12日、ユーロドルのショートです
19-09-12-02-eurusd-m15-yjfx-inc.png

ユーロドル、前回H1押し安値までの40pipsをとってそのまま週足サポまで落下
ここまでの落下はなんとなくイメージできていましたが、この週足サポから急上昇・・・

ずーーと見てました、戻り目から売ろうかと考えていましたが
短期で反転しないままずっと伸びていったのでスルーです


そして、そのまま高値更新。
その戻しが強かったので、期待はしてないですが再度売ってみました

しかし、そのまま上げていき損切へ、-29.8pips


トレードできる根拠を環境認識はチャネル+水平ラインに絞っているのですが
ここから注意して監視して、短期反転してから入るルールにしていますが
特にM5ぐらいの短期だと、押し安値割ったというより、しっかりMAがついてくる形も結構大事ですね

今後のルールにそれを加えます

環境認識はチャネル+水平ライン、条件きたら短期で監視
トレンド転換+MAでも反転確認、そこから入っていきます


ここまで4回で2勝2敗で+43.3pips
今回こそは言い訳せずに辛抱して続けていきます
スポンサーサイト



9月12日のユーロドルのショートです
19-09-12-eurusd-m15-yjfx-inc.png

昨日の下確定から、今日はずっと戻り売りを狙ってましたが
思っていた戻しがなかったので、なかなか入れませんでした

15時過ぎだったか、ロクに戻さずにやれやれ下げてきてM5で押し安値割れ、
いつもならここで飛びつくと思うんだけど、H4ネックまでの戻りがしっかり入っていないのとネックライン以外の根拠がないので見送り。その後、案の定、上試ししたので、ナイス見送りと思っていた

H4ネック達成、H1チャネルの戻り高値達成、H4ネック再度割れ、M5でのダウトレンド転換&トレンドライン割れでエントリー
その後、指標を確認していなかった・・・上げて切られました、-16.9pips。1.9pipsの滑りです

損切のお知らせ来てて、お、マジかとチャート見たら上げており。
日足レジ、H4チャネル、H1チャネル全部ブレイクして急速に戻してきているので、やはりな・・・と。
これはチャンスなので戻り高値ストップ入れて再度ショートし、今日安値割った時点で建値に変更してたら、
当初の目標の押し安値まであっという間に利確されました、+40pips
もう少し早くチャートチェックできたらもっと上で入っていたと思う・・・笑

15時の下げもダマシ・・・でこの下げも一旦上げるという。ダマシダマシですね
9月11日、ユーロドルのショートです

19-09-11-eurusd-m5-yjfx-inc.png

+50pips
狙っていた下落がしっかりと取れました

週足、日足、H4下降トレンド中。だけど週足サポからの強い買い上げに注意しながら
H1高値切り下げライン(エントリー時)からトレンドラインになるだろうのチャネル上限から
H1の戻り高値+H1チャネル下限までを狙ったショートです

この2個前のユーロドル損切時、次また潜り込んだら戻しから入ると言ってましたが
環境認識の結果、すでに下に優位性があると判断し上から売りました

でも、正直上に跳ねていた可能性もありますので
リスクをある程度承知でトレードしました
結果的に上手く取れて、いい形を作ってきましたので
次もまだまだ狙えるところが見えてきましたね。


MA3本とチャネルを追加して
監視は週足とH4を追加して、M5でのトリガーにしてみましたが
見ている方はこいつ一気にチャートがごちゃごちゃしたな思うかもしれませんが
全部意味があって見ているつもりです

結局、ラインだって、いままで単純化を意識していたので1本だけ引く!にこだわってましたが
結局チャート見ていて引いてないけど意識しているからもうそういうこだわりは無くして素直に引きます!笑

チャネルも同様

ただMAはまずは練習程度に見る感じで表示してます・・・
MAやべぇ〜から

ダウ理論+MAの検証を進めたのですが

・・・ダウ理論のみでの手法と成績がさほど変わらない結果に収束されてきました




また君ですか・・・勝率50%のR=1.5くん・・・って感じです


これでも十分勝てるので、結果が全然でていない自分としては
これをだまって運用せぃとそういう気もしますが・・・

それは置いておいて



ダウ理論で思いついた数々の手法の検証結果。

H4単体足のトレンド発生から崩れまでキープし続ける
M15単体足のトレンド転換だけトレードする
D1とH1の目線一致時から乗ってH1の崩れまでキープする
D1とH1で環境認識してM15で乗る
D1とH1とM15で目線一致からのってM15崩れまでキープする

・・・まだまだいっぱいあります


少ないのは50回ぐらいのデータですが
だいたい100~400回ぐらいの検証データを積んでおります


はい、ここでひとつわかった事


相場をフラクタルでみようが単体足でみようが、通貨、期間変えようが
全部さほど成績は変わらない


だいたい勝率は悪くて40~良くても60
リスクリワードは悪くて1:1~良くても1:2

はい、ほとんどこの辺に収束されてきます


そして、期間によってはもちろんトータルで負けている期間もある



なんでしょうか。本当に勝つか負けるか紙一重な気がする


これが答えなのかもしれないし、でも勝率とRが異常な人もいるのはなぜだろうか?


んで、話変わってMAだと視覚的に見やすいのでフラクタル検証中にふと気づいた。
環境認識からエントリーまで全部一貫した見方やルールがいけないのかなと

その根拠は、D1の向きが理論上、上なら上方向にポジションが優位性があるけれども
流れは短期的に下向いていたら、そこはどーなの?って話


いままでもそう思っていたが、ルールだから。と外れたことはせずに検証してましたが
現実問題、日足と反対方向でもいくらでも取れるところはあります


今回の+MAで負けているポイントを見ると、日足の流れが押し戻しの局面で結構やられています
本来はそのD1の押し戻しをH1で拾うイメージなんですが
ストップが浅いのが悪いのか、上手く拾えてない感じです

日足で明確にトレンドが出ている尚且つ、向きも一致
ここに絞るともっと使えるものに昇華する気がします

しかし、その判断って理論では説明つかない、結局は裁量要素が大きくなってきます



ここの考え方が問題なのかなと思ってきました

ダウ理論さんは悪くなく、たぶん自分の使い方が悪いのかな
・・・波の見方一つでも裁量だし


そもそも理論や分析をどうやって使うのかと考えていくと

ダウ理論はトレンド継続、転換、トレンドレスの判断に使う
MAはトレンドの強さ、勢い、自体がサポレジとして、トリガーとして使える
水平ラインも一旦の目途としての価格、チャネルも同じでそれが斜めになっただけ



シンプル=分析する材料をそぎ落として単純化するのではなく

あくまでもその理論や分析方法をシンプルに使えよ

とこういうことかもしれません


でも一貫した見方で経験を重ねて磨け、一つの事を掘り下げろとも巷ではよく言われています
混乱しますよね。




今回。なにが言いたいのかというと

環境認識の精度が大きく差をつける要因ではないか?ということです



環境認識に使うルールと手法としてのルール
分けてみようと思います


かたまったので今月はそのやり方で実弾運用をしていきます


検証はmaの長期、中期、短期の流れ方や乖離、ローソク足の位置関係など
運用をリアルにした場合どうなる?検証から

そもそも。これはどういう見方?捉えかた?をもっと理解するように自分に落し込むという方向に変えていきます
水平ラインやチャネルも同じように検証していきたい


ひとつひとつが武器になって、それを複合的にみて尚且つフラクタルで見て絞り込んでからやっとのトレード。
入ってしまえば勝つか負けるか相場次第。でも対策はとれる、経験になる、次に生かす
それをあきらめずに繰り返して養っていく、いまはそれが正解への道と仮定してがんばります


MA検証でいろいろ気づけてよかったです
9月9日、ユーロドル、ショートです

19-09-09-ST-eurusd-m15-yjfx-inc.png

早速MA+ダウでの運用開始です

H1の押し安値割れが微妙でしたが、これは落ちるだろうで取ったけどそのままストップへ
-40pipsでした

再度下げてきてH1押安割れしたら、M15でタイミング取って再度入りたいです
いきなりですが、いままでMAをバカしていました・・・

この運用を始めてからふといきなりMAってどうなんだろう?と急に気になってしまい
次はMAの検証をやります!なんて言っていたと思いますが


・・・・・MAってすげーな!!!


MA1本で、相場環境も見えるし、方向も分かるし、エントリーもできるし
角度と方向、ローソク足との位置関係・・・

ざっくりとフラクタルで検証してみましたが、
得意のダウ理論と組み合わせてみると・・・・・・・これは。。。すごい!


まだ回数が少ないのでわかりませんが
すごく、イイ感じ。
いままでのいろんなダウ理論の手法を作ってきたけどそのどれよりも成績がいいです


いまのところ。です


50%だとしても400回の検証したいところですので
引き続きやっていきますが

実弾での運用をこっち(MA+ダウ)にシフトしていきたいです!


最近のダウ理論のフラクタル検証が回数を重ねていくと成績がやや低下気味で
ほんと勝つか負けるか紙一重的な数字になってきてます

そして、ダウ理論一本という事にこだわり過ぎていたかもしれません
根本的にダウ理論分析をやめるの勿体ないけど分析方法を追加する方向ならいいでしょ!

ということで、MAに期待です

MAを検証しなかったら、一生この良さに気づかなかったかもしれません


ずっと検証を続けていますが
遠回りでもやった分だけいずれ力になる気がします

9月から実弾での運用ですが、-30pipsぐらいですが、ROTが違うので金額的にはちょいプラスでした
来週もMA取り入れて運用しつつ、検証で数字でるか引き続きやっていきます!

ちょっと、気持ち的にも上向きになってきました
9月5日、ユーロ円のショートです

19-09-05-eurjpy-m15-yjfx-inc.png

こちらも同日ユーロドルと同じです
日足は下降トレンド中の戻し中で、H1は押し安値割れ確認・・・うん、割れてないね
正確に言うと、この時のM15は割れていた+ユーロドルでもチャンスに見えた
H1で戻り高値付近まで上げている
これらからH1下降トレンド前の上昇目線崩れで入ってもいいと判断したわけですが

残念ながらそのままストップへ逆行、-25.1pips

ふと。急に思ったんですが、MAを一本入れてみようかな・・・
今の検証が終わったら今度はMAの検証をしてみます

いままでダウ理論だけで色々手法作って検証してきたけど、
だいたいR=1~2で勝率40~60ぐらいなので。
それ以上を求めるなら別の視点を持った方がいいのかもしれないと考えています

PAGETOP