皆様お疲れ様です

今週のトレード結果です
えーーーいよいよトレードルームでのチャート分析が始まったわけですが、モニターの角度を変えたい・・・笑
対策します・・・

ここ1年ぐらい、11.6インチのモバイルノート1枚でずっとやってきたので、久しぶりのデスクトップ起動です・・・
んーなぜか、自分のブログが重くて開けない・・・?
ノートpcやスマホからは開けるのですが・・・?


では、今週のトレードの振り返りです

19-11-15-eurusd-m15-tradexfin-limited.png
ユーロドル
まずは月曜日の細かい波を見て火曜日、ショートを入れましたが、もう一つ大きく、引いてみた時に、これは上げシグナルだったわと、すぐに損切をしてドテンで買いを入れました
しかし、そのまま下げてきてしっかりと損切になりました

軸の考え方にあてはまるので、ドテン自体の判断は悪くなかったのですが、これに関して言うともう少し押しから入れたら良かったかなと思います
どちらにしてもこれは負けますが・・・笑
M15だけではなく上位の環境は下げだったのでドテンの買いはもう少し様子見してからの方がよかったかなと思ってます
なので、木曜からの上げは一旦見送りましたが、しっかり上げてますね

-5.2pips、-24.2pips


19-11-15-eurjpy-m15-tradexfin-limited.png

ユーロ円
これも火曜日、こっちはWで買いサイン出ているパターンのやつです。といっても自分の戦法なので意味不明だと思いますが・・・後から見るともう一つ手前からでも入れましたが、見逃したんでしょう・・・
Wでサイン出ていたので、ターゲットも分かりやすく指せました
ピンポイントで利確後、そこを起点にきれいに反転しています

その後、下げは乗れず。というか見送りました、でもきっちりと落ちましたね
波はずっと見てましたがその後の動きでは入れません、金曜日に買いサイン出ましたが
ポンドのポジションを持っていたのでやめときました。きっちり上げましたが・・・笑

ちょっと惜しい感じです・・・

+25.7pips


19-11-15-gbpusd-m15-tradexfin-limited.png

ポンドドル
まず月曜日の買い、これは決まりましたね。
サインが出たので買ってから、ここまではおろらく上げる=もう一つ上の買いサインも出るということから大きく伸びそうだ。ということで2つに分けて利確。一つ目の利確ポイントでも少し反応あったけどすぐにまた上げましたね、そして先のポイントに指して放置して、そのすぐ後にチラッとチャート見たらあれ?ポジションがない!ということで損切なったか~と思いきや、一瞬で上げたんですね。

その後は押し待ちとなるわけですが、これが次の買いサインが出る前に結構深く入ってきたので、これは3波に期待できるともう一つ大きい波を見てました
そして、水曜日、きれいなサインから買い。ただ、ひとつ大きく見ているのでストップまでがいつもより遠い。でもここはかなり自信があったので通常ROTで打ちました
しっかし、ダラダラと上げたり下げたりでなかなか上昇にならず・・・
ポン円の体制が整ってから上げてくるかな・・・なんて思っていましたけど、にしても。遅かった。笑

そのままペナントを形成、自分の軸の考え方だとペナントの形はただの直線的な動き、まぁだからこのペナントの動きはずっと買いサイン中って事です
木曜日にいよいよ上に上げましたが、ポン円が良くない位置にいたので爆上げは来ないか・・・と

なんにしても、ひとつ大きい波で見ていたのでターゲットまで100以上だったので・・・
木曜夜から上げていき、金曜は平行だったので、ポン円が下固めてきたらいよいよくるか?って思っていたけどそれでも焦らす・・・

ということで、ロンドン時間入る頃、いちよここはひとつ小さい波の利確ポイントであるので半分利確しました
その後はNYまでキープ、ストップを切り上げてずっと放置していたら23時あたりから動き出していちよポイントで上げ止まったので利確しました、本当はもう少し上だったけど、ポン円も上げ止まりそうだったしで

+28.7pips(半ROT)、+62.3pips(半ROT)、+25.6pips(半ROT)、+57.3(半ROT)


19-11-15-gbpjpy-m15-tradexfin-limited.png


ポンド円
月曜日、今見るとかなり手前から入れてますね。
なるほど。この波見て入ってそうなるとここまで来るから今度はこっちの買いサインに応用してここで利確ってことか
と見返すと、その時の分析が蘇ってきます、下から買えて、半分直近高値で利確し、もう半分は次のポイントで利確です
ポンドル同様で、半分利確時にもう半分は時間かかりそうだから放置しよ~っと軽い気持ちでいたらすぐ後に指値まであげてびっくりしました

しっかりと上昇がとれたいいトレードだったのに・・・
ポンドル同様でこの強い上昇を1波として、3波に期待しようとずっと買いを狙ってました、ポンドルの方が先にサイン出て買ってましたが、ポン円は中々サインが出ずに。かなりうずうずしてました

仮に3波発生したとすると、多分大きいペナントも抜けることになるので、そーとー伸びる期待ができます
まぁ、そんな期待をもちつつ、見ていて、フラッグをブレイクしたように見えたのでえいやっでエントリーをしてしまいました
ちゃんとブレイクをして乗るならまだしも・・・笑
しかも自分のエントリー手法ではないので、ストップもめちゃくちゃ遠く・・・
さらに買った直後に下げてきまして・・・んで、ここまできたらさいなら~という139.3にストップを置いて放置

まさか、ここまで落ちるイメージが出来なかったです
大きいペナント、割ってはいけないところの下限まで来てしまい、ストップまであと10pipsでした・・・
しかし、ポンドルの状況から割るのは厳しいだろうと。思ってました。あくまでも個人的見解です

そこから足場固めて上げてきたので金曜日は跳ねるか?跳ねなかったらどこで逃げるか?を考えてました
もしかしたら、ドル円も上げそうだし、ポンドルも上げるだろうなので、一気に行くか?なんて思ってましたが
ジリジリ上げていくだけでしたね、んでストップを移動しようと監視してたらきっちりと切りべきところに到達してしまい半分切りました
一度反発したのでもう半分をその下にストップ置いて後は放置。

23時過ぎから上げはじめ、やはりきましたかと。

でも金曜だしペナントは抜けないか?と思い、上限で利確。ジャストないい利確でした
とこれにより、大きい含み損は少しですが利確になりました

+23.1pips(半ROT)、+60.3pips(半ROT)、-54.9pips(半ROT)、+11.2(半ROT)




ということで、今週は月曜日にポンド円、ポンドルの上げにしっかり乗って+2万円スタートと気分良かったのに
週中のポンドの押しがえぐくて途中の含み損が大きく、途中今週マイ転してましたが

最終的には自分のイメージ通りに上げてきてくれてしっかりと利益が残りました


ということで今週は約+210pipsの+27000円。

この3週間。ほとんどこのぐらいのプラスですね・・・
ただ今週はROTが2~4万通貨だったので先週よりは成績が悪いことになります



ということで気になる資金は106,000円までふくれあがりました

16000円から初めて→23000円→50000円→79000円→106000円(週間毎)


約1か月でここまで来ました
海外口座はすごい!ここまできたら今年は税金ぎりぎりまでがんばってみます・・・笑

だいたい25万ぐらい。もしそこまで行ったら出金して国内運用に切り替えます。
スプレッドがね・・・てかそこまで膨れるのか?ちょっと疑問だけど多分このままがんばればいける!!


来週からは監視通貨にドル円とユーロポンドを追加しますが、6通貨大変なら4通貨に戻します
目的は、例えばポン円ロング打つ時にドル円も見るみたいな。証拠集めとしてというか通貨の強弱情報として分析をしたいだけです


とにかく、一番は自分の軸を大事に真面目にサインに従ってひろっていきます
余計な資金計算やあといくらで資金いくらとかそういうのはダメです、それと今週の反省点。あまり大きい波でエントリーしないことも・・・


勝率やリスクリワードを気にしすぎるのもよくない気がしますが
いちよ計算するとここまでトレード数37回 勝率77%のR1です
まだ回数がすくないか?でも検証から見てもだいたいそのぐらいに落ち着きそうです

余計なトレードもありますし、判断ミスもあってこの成績ですから、もっと慣れや細かい検証によって、上手くなればやはり80%越え、Rももう少し追求していきたいです


軸検証は現在300箇所、これからもっと細かいところまで見て回数も重ねつつ自分なりに勉強していきます


今、すごくメンタル的にいい感じです、チャート分析も楽しいし、検証も楽しい
ひとつを理解するとそこから応用できる。だから一つを徹底的に検証、学べってことなんですね・・・


後からじわじわとこれがこうだからこの理論もこうなるのか!と繋がっていく感じがあります・・・
まだまだ全然理解できてないこともたくさんあるし、実際のトレードは全然まだまだへたっぴですけどね。

もっとお金が欲しいというより、もっと上手くなりたい!単純にそういう気持ちです


本当に自分次第・・・がんばります
スポンサーサイト



皆さまお疲れ様です。週末は新居の片づけで忙しくなるので金曜のこの時間にUPです。
今週のトレード結果です


まずはチャートから・・・ラインは消してます
19-11-08-eurusd-m15-tradexfin-limited.png

まずはユーロドルからです
先週ショートを持ち越しし、H1レベルの下落がくるだろうと読んでいました、ユーロドル、ストップギリギリでしたが、月曜から下げ始めしっかりと指値に刺さりました、その後の下げはぼーぜんと見てました・・・あーここまで下げるか。と
木曜もショート狙ってましたが、戻りが浅く、タイミングが早すぎで乗れず・・・
H4のライン抜けたので金曜日、最後の下げを狙ってショート、んでチャネルでひっかかったので利確

+22.6、+16


19-11-08-eurjpy-m15-tradexfin-limited.png

次にユーロ円
これはきれいに決まりましたね、最初のショート。結構自信ありました、ユーロドルもチャンスに見えましたし、でも入りやすかったユーロ円を選択、利確分割。これも下値きれいに取れました
その戻りから再度ショート、これもすぐに下げ始め、さらに下を攻めてくるだろう。斜めH&Sのネックを割れるだろう・・・でキープしてましたが、結局建値まで戻ってきてしまいました、ただここは追撃してもいいところと軸トレードの値幅達成からのショート追撃。
ちょっと跳ねてうろつきましたが、ストップには刺さらずにそのまま下落。そして安値更新と一発目の目途で最初のショート利確、追撃分はさらにその下までキープして利確しましたが、その後も伸びてますね。まぁいいでしょう、急騰はもちろん入れず、その後は形的に見送りだなと今週は終わりました

+22.3(半ROT)、+40.3(半ROT)、+25.1、+42.7


19-11-08-gbpusd-m15-tradexfin-limited.png

次、ポンドドルです
どうですか・・・これはいかんせん下手ですね・・・
最初の買いはずっと狙っていたロングです、エントリーも少し遅れたのですが、ちょうど下げ始めているところが利確ポイントでしたが、ここで転換すればもっと大きく狙えると上までホールドしようと指値はその上でした。
エントリーが悪かったので建値ストップで放置するもチャネルで抑えられて下げてきました
指標きっかけでさらに落下したところを拾ったのですが、これは軸トレードから外れたやり方です
その後も下から拾う作業でポンドルはその木曜日だけのトレードで今週は終わりです

±0、+11.7、-10.4、+11.4

現在ポンドは難しい局面にいて、上下振られる可能性が高く、上位の環境でこういうところはやはり避けるべきですね
それと軸トレードを無視した入り方、狙いは今は封印します!せっかくいい研究結果が出ているのでそれを信じるのみ!


19-11-08-gbpjpy-m15-tradexfin-limited.png

最後にポンド円です
ポンド円は火曜にサイン出たのでショートしましたが、不発でした・・・
波の見方が良くなかったかな、その後は下げたのですが、一回切られたのでもっと根拠が欲しく・・・上位の形がね・・・
入れませんでした、その後、1日かけて100pips下げ、急反発をしてまた指標で下げ・・・このポイントでサイン来たのでトレードしましたが、これも1分の波に乗ったトレードでした。
なので利益も小さく、の割には忙しく・・・笑、やはりM15レベルの波を狙うべきだと実感しました

ということで、-3.2、-22.4、-20.5、+12.4・・・
最初のショート時、MT4で指値を入れようとしたら誤って決済してしまい・・・その-3.2です




・・・ということで今週の結果は+148pips、+28500円ぐらいでした!

だいたい2~3万通貨でのトレードです


ポンドに振り回されてますので先週の方が良かったですね・・・
それと同時にROT。3万通貨の時の負荷が・・・と気になってましたが

おそらく。そうではなく、1分足でトレードしたからだと思われます・・・

そこが今週の大きい反省点です、
軸トレードをやっていく、またその考え方を軸に展開していく事
M15クラス以上の波を狙う事。負けてもだーだー言わない

これだけ守れば来週もいけるかな・・・と思ってます


てなわけで、16000円からスタートして→23000円→50000円→79000円
と週間ごとに増えております


どこまでいくか分かりませんが、増えてきたら出金を考えてます
そしてまた国内に戻してやります


理由はスプレッドですね。
ポンド円は4pips、ユーロドルでも2pips
国内でやっていれば、この25回のトレードで50pips以上は多く取れている事になります
今はハイレバ以外にメリットを感じてないのである程度資金が増えたら国内運用に戻したいです

ん~増えるかどうか、分かりませんが!!!!!!


ということでもう少し自信が欲しい状況ですが。
しっかり分析すれば、8割以上の勝率をキープできそうです

ここまでの結果、トレード数26回、勝率80%、リスクリワード1:1


今週は負けが多かったですが、それでもトータルは80%キープ。
上に掲げた守るべきことを意識して頑張ります、このペースだと月間10万も見えてきた!
ROTの問題もあるけど、来週は3万~4万通貨かな・・・


なんかFX歴9年の、自分のアノマリーで11月はプラスになったり、いい成績やいい結果が残ったり、方向性が見えたりとなにかと縁のある月ですのでちょっと期待しております


そんな事より、検証と共に自分の軸トレードを信じてやっていきます!

お疲れ様です、この3連休で引っ越しを完了させようとまだ片付けを頑張ってます!笑
ほとんど一人で運んでいるので結構大変・・・笑

ということで、まだトレードルームでチャートすら見れてませんが今週のトレード結果です

多分、みなさん気になっているのは、海外口座。先週の資金23000円の行方ですよね・・・


まず、チャートから貼っていきます、ラインは全部消してエントリーと決済だけ表示します

19-11-02-eurusd-m15-tradexfin-limited.png

ユーロドルです、月曜日にタイミング取れてロング、なかなかいいタイミングとれたのだけども、、再度押してきた
損切は安値下なのでギリギリ刺さらずに浮上、正直安値付近。ここは反発の自信あったので多分上がるなと・・・リミットはもっと上だったけど第一ポイントで反応あったので利確しました、結局大きく再度押してから最終リミットまで到達しています
そして、金曜日にショート入れてそのまま就寝、週持ち越しとなってます
ユーロドルは4時間レベルでこれから上3波にも見えますが、値幅は達成していてるので高値圏=これからwトップを作ってさげるのかなと大きな目線ではそうみていて、1時間でショートサイン出ているので今はショート持ってます
リミットは控えめですが、とりあえず1時間レベルの波で落ちると見ていますが、どうでしょうか・・・

+20pipsちょいと含み損-5pipsぐらい


19-11-02-eurjpy-m15-tradexfin-limited.png

次、ユーロ円ですこちらも月曜日にタイミング取れてロング開始、リミットは浅めにしていたけどその日のうちに利確
その後、木曜の下げは読めてなく入れなかったのと、金曜の上げも狙っていたけどタイミングが少し遅れたのと波の形を見てやめといた

+20pipsだけ

19-11-02-gbpusd-m15-tradexfin-limited.png

次、ポンドドル、直近では日足での買いで急騰して止まり、先週は4時間レベルでh&Sに見えるので下げていくかと思ったけど半値で戻っており今週スタート、まぁM15でサインでたのでロングしたけど、波のサイズが合ってなかったなぁ・・・損切されました
その後、上の値幅は達成していない理由から、下から再度買われると思っていたのでチャネル上からバチンとロング
本当はw確認から入るべきか・・・、まぁ多分上がると分かっていたのでいっか
それで第一リミットで半分利確。もう半分は次のリミットに少し届かずに、押し安値下に移動したストップに夜中に刺さってました
残念、ピッタリと刈られてからまた上げてリミット達成していましたが仕方ないです
そして木曜日、上の値幅達成したので一度下げていくだろうと、チャネルでの反応を確認してからショートした、20pips利益がのったらへんで自信なかったので建値ストップにして放置したけどすぐに建値に戻りました。これは検証から得た軸となるマイルールの逆説的な考え方のトレードです、失敗しましたが、ハマれば大きく取れるところでもあるので次の検証テーマとして考えてます

-20pips、+50pips(半ROT)、+30pips(半ROT)、±0


19-11-02-gbpjpy-m15-tradexfin-limited.png

最後のポンド円。ポン円も日足の急騰一服から、次の動きがどっちか気になる段階なので現状は迷った動きです
フラッグ抜け確定から一旦上目線とみて今週はとりあえずロングかな思っていました
でも難しかったですね、全然抜けないしすぐ戻るし・・・
1回目のロングは1時間で買いサインがずっと出ていた状態での短期での押し目買いです
なので軸となるトレードをベースとして短期で応用した感じです、一度ストップ付近まで下げましたが再度上げたけど、これまた時間のかかること・・・全然抜けないので半分高値で利確して、もう一本は指値に指してましたが、指値まであとちょっとだしこれも時間かかったし、ほぼポイントまで来ているからいっかと利確しました。
その後、指値まで上げてから急落しているのでまぁ読みはほぼほぼ合っていました。
そして金曜日、その押しからサイン出て乗っかり、これもまた短期的に大きく上げたので一度手前ポイントで半分利確して様子見していたけど、これも時間かかったし、上下ひどいので1本目の利確と同じ理由でもう半分も利確しました

+35、+40、+25、+25pips(全部半ROT)


ということで、今週はかなり勝てました。
これ以外にも初めてのゴールドに1分足で軸トレードを挑戦して10pipsぐらい。ちょっとだけ取りました


今週のROTはだいたい2~3万通貨です・・・

ということで気になる収支は・・・


27000円ちょっとの利益でした



今週23000円→50000円まで増えました!!!


一週間で倍になりました。


リスク取りすぎ~とか思ったりもしましたが、資金が少ないからこそできると思っていてこれ10倍資金だとここまで張れませんよね・・・今後は順調に増えていったとしても、すこしずつ資金に対してROT比率は減っていくと思います。今は2万通貨がちょうどよく、6万いったら3万通貨にあげようかなと調整しながらやっていきます、10万で5万通貨・・・20pipsで1万円増減・・・まぁそのぐらいでも高勝率ならどんどん増えていきますよね

とりあえず、検証から得た軸の考え方、というか手法というか・・・かなり高い確率でそうなるし、自信があるのでこの軸を軸にいろいろ広げていけそうです、まだまだ検証三昧です!


上位でサイン出ている間に短期で別のタイミングの取り方でトレードするとか・・・とにかくやっと一個自信持てる軸がやっと、本当にやっとできたのでここからいろいろと広げられそうです


これ(軸の考え方)を大事にします
そして極めます


今週も軸の検証は一日10か所やって今180か所です

ただ、直近では課題がひとつあって、斜めラインの角度が難しいです・・・


というのも・・・

ぶっちゃけ、てきとーに斜めライン引いても結構サポレジ効くんですよね・・・
長期で引いたラインを短期で応用すると角度は浅くなるけど浅い方が結構効いたり・・・

そしてテキトーラインも同じくらい効く。チャネルの角度とはいったい・・・なんだろう・・・?


もっと言うと、てきとーに相場の波形を書いて、そこに平行チャネルを引くと・・・・・かなり効く・・・これの意味がわからん

そしてそれは角度を変えても効いている・・・


この理屈が理解できないので、斜めラインの考え方というか、捉え方?といいますか。に迷ってます
なので今週も水平ラインで利確してます

現状水平ラインの方はほぼほぼ効く位置に引けているし自信もあるので優先順位は高いですが、相場は斜めに動くので絶対チャネルの方が有利なポジションを取れます

有利っていうのはストップも浅くなるし、リミットも遠く設定できるという意味です

エントリーやリミットに応用できると高勝率維持したままリスクリワードがとんでもなく高くなる気がする・・・



そして今考えながら書いていてふと思った。
maの数字がなんでもいいというのと同じ原理?だとするとラインの角度はそこまで重要じゃない・・・?とか?!

・・・か!!

もしかして。そういうこと?
となると、斜めラインの大事なのは相場の進む角度というよりは、ラインが今サポなのかレジなのか?って事・・・?

でもそれだとピンポイントに入れないし出れないよね・・・


もっと、斜めラインの検証します
まぁ水平ラインだけでも十分勝てそうですが・・・そりゃ含み損や損切は少ないほうがいいに決まってる



さて、来週この50000円の資金はどうなるでしょうか・・・?
ROTがROTなので、仮に連敗したらかなり資金削られるので、減っていたら笑ってやってくださいね~笑

当の本人は、まだ半信半疑だけど、来週も順調に増えていくと信じてます

ふぅ久しぶりに記事書いたけど、時間結構かかるな・・・
それではまた来週~がんばりましょう!
今週のトレード結果です

ふと思った、もうトレード毎に記事にしているので週間ごとに締める必要もなくなりました
トレード数も少ないので週間で区切るのもどうかな?と

今週もしっかりとマイルールだけでトレードできました、順調です
絶対やりきりますので


100回トレードは現在は7回決済完了で

損切が3回
高安までが3回
1波分取れたのが1回


1トレードの損切は-2%なので高安までだと収益は+1%+α、1波分とれると1+2%で計3%

したがって、現状は
損切3回×-2%、高安3回×+1%、1波分1回×+3%で計±0%になります。笑

高安の場合、1%+αなので、このα分が今の残った利益って感じです


そして、今現在、3ポジをもっていますが、全部含み損中です・・・
狙いは悪くないのですが・・・なんとなく。全部ストップに行く気がします笑

まぁ、結果がでるまではまだ分かりませんが
それにまだ10/100回程度なのでまだまだこれからですね!


目的は続ける事ですので、収益がどうこうというよりは継続させることに集中です


ということで、来週も淡々と習慣化されたことをやっていきます
今月プラスが多分無理で連続月間プラスがストップしてしまいますが、それよりブレない力と実績が欲しいです

がんばっていきます
今週のトレード結果です

GBP/USD -50.1
USD/JPY 80
GBP/USD -40
GBP/USD -40
USD/CHF 60
AUD/JPY 50

最後のドルスイスとオージー円は半分だけ利確されてもう半分は現状含み益で放置中です、来週に持ち越しですね
決済されたらまた都度記事にします

計:+59.9pips、+221円


今週は微益でした、最近の相場は難しい気が・・・
100回トレードの2週目ですが、いまのところ順調にできています
これ以外のトレードもなく、ここまでの結果としても勝っているし


やはりスイングぐらいゆったりだと、目的の安定感があっていいです
これで勝てたらいいなぁーって感じです

ということで今回はしっかりとまずは100回同じように続けて
その時に利益が残っているか?そしてその経験からどのくらいスキルが上がっているか?楽しみです

多分、やり切れたら満足した結果が得られると信じています


今週の大きな動きとしては2回目のポンドドル、ブレイクパターンをもうやらないことに決めました

通常はおおきい押しを狙って3波を狙っていきますが

1波の押しが浅いケースがあります

この浅い38.2~50%以下の戻しで再ブレイクしたら、ブレイクから乗って1波分取り切る
ストップは押安/戻り高値、2波が深い押しではない時このエントリーパターンを用意していました

今回ポンドルで乗ってみて、実際、ブレイクで乗るということは=H1確定足まで待たないと入れないのと
分割決済もできないので1波分値幅が出ないと結果的に損切になる事
リスクリワードも1:1ちょいです

一貫性を持たせたいのもあって、まずは深い押しパターンだけを狙っていくことにしました


ちなみに38.2以下の戻しは波としてカウントしないようにしてます
時間軸と値幅のバランスなので波引きは感覚的要素が大きく一概に言えませんが・・・


ダウは何回も言っているのでもう書き出すまでもないのですが、エリオットについての自分の軸もあるのでちょっと箇条書きでアウトプット


・そもそもエリオットで波をカウントしていくと、相場はフラクタル構造になって動いていることが見えてくる

・上位の波の推進波の中は5波構成(1→2→3→4→5)、調整波の中は3波構成(a→b→c)になっている
ただし調整波と言えども5波構成の時もある、波引きの参考程度にしています

・1波はc波起点を越えてから確定、反対にa波だと5波起点を割ってから確定(ダウ理論での押し安値/戻り高値)
これはマイルールです。もちろん越えない時もあります。
仮に越えた場合に一つ上の波が反転したと確定して次の波動を狙っていこうという、いまの自分の中では一番大事な分析の軸になります(エリオットというより、ダウ理論とエリオットとフラクタルの複合です)

・2波は1波の起点を越えない
これは絶対条件です、したがってストップは1波の起点に置くのがエリオットの理論上は一番適切です
ちなみに1波がトレンドを作っている場合はその目線崩壊にストップです

・c波の場合、a波を越えてこないケースもある→5波は3波を超えない時がある(フェイラー)
これは第1回のオージー円のパターンが早速該当しました、次の推進波が強いとc波が伸びないパターンです
また、狙っている3波のカウントが間違ってて実際5波だった場合でも、直近高安で半分利確、もう半分は1波分で利食いするルールにすることによって回避というか利益確定を優先させています

・1波がはっきりとトレンドを作っていて、2波の戻しが深い時は3波は大きく伸びやすい
これは今まで見ていて感覚的にそんなパターンが多い気がする

ここまでが大事ですかね。あとは参考程度です

・38.2%以下の戻しは波としてカウントしない
波引きに迷った時に参考にフィボをひきます

・3波が一番小さくなることはない
3波は狙う波なので後から分かる事です、次の波が始まった時に意識します

・3波、5波はエクステンションしやすい
カウントに迷った時に1波ではなく、3波か5波がエクステンションしているとしてカウントしています

・4波は1波頂点にタッチしない
→カウントしていくと度々4波は1波に食い込んできます・・・そしてエリオットさんはそれだとカウントが違うとの事ですが、これを忠実に守るとカウントできないのでスルーしています

・2波と4波はオルタネーションになっていて、値幅が一致しやすい
これを意識してカウントしていくと、5波の開始が見えてきますが、今は3波しか狙わないので次の波動を見る時やH4の調整波を狙うときに意識するぐらいです


・・・もうないか?



自分でもびっくり、書き出したのは始めてなんですが。意外とスラスラとでてきた。
てか、割とこれはいい情報かもしれない。笑

四六時中、FXの事考えているのがバレバレだ・・・

エリオットに関して勉強していくと、壁がいくつかあります
1つは調整波のパターンがものすごくいっぱいあって5-3-5-3-5とか3-3-3-3-3とか・・・
んなもん。リアルで相場見ててパターン認識なんてできるか!と思った

その2、実際にカウントしていくと、どうしても引きにくい、引けない局面が多々出てきます。その迷った時にあ”--引けるか!ってたびたびなる

エリオットってそもそも後付けだし、リアルでは予測でしかない、ので使えないと投げ出しくなることが多々ありましたが、継続して波引きをしていくと、見えてくるものは色々とありました。


今の根本的な相場を見る軸というか理論はN波動も絡んでいるんですが。これとエリオットは相性がよく、フィボでも計りやすいので、3波を狙うにはエリオットで波をカウントし、それをフラクタル分析して精度を上げていくのがテクニカルの目的かなと思っています

それでどこまで勝率が伸びるか分かりませんが
どちらにしても、目的はブレない事、安定感、そのためには自分の軸、根拠が必要です


今、ドル円が買いなのか?売りなのか?本当にそれはどっちでもいいんでしょうね
その人それぞれの分析の仕方ややり方で、絶対のない相場を、常に一貫した見方で見た結果、出口がしっかり決まっていてそれが継続してできるなら

買いでも売りでもどっちも正解なんでしょうね。だからレートは動く。

PAGETOP