3-4週目の取引結果です

23日 +15.8pips
24日 -67.8pips
25日 -11.2pips
26日 -20.5pips
27日 -13.4pips


計:-97.1pips

回数:98回
勝率:46.9%
平均利益:+5.6pips
平均損失:-6.8pips


どうしたら上手に利益が残せるか?
いかに自分をコントロールできるか?
ゆえにどういう取引が合っているか?

そんなことを意識しながらやってます


やっぱり1月に勝てたことが大きな自信に繋がっています、
あの月は初めて自分のルールをちゃんと続けてできて利益が残せたと思います。

あのやり方が自分に合っているというか多分いまのところ
それでしかやっていけないかもしれないです。

それを続けていって始めて自分のものにできてから視野を広げていけばいいかなと

というわけで、
来週からじっくり取り戻す為にがんばっていきます。


4月は今年2回目の利益を残せるように頑張ります!




スポンサーサイト
3月の3週目、トレード結果です!
1取引でいままでの最大損失を記録しました!


3月16日 -15.3pips
3月17日 -7.0pips
3月18日 -302.6pips
3月19日 -29.3pips
3月20日 -11.8pips

計:-366.0pips

取引数:127回
勝率:42%
平均利益:+5.3pips
平均損失:-8.9pips


とこんな感じです。

まず気になりますよね。
1日で-302.6pips。
考えが甘かったです。



長期的に見てユーロの目線は売りであるが、
今週は日足で陽線をつけてました。

8時間足だったかな、戻り売りのポイントから下落が始まり、
60分足もブレイクする形になっていました。
ここから下落始まるぞ!と考えていました。

ユーロを売って寝ました。

3時のFOMCが気になりましたが、
ぶっちゃけ、

ショートカバーで上昇したとしても朝には戻しているだろう、
逆に下落サイドに転がれば朝、どれだけ取れているんだろう。
そうなると最悪でも±0、最高で200pipsぐらいか?

そんな夢を抱きながら指値、逆指値をいれずに寝ました。


そうですよね。

将来下がる確率が高いものに対して、一時的な買いで損切りされては困る。
そして、どこまで下がるかもわからないものに対して中途半端な利確しても・・・
仮に下落側に走った場合、NY ENDまで反発なく動き、
早朝から反発の動きになるだろうから朝利確すれば下がった分だけ取れる。

結局は目先の利益に欲が行ってしまったんですね。



話しは変わりますが、

FXを始めたすぐ後に震災がありドル円76円まで下落した年です。
このとき、80円も切らないという市場の考えがあったので、
その付近で買っていました、

しかし相場は動きました、下落に

当時日銀の介入もあったのでぶっちゃけ、
これ以上は下がらんでしょ、なんて軽く考えていました。

その頃、独身でわりかし貯金もしていた方なので、
初心者のくせに10万通貨とかでやっていました。
今の100倍の資金ですわ。

それなのに、逆指値を入れていませんでした。
今考えると恐ろしい。
まぁ実際にこの時、一日で13万の損切りを経験しましたが、
精神的にショックが大きかったのを記憶しています。
次の日にはケロッとトレードしていましたけどね!


それからは日を跨ぐトレードは避けていました。
資産を増やす前に、今ある資産を守らなければなりません。

確かにリスクを取っていれば、そのリワードが大きいことも有りますが、
それは自分の目指すものではないです

それなのに、今回利益に期待して逆指値いれることなく
放置した自分が情けないですわ。


その結果が見事-300pipsです。
1000通貨ですので、金額的には全然平気ですが、
100倍でやっていたら・・・と思うといかに危険な行為なのかが分かります。

-3000円で勉強できたと思えば、安いもんです。

ただ、3000円の損失よりも、
なぜか-300pipsの計上のほうがショックですがね。




よく、始めての場所や環境、経験に触れたときに経験者にこう聞きます。

「やってはいけないことは何?」

自分の中でそれだけを頭に抑えて、
ぶっちゃけ、それ以外はやってもいい事なので、
後は誰にも干渉されずに自由に自分で考えて行動をしたいと思っているのです。

ある意味、自分を束縛するルールが嫌いなのです。

組織で動いている以上それは守りますが。
たいていグレーゾーンを走ります・・・



FXでやってはいけないことは何?

資産は自分管理、だれにも干渉されない。
そしてトレードの仕方に対しても全て自分で決めることなので、

ぶっちゃけなんでも有りなんです!
それは大半のFXやっている人に当てはまると思います。

FXって、そのなんでもOKな世界で、

自分だけのルールを作り上げてそれを守りながら改良しながら、
利益をあげていくものだと思います。


まぁ、ルールを決めていても守れないの事もありますが。
勝っているトレーダーでも少なからずあると思います。
そんな感情が一切ないサイコパス人間なんていないと思う。


ルールの中での利益や理想が高いのかもしれない、
現実で追いついていないから感情が崩れて守れないのかもしれないな


ちょっと悩みます~
ルールもそうだし、いまや手法もめちゃくちゃ

他の通貨にも手を出したり
感情でトレードしている


とりあえず纏まりない文章だけど。
精神的なダメージは思ったより無いです!

その損切りの朝、雨降っていたこともあり会社に行くのが苦痛でしたが、
その事を課長に話してたらスッキリしてしまった。

自分の理想を手に入れるまで追いかけます。


おれの夢が叶うのは、
逢えて険しい道を走っているから

成功したらこんな事言ってみたいです。笑


と理想ばっかりイメージしてないで、
少しでも勝てるようになれるように対策案を出さなきゃな。
3月2週目のトレード結果です。

3月9日 +7.4pips
3月10日 -34.7pips
3月11日 +2.0pips
3月12日 +26.2pips
3月13日 +15.8pips

計:16.7pips

取引数:79回
勝率:51%
平均利益:+7.6pips
平均損失:-7.4pips


なんとかプラスで終われました。
ユーロ下落相場なので基本的には売りから入っていましたが、
戻り売りが失敗すると急激に反発する相場が多く難しかったですね。
ただ勢いがあるときはスルスルっと落ちるので、
含み益が伸びて大き目の利確トレードも何回かありました。


前回の記事でスキャルは止めて今まで通りの手法に戻すといいましたが、
火曜日、水曜日は前の癖が出てしまい大きな損に繋がりました。

それ以外の日はちゃんと出来ていたので、
まぁ感覚は戻ってきたかなと、週後半は利益伸ばせてたし。


複数時間軸でのボリンジャーの形と
各時間軸でのサポレジライン、トレンドラインでテクニカル分析

レンジからのブレイクアウト又はトレンドフォローの押し目戻り目

利確ポイントと損切りポイント

トレードだけならこれを意識していればまず大丈夫だろう。
あとは精神的な問題で、ノルマの意識、損失後の感情
この辺をコントロールできれば常勝もそう遠くない!


1週目の損失分はあと残りの3、4週目でなんとかしたいところですが、
ノルマを気にせずに後で結果だけ見るようにしたいところです。
よく言われますが、自分の都合で相場は動きませんからね~


とりあえず、スキャルは前記事通りで、
雑なトレード、上達しない、相場観が付かない、ポジポジ病
こんな理由で禁止します。
コントロールというか、体でそろそろ覚えてほしい、
スキャルを継続して勝てないということを

来週も頑張ります!
3月の1週目の結果です


2日 -38.2pips
3日 -38.9pips
4日 -22.1pips
5日 -78.8pips
6日 -23.9pips

計: -198.9pips


取引数:189回
平均利益: +5.2pips
平均損失: -6.3pips
勝率:46%


前の記事で記した通り、今週はキャンペーンの取引数に達する為、
スキャルでやってみようと言うことですが。

ことごとく損切りでした・・・

でかい損失はなかったのですが、勝率がねぇ・・・
平均利益と損失に1pipsの差があります。
勝率は50%切っていて、189回も取引しているんですもんね。
1回-1pipsを189回と言うことか・・・


さて、スキャル自体ですが、
やはり、1回1回のトレードが雑になるという最大の欠点が。
そして技術そのもの上達する気がしない!

正直、やっているときは結構「上手くトレードできた」思っています。
ドカンな損失もなかったし。

細かい押し目、戻り目を拾って値が伸びたらすぐ利確、伸びなかったら損切り
1pipsの差がありますが、ほぼ利益=損失ですので、
やっぱり入るところが悪い=勝率が悪いんですね・・・


前回の記事でも

一週間で100pipsを狙ってみます。
まぁ無理なんでしょうけど!笑


なんて宣言しちゃっているだけ、
期待もしてなかったし、ショックでもないです。笑

この結果で当然さ!



まぁ反省はこのくらいにしておいて。

今後ですが、キャンペーンの取引数に達したので、
元の手法に戻そうと思います。

今までやってきた事です。


今回のスキャルを通して、前できなかったこと、
「早く利確する」ということを体で覚えた・・・はず

前みたいに利を伸ばしていて、
結果反転して損ということにならなそうです。


今までやっていてダメだったこと。
・利を伸ばし過ぎて結果反転して損

今までやっていて良かったこと。
・理由があってエントリー
・憶測と違ったときの早い損切り処理



今回のスキャルでダメだったこと。
・1回1回のトレードが雑、エントリータイミングが悪い
・はっきり言ってテクニカル分析していない

今回のスキャルで良かったこと。
・利を逃さないように確定できたこと




今まで通りにしっかりテクニカル分析してエントリーする、
そしてスキャルで取得した利確のタイミングを反映する。


この組み合わせでこれからやっていこうと思います。
基本は今までやってきた手法に戻すことなので、
またゆっくりゆったりな待ちトレードになりそうです。

相場によって利益が上下するのはもう仕方ない!


いままでのトレード日記をPDFに落として
仕事の休憩中に見たりして感覚を取り戻します。

とりあえずNY時間からが勝負です!

そうそう、元の手法に戻すということは、
ボラが大きいときは手を出さないようにしないと。

大きい損失や、連続損切りの後暴走してしまうので
それをコントロールしないとな!

ブログ読み返して思い出した、これが一番の課題だった


暴走トレードを無くす、
根拠あるエントリー、
ある程度利が乗ったら確定をする、

終わった後、in-outの考察をして次に生かす!
以上

PAGETOP