メモです、最近感じた事とか忘れないように残しておく


相場は波で動いている
どの波を取りに行くのか?どういう波がこれから発生するのか?
テクニカルを使ってその波のイメージを作り
それに乗っかっていくイメージ

波で動いているから、エントリーから決済までの間に含み益や含み損が上下する
プロスペクト理論から、その上下中に途中離脱したくなるが
それを破っていた頃を思い出すと、結果的にあーやっぱりなという動きの方が多かった
予め決めた損切と利確に達するまでただただ待つ方がトータルでは利が残る

波のイメージができたら、リスクリワードのいいポイントまでしっかりと待つ
エントリー前に最初の損切は決まってる
その後の波次第で損切位置はトレールしていく

利確は波のイメージやテクニカル分析から入る前に定まっている


短期の波をイメージして取りに行くより、中長期の波をイメージして取りに行く方が簡単
短期の細かい動きに振り回されないのと、短期より長期の方が圧倒的に見られてる時間が長い
それに重要なポイントもパッと見たチャート画面上により多くあるから


短期戦だと自分の感情が入りやすい
長期戦だとしっかりと分析して根拠あるトレードがしやすい
またFBして反省する時間も設けられるし一つ一つを密にできる

ロットは小さい方が感情が入りにくい
一回一回のトレードに感情を持ち込まない

繰り返し作業で利益を残すには、勝率をあげるか、リスクリワードのバランスを変えるか



自分の分析を信じてトレードしていく、プラスでもマイナスでも後から反省して振り返る
これを繰り返していけば、その精度はやるだけ上がる


単体足より、複数足で分析する方が、そりゃ勝率は上がる
波が一致するまでは無闇に入らない


トレンドフォロー、トレンドフォロー


他のプレイヤーがどこで利食いするか、損切を置いているか、新規参入してくるか
これらをチャートから読み解く
波のイメージに加えて、一つのテクニカル分析として考える


色んな通貨ペアを分析した方が、それぞれの単体通貨の強弱が見えやすい
よって今後の流れをより根拠付けていく


テクニカルは複数で分析した方が、要は根拠は多い方がプラスに持って行きやすい
けど、たくさんあっても見切れないし、見辛いし、判断に迷いが出るケースがある
そうなるといい様に解釈したり、迷い自体は根拠を曲げてしまうので、得意なものだけを使う
また、その精度を高める方に力を入れる

広く浅くではなく狭く深くで


シンプルな思考、手法の方が勝ちやすい

・・・一見シンプルというと=単純に解釈しやすいが、
他人から見たらシンプルでも、使いこなしている人には膨大な情報量が含まれていて精度はものすごく高いはず

なので、自分で探し、自分で決めて、自分で実行して、自分で考察しないと
仮にそれが崩壊した時に、一度自分で成り上がった成功体験があるかないかで、
崩壊時のダメージ具合と次の一歩までの体制作りが全然違うはず

ファンダメンタルは意識しない
結局、テクニカル、チャートが全て
リアルタイムで動く数字の方が信用できる


不確実性な相場から、優位性を見つけてそれを自分の武器として闘う
もし仮にランダムウォーク、というか分からないなら、その通貨は通過しとけって話し


そして、上記、これら全て優位性


すみません、独り言です
スポンサーサイト
今週のトレード結果です

ニュージードル ショート -60.3pips -2647円
ポンドドル ロング +130.0pips +4276円
ポンド円 ロング +190.2pips +5706円
ユーロドル ロング -10.2pips -448円
ユーロオージー ロング -70.0pips -2207円
カナダ円 ロング 持ち越し

計:+179.7pips +4600円


ながーいスランプから脱出なのか?ついに週間プラスになりました!

ここ最近ずっと負け続けていたのですが・・・
「負け続けた」というより「損失続きだった」というべきですね

いままでのようにメンタル崩壊して自棄になって
「最後には負けていた」とは違うので損失が出たという表現にしておきます

どっちもどっちか


今週のトレードですが、なんといってもポンドの上昇に乗れました
ポンド円は+190pipsとか・・・生涯で一番の利益です・・・笑

しかし、4時間足軸にして損切までが遠くなった分、ROTを落としているので利益はそこまで大きくありません
まぁ、ちびちびやっていって勝てる目途がたったら資金を投下していこうと思っています


それでは各通貨の詳細です

まずはニュージードルから
19-01-26-01-nzdusd-h4-yjfx-inc.png

日足レベルの緑チャネル内の動きと見て下目線、チャネル上からの反発、ブルーのネックラインを割って
これは安値かチャネル下限までかなとショートエントリーしたが、残念ながらチャネルを抜ける上昇を見せました
これに関してはネックをしっかり割ってから入るべきだったか?それかピンクチャネル上からの叩きを確認してから入るべきだったかと


ポンドドル
19-01-26-02-gbpusd-h4-yjfx-inc.png

ポンドルは先週からの持ち越しロングです
先週、一度100pipsぐらい含み益が乗ったのですが利確ラインまで少し届かずにそのまま放置
今週頭で再度押してきて安値からの反発です
ポジションを持っていなったら、おそらく月曜の押し目から入ったと思います
この押し目下に損切入れていたので、ギリギリ損切に刺さらずに上がっていきました
利確は戻り高値に置いておいたのですが、さらに伸びてチャネル上限達成・・・
まぁ、+130pipsなので十分とれたとしましょう


ポンド円
19-01-26-03-gbpjpy-h4-yjfx-inc.png

反転を確認しないでしかもそこそこのリスクを背負ってロングしました
先週の戻り高値抜けの時点で今週はポンド円を取る予定でいました
月曜に案の定しっかり押しを見せたので、きたー!とネックライン戻りをしっかりと拾いました
しかし、本来なら短期足での反転を確認してから入るのがベストです、今後の改善点です

Wボトムを付けて本格上昇、直近高値抜けは見えていたものの
利確の戻り高値なんですが、4時間足レベルでもギザギザしていて・・・ここは止められるかなと
143円を抜けた時点でちょっと弱気になり(本来は143.3に置いてました)
結果142円80付近まで戻されたところで成行利確・・・
ちょっとビビってました、なので中途半端な位置での利確です

しかし、心の中で悪魔が、おい、200pipsオーバーだぞ?
どーすんだ?とささやかれ、利確やってしまいました・・・反省です

しかもてっぺんから落ちてきてから執行なのでへたくそです
なるほど、スキャルが勝てないわけです

まぁ、先週のポンドルの事もあったのと、利確は戻り高値なので
この細かいところを見て利確した背景があるのでよしとします


ユーロドル
19-01-26-04-eurusd-h4-yjfx-inc.png

ついに割れましたね、日足のフラッグ・・・
いままで何回も止められた事実から反発する可能性が高いという事だけで
逆張りですね、トレンドフォローじゃねーんかいと
先週記事を見てもユーロドルのロングで失敗して、目線が上になるまで待とうなんて
宣言していたのにあまりにもリスクリワードがいいので・・・笑

リミットは250pips、ストップは60pips
んで、週中から上に走った時は、これはもらった!と伸びを待ったのですが
失速・・・うーん残念でした
戻り高値を超えた時点で損切も-60→ー10に移動となったので被害は最小限でした


ユーロオージー
19-01-26-05-euraud-h4-yjfx-inc.png

これはずっとロングを狙っていて、木曜日の急騰に乗り遅れ・・・
その戻りからの第3波のイメージでブルーチャネル下限からロング入れました
が、まさかのオージーが強くなるというシナリオで折角ユーロ強くなったのに損切になりました
流れは上なので、来週、再度ロング入れ直すかもしれません


保有中のカナダ円
19-01-26-06-cadjpy-h4-yjfx-inc.png

こちらもポンド円と同様に先週戻り高値抜けの今週しっかりと押しを待ち
ネックラインからのロングです
ただこれもちょっと早かったのかなと、買いの判断が

もっと勝率を上げるなら短期反転を見てからでしたね

利確は水色のチャネル上の黄色ラインで、損切は赤いラインです
現在約70pipsの含み益です
さて、持ち越し、どうなるでしょうか?
直近の動きで高値を更新したら、損切がかなり小さくなるので早々に超えてほしいですわ



今週のトレードは以上でした
ポンド系で大きく取れましたが、その他の勝率が悪くてまだまだ分析不足と思います

今月プラテンは多分無理ですが、来週も頑張っていきます
今週のトレード結果です

1月15日
ユーロドル -35pips
ポンドドル -100pips

1月16日
ニュージードル -30pips

1月18日
ユーロドル -50.2pips

その他
ポンドドル ロング保有中

計:-215.2pips -9256円


今週も負けてます
ただいまかなりの連敗中です
絶え所ですね

今週から時間軸を4時間足に変えてます
基本はダウ理論での目線付けにしましたが、
第3波を狙っていくスタンスは変えません

といことで、トレード毎見ていきます


まずはユーロドルから
19-01-19-01-eurusd-h4-yjfx-inc.png

4時間ベースでは、買い目線になっており、日足でも反転、それ以上ではまだ下目線ですが
ロング2回です、一度目は日足MA反発を見て買い
2度目はピンクのトレンドライン反発を見て買い
しかし、この2回とも実はルール違反なのです
決めたルールでは、ダウ目線が固定してからなので、オレンジの水平線を超えてからのロングが正しいです

同時に検証も進めていて、この保ち合いを避けるためにも目線が固定してから入っていくほうが良いです
遅いかもしれません、乗り遅れるかもしれません、しかし、その気持ちがダメですね

ということで目線の固定を確認してから今後入っていきます
ここを守らないと、ルールの基本的な部分なので・・・

ユーロドルはフラッグでこのブルーのチャネルを割って下落継続するか
4時間足、日足レベルでの上目線転換によりここからトレンドが変化していくかの局面ですかね


次にポンドドル
19-01-19-02-gbpusd-h4-yjfx-inc.png

4時間足で上目線確定、引き付けてから買いたいところですが・・・ストップまで遠いけど1本目ロング
ストップまで100pipsですが、入って高値更新したのでストップが大分近くなりました(本来ならば)
しかし、大きく動く事が分かっていたのでストップはそのままにしていたら・・・切られました
そして全戻しからのバイーンで・・・まぁそうなるわな

切り下げライン引いて抜けるまで待ち、再度ロングを仕掛けました
ストップまで70pipsぐらい、リミットは次の戻り高値なので130pipsぐらいありまして
これは行くだろうと思っていたのですが、手前で失速し直近高値ラインも割ってしまい
また100pips超の含み益がマイ転、先週もこんなことがあったし、なんか気分が・・・
まぁ仕方ないです、リミットまで到達しないしストップも来てないのでまだ上目線だし
ここは繰り返し繰り返しやっていって精度を上げていくしかないですね


最後にニュージードル
19-01-19-03-nzdusd-h4-yjfx-inc.png


ここから第3波というとちょっと疑問ですが・・・目線確定によりエントリーしました
日足の形は結構いいです、大きくここから伸びる可能性も十分あります
と入りましたが、H&S作って下落へ、まぁ仕方ないです


今週もパッとしない結果で終わりました
9通貨にしてユーロポンド、ユーロオージー、カナダ円を見てなかったのですが
今週大きく動きましたね・・・それぞれ100pips超の利確ができたはずです・・・
なにかと裏目に出てます、気がしますが、それは自己責任
自分の力不足で、悔しいですが仕方ないです


資金が大分減ってしまってますが、これも回復を信じて
来週も淡々と繰り返していきます


ただし、基本的な目線ルールを守っていかねば!



検証結果を見ても各通貨でかなり取れてます
現在、ドル円、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル、オージー円、オージードル、
2018年の相場検証完了しました

勝率は55~65%ほどですが、リスクリワードも1:3とかポンド系は4とか
年間トレード数も20~50とバラつきはありますが
各通貨でも結果がプラスで出ています

これは前のH1第3波ルールとは違った簡単ルールなので再現性も高く
やればできると思っています

まだまだ尽きるまでがんばっていきます!
今週のトレード結果です


1月9日
オージー円 -100.0pips

1月11日
オージー円 -35.0pips
ニュージー円 -90.2pips
ポンド円 +36.1pips(途中離脱)
ドル円 -20.4pips(途中離脱)


計:-13408円 -209.5pips


今週も負けました、ここ最近勝ててません
特に今週は先週落下したドル円、クロス円その安値トライを狙って各通貨売ってました

しかし、ドル円が下げ止まっているので
ドルストの上昇により、クロス円の損切がかかり
戻り高値の損切も100pips上で届かないだろうと思っていたけどダメでした

今週のトレード、利確が直近安値なので全部取れると1000pipsを超えるトレードでした
しかし、損切まではもちろん遠く、ROTも固定しているので金額的に大きくなってしまいました


チャートは記録として添付しますが、全部似たような条件ではいっているので説明は簡単にします
今日は他に思っていることがあるのでそっちを優先してかきます

ではオージー円から
19-01-11-03-audjpy-h1-yjfx-inc.png

ニュージー円
19-01-11-04-nzdjpy-h1-yjfx-inc.png

ポンド円
19-01-11-02-gbpjpy-h1-yjfx-inc.png

ドル円
19-01-11-01-usdjpy-h1-yjfx-inc.png

こんな感じです、クロス円の中からユーロ円を選択しなかったのはユーロドルが上に走りそうだったのと
ユーロは戻りが鈍かったのでやめました

オージーとニュージーは戻りが良かったので早々に入りましたが
金曜日に切られました、オージー円に関して言うと、一度損切にかかってから再度入ってますがダメでした

ポンド円はエントリータイミングが良くて、100pips以上伸びましたが
ドル円と同じく、先の理由で途中で離脱しました


さて、今日の本題です
ルール見直し!


1時間足の第3波を狙うということで、去年の10月ぐらいからやってきましたが、今一結果は出ていない状況です
ただ、この3か月ほどの大きい収穫として、いままで散々できなかった決めたルールを守ることができるようになりました
ルールを守ってトレードする、たったこの一言ですがこれができるまでにものすごく時間を要しました


あとは、手法そのものに優位性があれば勝てると思ってやってきていますが
なかなか結果が出てこない状況であり、原因はルールが複雑になってきている?毎回ルール通りに入れてる?
一旦基本に帰ろうとルールを見直してみます


現在は第3波狙いの手法ですが、12月後半から2018年の12通貨を検証しています
あと少しで終わりますが、今のところ全ての通貨で年間トータルプラスです

しかしこの検証、後からできたチャートを見てやっているので実際ここでこうしただろうか?こう考えてこうなった気がするなぁ・・・とか一回一回止めてその時々の感情に浸りながら検証をしており、本当にこれで勝てるのか?不安になってきました
というか、もう一度同じ局面が来たときに同じ行動をしているだろうか?と不安になり検証の手が止まっています
こういった再現性が低いルールだとリアルタイム時に検証通りに行かないだろうと検証中にルールがダメだなと見切りを付けました


それから、見切りをつけたのにはもうひとつ理由があって、
この第3波手法、やみくもに1時間足だけのパターンで入っても勝てません
途中で上位足のエッセンスを加えて全てやり直し、そしてプラスになりました

それが4時間足の目線(トレンド)です、この一つを加えるだけでエントリーはかなり減りますが、厳選されたトレードになりました、
この時、日足の方向性と4時間足のトレンドだけでトレードしたらどうなるのだろう・・・?と興味本位にドル円、ユーロドル、ユーロ円ととりあえず3通貨、2018年の相場を検証しました

3通貨ともプラスでした


それも、ルールがダウ理論なのでものすごく簡単で、第3波を取るという今のごちゃごちゃしたルールと違い、再現性がものすごく高いです、それなのに第3波ルールより全然取れてます

これにエントリーは短期足でタイミングを計り、都度利確を設定しながらというトレードしたら・・・


これだ・・・



保有中だったポジションは金曜日に途中で離脱しました
来週からこの単純ルールをベースにトレードをしてみようと思います
すぐに結果が出るか分かりませんが、最低でも1か月〜以上挑戦していきます

そして、監視通貨を少し減らします、12→9通貨にします
1時間足の第3波狙いより、この4時間足のトレードの方がエントリー数が多いからです

それと、最近ROTを固定していますが
今週もいい時は含み益で+10%とか・・・−10%とか・・・
今週とったポジションが全てリミットに到達していたら+50%以上とか・・・・

ちょっとリスクを取り過ぎているので1トレード2%のリスクまでとROTコントロールを元に戻します


また、ルール変えるのか?とザワついてますが、第3波手法と言っても大元はトレンドフォローでダウ理論が主なので、つまりは基本に帰ります
エントリーが水平線になり、短期足でトレンドライン抜けやチャートパターンなど利用しつつチャネル、フィボを併用していきます
が、基本はダウ!です!

そして時間軸が大きくなるので優位性もあがるだろうという見解です


子供ができてから自分の時間がものすごく減り、こういうゆったりとしたトレードを好むようになりました、
元々ものすごくせっかちな性格なのでスキャルしかないと思っていましたが・・・人間ってすごいです、慣れてきますね
そのトレード自体(エントリー、イグジット)に根拠を持ち、次に生かせるようにしたいのもありますが、現時点では時間軸が大きい方が勝ちに繋がりやすいかな、と思います


なので、監視時間軸がまた大きくなり4時間足になります
スキャルをやっている頃は5分足でも大きく見えたのに、今では5分、15分が小さく見えます


スキャルからデイへ、デイからスイングになりかけていますが・・・

一時的に見れば、スキャルの方が大きく取れるし、ポジション保有中の急激な動きに合いにくいし、短期的に勝敗が決まるので極めればすごいのだろうと今でも思っていますし
ハマれば一気に勝てる魅力的な考えもまだあります、今は絶対やりませんが

結果が出てきてさらに欲が出てきたらスキャルにもまた挑戦してもいいかなと思ってます


と長くなりましたが、目先はとにかく勝てるようになること、
来週からトレードルールは4時間足のダウで!
負けてもルールは守っていきます、ここは絶対条件です

それではまた来週
2019年、皆様今年もよろしくお願いいたします

さて、今週のトレード結果です


ユーロポンド
1月4日 -80.1pips -8813円


今週は以上です


12月の後半から2018年の12通貨の検証をしようと思ってやっていますが
まだ途中です、これが終わってから今年スタートしようと思っていましたが・・・
早速チャンスきたので早々にエントリーしました

詳細です
19-01-05-01-eurgbp-h1-yjfx-inc.png

4時間足で上昇トレンドに入ったかと思ったが、直近が安値割れしていて
これをしっかりと見ていなかったです

木曜日のNY時間に単純に手法のH1でチャネル抜けからの第3波狙いで入りましたが
金曜日にむなしくに損切になりました

ストップの位置ですが、本来は第1波の起点なのでまだまだ下なのですが
そこまで行くと120pipsになってしまうので日足MA下にしましたが
後々考えると、中途半端だったです

まずはH4で押し安値を割っている段階でスルーすべきです
ストップまで遠ければそこは待つかスルーすべきです



検証ですが、12通貨中の今8通貨終わりました

この土日で残りをやりたいのですが
とてもじゃないけど終わらないです、来週も引き続き頑張ります

今のところ、全通貨にて年間プラスで終わっており
やはり、優位性はあると思っています


ただ、出来上がったチャートを見ているので多少いいように裁量が入っている気がします・・・

全部出たら勝率やリスクリワードを計算して発表します


ということで、来週もチャンスがあれば入っていきます!

PAGETOP