しました
日足も上昇、4時間足も上昇、先週の押し目の取り方もよかったです
結局しっかりターゲットまで達成したのに、最後の最後で途中離脱したのが悔やまれます


オージー円
19-02-01-04-audjpy-h4-yjfx-inc.png

これも日足上昇トレンドで押し目待ち、4時間足でのチャネル下限から反転確認してから打ち込みました
ほとんど含み損になることなく、上げていったのですが、ターゲットまでは届かず・・・
ちょっと欲張りすぎたかな、雇用統計無事通過してカナダ円同様でもう動かないかなと思い利確
利確根拠が薄すぎた、その後上げ続けてきました


オージードル
19-02-01-03-audusd-h4-yjfx-inc.png

これは割と読みやすい流れだったと思います
日足完全に上目線でチャネル抜け、4時間足での第3波、日足の第3波と重なった部分で取りやすかったかな
なので、自信があったので、ややエントリーも戻りが大して入っていないけど入りました
もうひとつニュージードルロングが狙い目と見ていて
オージードル入ったからニュージードルは押し目を待ってから入ろうと待っていたけど
ロクに押さずに上げてきました、ターゲットまで届きませんでしたが
これも欲張ったなぁ、ただ、一度上げてから下げ始めているところがチャネルだけですね
チャネルの効きが良かったですかね



今週のトレードは以上です

ちょっと利確ゾーンが遠すぎましたかね・・・来週はそこを考慮していきます
スイングと言えど、週間内で動く予測から利確を決めていきます


あと、エントリーもだいぶ良くなってきましたが
まだまだ早いのもあります、しっかりと動き出してから、リスクリワードは悪くなりますが
勝率は上がりますからね

というわけで来週も頑張っていきます

PAGETOP